わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2012-05-12から1日間の記事一覧

保坂和志『明け方の猫』

表題作。危機。呑気なようにも思えるが、生命の危機。明け方の猫 (中公文庫)作者: 保坂和志出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2005/02メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (33件) を見る明け方の猫作者: 保坂和志出版社/メーカー: 講談社…

アロエのチカラ

三時、猫にゴハンを与えるために猫缶を開けたら蓋で右手の人差し指をざっくりと切ってしまった。傷は小さいが深いようで、どばどばと血が出る。だが、ベランダのアロエをちぎって傷口にしばらく当てておいたらピタリと止血できた。 六時四十分起床。掃除。散…