わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2010-01-15から1日間の記事一覧

一風堂と土屋昌巳のベスト

2月末に出るらしい。ジャパン好き(土屋はジャパンのラストツアーに参加しているのだ)としては、うれしい限り。 2006年に発売されたボックスセット「MAGIC VOX」はもちろんゲットした。これは本当に楽しませてもらった。中でも、元ジャパンのスティーブ・…

Tom Jobin アントニオ・カルロス・ジョビン「Inedito イネーヂト」

ボサノヴァの大御所の名盤。先日、Joe Passを紹介したときに「ジャズはしかめっ面で聴くのではなく、ミュージシャンが刻む音に合わせて身体を揺らしながら聴くのが理想、と再認識させてくれる」と書いたが、おなじことがボサノヴァにも言えて、いや、そもそ…

大江健三郎『水死』

第三章「赤革のトランク」のつづき。「森の家」に集まった古義人、アサ、マサオ、ウナイコの四人の思い(思惑?)がすこしずつ重なりはじめる。物語が大きく動きはじめる予感。一方で、開けられた赤革のトランクの中には創作上役立ちそうな資料はほとんどな…

ドス黒い赤飯と怪我の功名

何度も花子に騒がれ、熟睡できず…。六時起床。だが、フシギと寝不足感はない。冷え込んだ朝の空気に身を縮め、布団から抜け出せなくなるようなこともない。午後から大きなプレゼンが控えているからだと思う。 午前中はプレゼンの準備。企画書の最終確認(案…