わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2011-12-29から1日間の記事一覧

堀江敏幸「燃焼のための習作」

思い出の共有が、連帯をうむ。群像 2012年 01月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/12/07メディア: 雑誌 クリック: 6回この商品を含むブログ (26件) を見るいつか王子駅で (新潮文庫)作者: 堀江敏幸出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/08/29メ…

見つめられると照れるらしい

夢を見た。古井由吉と対談していたら目が覚めた。 六時三十分、きちんと起床。遠くと近くとで、二羽なのだろう、カラスが互いに鳴きあっていた。今日は可燃ゴミの最終収集日だ。今日あさっておかないと、しばらくはおまんまのくいあげだ。そんな会話をしてい…