わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

今日の事件簿

麦次郎しっこ失敗率75%事件 コジコジよくしゃべる事件 かさぶた取れた事件 和風きのこスパゲッティはバブルの頃の学生の味事件 四回くらい予約変更事件 決め手は龍角散、とは言えない事件 あれ、電気代安いじゃん事件 それは強引すぎます事件 GRAVITY一択事…

Kensington Expert Mouse 昇天

4年間、毎日ハードに使いつづけてきたトラックボールが故障。クリック以外のマウス操作が一切できなくなってしまった。ケンジントンの大型トラックボールを使うことで腱鞘炎や肩こりを緩和できたので、早速まったくおなじモデルをネットで購入した。 トラッ…

古井由吉「たなごころ」

「群像」2017年8月号掲載の新連作。 ここ数年のテーマにしているように思える「老い」と「死」が、小説というよりは思索のつらなりという趣で展開されている。 群像 2017年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/07/07 メディア: 雑誌 この…

おしっこ掃除ではじまる四十八歳

三時ごろに一度起床し、麦次郎がおしっこを失敗していないか確認するのが無意識のうちに習慣づいた。心の深いあたりに問題意識を自分で刻み込んでしまったようだ。そして早朝にトイレットペーパーとスプレー型の洗剤で廊下を掃除するのも日課になった。起床…

今日の事件簿

麦次郎そこはいつもとは違う場所だよ事件 300ならオンデマンド事件 コジコジ自ら帰る事件 十年ぶりの大久保はさらにカオスだった事件 算定基礎届提出事件 西荻窪「鞍馬」で遅めの昼食事件(とろろそば) 夜に赤飯事件

眠いので短めです

六時起床。曇天。時折雨が降ったり、梅雨時を思わせる降り方の雨。この雨に調子が狂ったか、麦次郎、今日はトレイの失敗が目立つ。コジコジはいつも通り。 午後は妻と高幡不動へ。毎春、ご祈祷をお願いするのだが、今年は春が忙しすぎて、結局今日しか時間を…

橋本治「九十九歳になった私」(11)

「群像」2017年8月号掲載。飛ぶ意識、生きづらい社会状況、生きづらい身体。うーん、おもしろくもさみしい。 群像 2017年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/07/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 知性の顚覆 日本人がバカに…

暑い休日はあまり出かけない

六時起床。今朝は廊下にしっこ池はできていない。麦次郎、玄関のタイルの上で気持ちよさそうに寝ている。コジコジは悪態をつくことが少なくなってきた。発情が終わりかけているのかもしれない。 午前中は掃除に精を出す。 昼食は実家から届いて余っているト…

今日の事件簿

これでいいのか事件 酢が効く事件 五分で炒めて五分で食べる事件 芸術談義のような打ち合わせ事件 ついでに事件 どうしようかなあ事件 今シーズンはストライプ事件 今日も廊下に池事件 アジフライイカフライ事件 美の20世紀〈7〉カンディンスキー (美の20世…

多和田葉子「地球にちりばめられて」(9)

「群像」2017年8月号掲載。 母国を失い、自分だけの即席言語を話すようになった女Hirukoと、多くの人を裏切るように生きるうちに母国が失われ、それを知ってか知らずか、母語はおろかすべての話し言葉を失ってしまった男Susanoo。二人の出会いは、お互いの言…

暴走老猫

五時二十分起床。早朝から廊下でシッコしそうな雰囲気を振りまく麦次郎を十分ほどマークし、キチンとトイレでできたのを見届けてから身支度。 コジコジは換羽がはじまったようで、かなり機嫌が悪い。それでも、昨日よりはフレンドリーだ。 仕事。某案件の企…

大澤真幸「〈世界史〉の哲学」近代篇8 商品の救済/人間の救済

「群像」2017年7月号掲載。 商品が交換によって貨幣となり、貨幣が交換によって別の商品となる、という資本主義の基本的な価値交換のシステムと、宗教との関連性。 無限の富の追求が根底にある資本主義がキリスト教のような一神教のもとで発達したことの複雑…

梅雨明けと、チャチャッと

五時、自然に目が覚めてしまう。すぐさま廊下を確認すると、案の定、例によって大きな水たまりができていた。麦次郎、明け方はおしっこをガマンできなくなるようだ。ペットシーツで吸い取り、トイレクイックルで念入りにふき、最後に微生物分解タイプのペッ…

