わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

大澤真幸「〈世界史〉の哲学」 近代篇18 最初の小説

「群像」2018年5月号掲載。 文字通り、小説の起源について。読み進めるうちに、小説という文学形式がヴェーバーの『プロテスタンティズムと資本主義の精神』と関わりがある、というよりも、ピューリタンの信仰のかたちと近いということに、そして資本主義の…

鼻炎とベラスケス

六時二十分起床。初夏の朝日。軽い鼻炎。コジコジのカゴを分解掃除する。 午後は妻と高幡不動へお参り。だが立川でモノレールに乗り換えるあたりから鼻炎が悪化。お護摩の後は最高潮となり、常に鼻をかむ状況に。高幡不動へは4月に行くことにしているのだが…

歩いて、走る

六時十五分起床。軽く鼻炎。朝から鼻をかみつづける。しばらくすると自然に収まった。 初夏のすがすがしい朝日。まだ四月かと思うと違和感があるが、四捨五入すればゴールデンウィークと思えば納得できる。午前中はリビングの窓で朝日を浴びるのが日課になっ…

今日の事件簿

予習事件 めざしがうまい事件 提灯なのか行灯なのか事件 結局5,000円事件 ナッツとドライフルーツを混ぜる事件 曼荼羅目次事件 日向夏はグレープフルーツのように事件 グリップがゴムくさい事件 ▼かつてのブームの時に買ったボディブレード、いまだに使いつ…

くまのものを観る

五時四十五分起床。晴れ。早くも初夏を思わせる朝。気温は徐々に上がっていった。外に出ると新緑がまぶしい。ほのかにジャスミンの花が香る。 仕事は谷間になってしまっているので、雑務などを淡々と。 午後は思い切って外出。東京ステーションギャラリーで…

夕暮れの新緑

五時四十五分起床。やや肌寒い朝。 仕事。ほぼ手離れした進行中案件の微調整的な対応を随時こなしつつ、自社サイトのリニューアルを進めている。 夕方、軽く散歩。原っぱ広場の八重桜はかなり散りはじめていた。メタセコイアの新緑が、夕方でも不思議なほど…

ウダウダ/多め多め

五時十五分、尿意で目覚めてしまった。その後は布団のなかでウダウダと。五時四十五分起床。 曇天。朝の風がいくぶん冷たい。Tシャツ一枚では思わず身を縮めてしまう。 仕事。臨機応変に対応しつつ、空いた時間で自社サイトの作成と整理。レスポンシブに対応…

岡本学「俺の部屋からは野球場が見える」

「群像」2018年4月号掲載。タラタラと読んでいる。 主人公の元に届いた一冊のノートから、主人公は草野球に関する些細なレポートを送りつづけていた友人が亡くなったことを知る。主人公は出張に絡めて彼の住んでいた街へ足を運んでみるが…。 一方的に届きつ…

リスナーだった

五時四十五分起床。昨夜は23時前に寝てしまった。ランニングの疲れが微かに残るが、たっぷり寝たので爽やかな目覚め。こんなに寝たのは風邪をひいた時以来か。だが冷静に計算してみると、8時間も寝ていない。 仕事。比較的落ち着いているので、マイペースで…

花々の横を

五時、雨音で目覚める。マンションの裏手に流れる河岸をコンクリートで固められた川の水面を打つ雨音は反響の効果があるのか、深夜は妙に響くことがある。二十数年住みつづけているが、慣れない、というよりも、音に反応する本能が消えることはない。 六時起…

時間もったいない症候群

六時二十分起床。休日は逆に慌ただしくなる。あれこれしなければ、と気持ちが焦っているだけの話で、実はそうでもないのだが。一度落ち着いて深呼吸すれば状況はわかる。時間もったいない症候群だな。 朝のうちは晴れ間が差していたが、少しずつ雲が厚みと色…

静かな一日

六時起床。眠い。 ほぼ終日、書斎にこもって仕事。夕方、軽く散歩。体調はいつもどおりで外の様子はほとんど出ていないからよくわからず、妻以外とは電話で仕事の話をしたのと、宅配便のお兄さんから荷物を受け取った時のやり取り、聖書に関する小冊子を渡し…

岡本学「俺の部屋からは野球場が見える」

「群像」2018年4月号掲載。「私」の元に、旧友の小笠原から突然手紙が届く。「私」とともに暮らしていた女性は不治の病に冒され日に日に弱っていく。一方、小笠原からの手紙には近況は書かれておらず、部屋から見える古びた野球場の様子ばかりが淡々と綴られ…

甘いものばかりをガツガツと

五時四十五分起床。アレルギーが収まりつつある。 午前中は仕事。突風の音が壁越しに伝わる。 午後は有楽町の国際フォーラムへ。宣伝会議のイベント「AdverTimes Day 2018」へ。講演を二本ほど聴く。行きの電車が突風で遅れてしまい、一本目は立ち見になって…

ヨダレくさくはなかった

五時二十分、葵に手をかまれて目を覚ます。だがそばに葵はいない。夢の中でかまれたか。痛みが尾を引く感覚が指先に残っている。匂いを嗅いでみたが、ヨダレくさくはなかった。 仕事。某案件のコピー。 午後は図書館やら書店やら。探している本がなかなか見…

今日の事件簿

引き籠もって黙々と仕事事件 尾藤イサオって子どもの頃は曲芸師だったのか事件 ドライヤーが危ない事件(異臭と異音と) 大慌てで美容室におすすめのドライヤー買いに行った事件 ▼凝視、からの〜 ▼ダッシュ!

