わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2013-06-01から1日間の記事一覧

小島信夫「アメリカン・スクール」読了

うん、詳細な感想は昨日書いた通りです。一人取り残される伊佐の姿がわびしい涙を誘う……。伊佐、現代に生きていたらきっとパンクスになっただろう。第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)作者: 安岡章太郎,阿川弘之,庄野潤三,遠藤周作,吉行淳之介,小沼丹,近藤啓…

チャサンポーへ

六時、花子に起こされるが二十分ほど無理やり一緒に寝かせた。布団のなかからでも天気がよいことはわかる。寝室の窓は西側を向いているが、朝日が建物の壁に反射しているのか、自然な明るさを感じる。 土曜だが、仕事。企画書をつくっているのだが、プランも…