今日の事件簿

今日も廊下に水たまり事件 ゲリラ豪雨か事件 結局ブレている事件 夕食弁当事件 なんだかくさくなってきた事件 ぺんてる ゲルボールペン エナージェルフィログラフィ 0.5 BLN2005A ブラック 出版社/メーカー: ぺんてる メディア: オフィス用品 この商品を含む…

引いてきた

四時半、麦次郎に騒がれて起床。案の定、廊下に大きなシッコの水たまりができていた。掃除をしてから二度寝。 五時三十分起床。昨日のランニングで痛めた左足はまだ痛む。アイシング、圧迫などを何度も。すると、午後には痛みがかなり引いてしまった。軽く痛…

方針を変える

六時起床。オフ。猫とインコの世話、読書など。実家から大量に野菜が届いた。 首の寝違えがかなりよくなったので、夜、短め・スローペースでランニングへ。しかし左足ふくらはぎ下が痛みだし、途中から歩くハメに。軽度の肉離れと見た。おそらく寝違えが完全…

三浦雅士「言語の政治学」(12)

「群像」2017年7月号掲載。 人間だけが対面で性行為ができること、対面で子どもに乳を与えることができること、といった「対面」が、自分ではなく相手の視点を脳内に図式化して構築できる(イメージできる)能力を生み出し、これが視覚としての言語の発達・…

またレディースを

六時起床。首の痛みはかなり軽くなった。日常生活への支障はほぼない。首よりも暑さのほうが気になる。コジコジは少し夏バテ気味なのかテンション低め。だがより心配な麦次郎は日を重ねるごとに元気に、そしてわがままになっていく。夜中や朝イチのオシッコ…

今日の事件簿

麦次郎今朝もおしっこ失敗事件 麦次郎なにかと命令やワガママが激しい事件 コジコジゲロゲロ継続事件 黒柳徹子事件 全部新宿の小田急百貨店で済ませた事件 焦ってますか?事件 予定が微妙に変わった事件 読書は週刊モーニング。「グラゼニ」どう活躍するのだ…

まだまだ痛む

五時三十分起床。朝から麦次郎のしっこ失敗、そして激しい抵抗にあい、身支度が遅々として進まない。首も痛む。だがコジコジのカゴ掃除をするころにはある程度自由が利くようになってきた。が、完全ではない。うつむいたままの作業は厳しい。 酷暑。急遽、首…

まだなお痛し

五時二十五分起床。首、昨日よりひどくなっている。睡眠中にさらに捻ったか。痛すぎて仕事にならないので午前中は整骨院で治療。かなり楽になった。 西荻窪「hugge」のパンで昼食。 午後は書斎にこもり、首をかばいつつ仕事。時折、やはり首をかばいつつ、騒…

首が痛いので短め

五時二十五分起床。痛みで何度も目が覚めてしまい、熟睡できず。 通勤ラッシュの電車に乗り、九時半から都内某所にて打ち合わせ。少しずつ首が動くようになってきたが、まだまったく動かせない角度がある。下はほぼ向けない。 昼前に帰社/帰宅し、午後から…

動かぬ首

五時三十分起床。晴れ。灼熱。 午後、外出。帰宅途中に首の痛みを感じ、どんどんひどくなっていき、とうとう動かなくなってしまった。あわててよくお世話になっている整骨院へ。朝の寝違えが徐々に悪化したものらしい。施術で多少動くようになり痛みもやや和…

訝りたくなる

六時十五分。猫とインコの世話してベランダの掃除して部屋の掃除して溜め込んだシャツにアイロンかけて買い出ししてラム肉でカレーつくって食べてEテレの「日曜美術館」の萬鉄五郎見たらもう夜。梅雨はどこにいったと訝りたくなるほどの暑さに体力を奪われな…

今日の事件簿

朝からせっせと事件 麦次郎の感情とオシッコの複雑な関係事件 コジコジのゲロは緑色事件(小松菜のせいだ) しらすペペロンチーノ事件 義父母の自宅の光回線をセッティング代行事件 夜のランニング12km事件 麦次郎はアツイのがイヤらしい事件 網戸がするっと…