中沢新一「レンマ学」(4)

「群像」2018年5月号掲載。 『華厳経』を、そしてここで説かれた「一即多、多即一」をつくり出す根本原理である「相即相入」の概念などを知的に分析する『華厳五教章』が紹介されている。縁起の理法によって動き変化する法界の特徴。そしてさらに法界につい…

六時二十分起床。曇りがちで気温も下がっているようだが、この時期としてはこれが普通なのだろう。 午前中は掃除。コジコジのカゴに取り付けたパネルヒーターを片付けた。葵は調子にのって家中駆けずり回っている。 午後は妻といっしょに義母の同級生のグル…

横尾忠則×磯崎憲一郎「わからない芸術」

「群像」2018年5月号掲載。老画家と脱サラ50代小説家、ふたりの芸術論。内容はタイトルの通り、「わからないことに価値がある」そして「芸術に寓話的解釈は不要」ということに尽き、感動至上主義的な風潮が強まりつつある現代の美術や文学の世界に釘を刺して…

音と目覚める

六時二十分起床。いや、五時二十分に目覚めたが二度寝し、葵がおもちゃで遊ぶ音と、スマホにセットしたアラームが鳴るのとが、ほぼ同時に聞こえ、音で目覚めた。もう何十年も、朝の目覚めを音で迎えていることに気づく。ただ、音が響く前に目は覚めているこ…

ガシガシと

五時四十五分起床。仕事の資料が足りないことに昨夜の寝入りっぱなにふと気づく。朝イチで少しだけ作業をし、掃除を済ませてから大慌てで吉祥寺のジュンク堂へ。アート系の資料を一冊だけ購入。そのままとんぼ返りで帰宅した。 午後は書斎にこもって作業。購…

どんどんたまり、どんどん軽く

五時四十五分起床。やや肌寒い朝。寒暖差に体がついていけないのか、それとも別の理由なのか、やたらと痰が絡んだり、鼻水が出たり、と面倒くさい一日。ゴミ箱のティッシュがどんどんたまり、ティッシュの箱がどんどん軽くなっていく。 昼前に昼食のパンを買…

今日の事件簿

無事に勤めは果たせた事件 おとなのお子さまランチ事件 腹パンパン事件 あ、これはアレルゲン事件 純正メールアプリ使ってみます事件 楽器店兼画材店事件 たんぽぽ事件

花筏

五時四十五分起床。夜中、葵に足の指先をかまれるのが日課になりつつある。目覚ましが鳴る前に枕元でガサゴソやられるのも日課だ。花子が元気だった頃を思い出すが、葵は花子ほどわがままではない。小学生男子のような無邪気さがある。 仕事。午前中は某案件…

今日も今日の事件簿

さくっと計算事件 生かせたワイズのポーチ事件 それはハウスダストのせいかもしれない事件 何かとご縁があるんですよ、浅いけど事件 なんだかあたふた事件 大丈夫でしょう事件 いまさらひなあられ事件 ポークソテーうまうま事件

今日の事件簿

iMacセッティング事件 マネジメント関連の作業事件 西荻のでっかい桜はもう終わってた事件 童子の公園はまだキレイだった事件

あんパン食べちゃった

大きなコンサートホールでウルトラマンレオのファンの集いみたいなイベントに参加していた。レオに「子供の頃、どうしてレオは寝癖だらけの髪型なんだろうと思ってた」と話したら、ショックだったようで、泣かれた。…という夢を見た。六時三十分起床。 ウル…

散る桜に似合う

五時四十五分起床。晴れ。だが昨日よりは気温は低いようだ。寒いのではなく、今の季節らしい暖かさ。散る桜に似合う気温、という感じか。 仕事。一瞬だけコピーライター/プランナーとしての仕事が落ち着いているので、経営・事務関連の仕事を進める。作業し…

今日の事件簿

集中しすぎて気持ち悪くなってきた事件 こっちゃん完全復活事件 鼻水出てきた事件 妻用iMac届いた事件 大学の先生のご実家の会社だな事件 今日も童子の公園に行ってみた事件

空腹の極み

五時四十五分起床。目覚めた瞬間に冬の名残を感じる、ということももうなくなってきた。だが日中は、どういうわけか書斎は冷える。 仕事。年度の切り替わりのタイミング、ということもあり、実作業は少なめ。午後はひたすら、経営関連に終始。 夕方、コジコ…