情報がなければ

五時三十分起床。曇天の夏日。時折青空がのぞくがおおむね曇り空。九州の大雨、非常に心が痛むが、東京にいるとニュースの映像を見ない限り、実感がわかない。日本はそれなりに広いのだ、と痛感。情報がなければ、喜びも悲しみも共有できない。 麦次郎、絶好…

五時三十分に起きるも、うっかり二度寝。昨夜の、途中で雨に降られたランニングが堪えたか。雨に体温を奪われると、気づかぬうちに体力を消耗するのかもしれない。メカニズムがよくわからない。 麦次郎、よく寝ている。だが声をかけると、ガバリ、と猛スピー…

今日の事件簿

ゆるやか事件 コジコジ時折ご機嫌事件 コジコジ口が汚い事件 麦次郎時折さみしくなる事件 lightningケーブル1本おしゃか事件 ELECOMのヘッドセットあかんようになったと思ったら復活事件 まさかの異動?事件 1日1本ずつ事件 ↓最近無性に聴きたくなる。 錻力…

古井由吉『ゆらぐ玉の緒』

病気からの恢復が、なれ鮨の話などと複雑に絡み合いながら淡々と語られていく。徐々に、微かに、増していく生命力。無限の力というのではない。ただ、老作家ならではの、俗な悟り、というのはおかしな表現だが、そんな感覚から生まれる、決して弱くはない、…

すでに時代に合っていない

今朝も五時三十分起床。朝から蒸し風呂に入っているような気分なのだが、自分で自分を、そんな比喩の暗示にかけてしまっているような気がしないでもない。台風が九州上陸、そのまま東へ東へ、ただひたすらにまっすぐと、日本を横断するらしい。台風の進路に…

古井由吉『ゆらぐ玉の緒』

最終話「その日暮らし」。作者がモデルになっている老作家の、ここ数年の入院歴が淡々と語られる。妙に冷静で客観的な視点から語られる老いの様子が、静かなエネルギーとでも言おうか、ギリギリのところで確かな力を得ているような、そんな感覚が読み取れた…

梅雨と五月雨

五時三十分起床。梅雨曇りの朝。寝汗。雨こそ降っていないが、じっとりした空気に目覚めた瞬間から、実際には眠っている間も、なのだろうが、体中にまとわりつかれた感覚が不快この上ない。麦次郎の体調が気になったが、絶好調そうだ。コジコジは不快なせい…

佐々木敦「新・私小説論」(最終回)

「群像」2017年7 月号掲載。思った通り、最終回で取り上げられたのは保坂和志。『未明の闘争』の文法的に破綻した書き出し、そして名作『カンバセイション・ピース』の哲学的・認識論的・主体論的論考。『カンバセイション・ピース』は読み返そうかな。 群像…

体中家中町中

六時十五分起床。朝の蒸し暑さが体中家中町中、まとわりつくように一日中つづいた。 麦次郎、かなり体調がいいらしい。よく食べ、よく水を飲み、よく騒ぎ、よく歩き、よくわがままを言う。コジコジはイライラが最高潮。放鳥している時は寄ってくるのだが、そ…

磯崎憲一郎「鳥獣戯画」(17)

「群像」2017年7月号掲載。 暗黒大陸じゃがたら。そして浪人生の夏、秋。じゃがたらはあんましなじみないんだよなあ。ゼルダは大好きだけど。 群像 2017年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/06/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ…

コケココ子

六時起床。雨。篠付くというには少々雨足は弱めだが、外出の予定に面倒くささを感じさせるには十分な降り方。雨のせいだろう、麦次郎もコジコジもぼんやりと眠たそうだ。 録音しておいた「爆笑問題カーボーイ」を聞きながら掃除。「賀来千香子がニワトリだっ…

こんなのはじめて/残念な保険外交員

今朝も五時三十分起床。微かな雨音と梅雨の息苦しい蒸し暑さが早朝から感じられる。 麦次郎、皮下輸液170cc。最近は降圧剤も飲みつづけている。コジコジは機嫌が悪い。換羽のせいか、空模様のせいか。 午前中は築地で打ち合わせ。 午後、荻窪に戻り銀行で納…

今日の事件簿

朝から黙々と事件 突然だったがきっちり対応事件 ちょっとふざけすぎました事件 麦次郎おしっこ増えてる事件 MacのPowerPointがやっぱりいまひとつ事件 コジコジアタマカイカイ事件 日本語入力をMacOS標準のに変えてみたら意外ときっちり変換できててびっく…

橋本治「九十九歳になった私」(10)

「群像」2017年7月号掲載。 仮死状態になっていたカナブンに憧れを抱く語り手のじいさん(≒橋本治本人)と五十歳のゆとり世代のズレまくった会話、そしてさりげなく描かれるディストピア東京。こわ。 群像 2017年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発…

佐伯一麦「山海記」(11)

「群像」2017年7月号掲載。大昔の洪水、比較的最近の洪水、親友の自殺、自分と親友の好きな音楽、そんな内容が、微かにオーバーラップしつつ、だが基本的には平行線という感じで進んでいく。 群像 2017年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 20…

トイレのかたち

五時三十分起床。微かな雨が、時間の経過とともにさらに弱まり、目覚めから一時間も立たぬうちにほぼやんだ。 麦次郎、少々食欲が落ちたか、と思いきや、そうでもなさそうで安心。コジコジは今朝も怒りっぽい。だが、呼べば近づいてくる。日中は左足を痛そう…

今日の事件簿

やたらと追加や変更が多い一日だった事件 コジコジ少しご機嫌事件 「あ、むぎ」事件 Apple Thunderbolt Displayがブラックアウト事件 ケーブルが抜けかけただけだった事件 PowerPoint for Macが最近もたつく事件 パワポだけWinで作業しようかなあ事件 ↓これ…

多和田葉子「地球にちりばめられて」(8)

スサノオの心の中で突然復活した残忍で性的な衝動、そこからスサノオは音としての言葉を失い、そのまま浦島太郎よろしく、時から見捨てられたように生きる。もうすぐ、彼は日本人女性Hirukoと出会うことになる。 群像 2017年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー…

一丁前に文句もたれる

五時三十分起床。曇天。麦次郎、食欲も旺盛になりつつある。わがままを言って鳴く時の声にも力がこもるようになった。一丁前に文句もたれる。 コジコジは態度がどんどんそっけなくなっていく。発情だけでなく、換羽で新しい羽根がはえかかっているようだ。も…

おなじ杉並区民

五時四十五分に目が覚めるも、二度寝してしまい六時十五分起床。だが動物たちの世話に支障はほとんどなかった。コジコジが少しイライラしていた程度。麦次郎はここ数日絶好調のようで、ご機嫌でゴハンを食べたり寝ころんだり。先日購入した健康食品の「レバ…

多和田葉子「地球にちりばめられて」(8)

「群像」2017年7月号掲載。あれ、なんだか反原発小説になっている? 群像 2017年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/06/07 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 多和田葉子の作品はこちら。

ペロリ猫、そして不安定な坂

五時四十五分起床。麦次郎、昨日は朝から嘔吐していたが、今朝は調子がいいようで、与えたゴハンは瞬時にペロリ。オシッコの後は早朝から外に出せと騒ぐ。コジコジは発情がキツい状態のようで、ひたすら吐き戻しをつづけ、声をかけてもそっけない。だが外で…

今日も今日の事件簿

うひゃー事件 これいいじゃん事件 ミーおばちゃん「ちょっとだけ忙しくなった」事件 一時間半のつもりが二時間半事件 一時間のつもりが三十分事件 一時間のつもりが二時間半事件 美術手帖 2011年 08月号 [雑誌] 作者: 美術手帖編集部 出版社/メーカー: 美術…

今日も忙しいので事件簿

全力疾走みたいな事件 A5のルーズリーフ事件 ちゃちゃっとごはん事件 おもしろそうではある事件 プリン事件 スケジュール調整だけで夜になった事件 何十案?事件 ↓くちばしにへんな模様をつけているアホなひと。ゲロの跡です。この握り方、写真で見ると怖そ…

今日の事件簿

臨機応変臨機応変と書くとなんだかお経っぽい事件 珈琲飲み忘れ事件 お茶いただいた事件 台風一歩前事件 低気圧のせいかちょっぴり頭痛事件(喘息は大丈夫) よくわからない状況なのかも事件 ↓体重が落ち気味の麦次郎のためにコレ買った。 レバスパンA 300g …