わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2013-11-30から1日間の記事一覧

保坂和志『未明の闘争』

やはりこれは猫小説なのだ、と思って読むと、そうではない部分がどんどんあざやかに浮かび上がってくる。未明の闘争作者: 保坂和志出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/09/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (55件) を見る保坂和志の作品はこちら。

辛くない

六時三十分起床。六時十五分には目が覚めたが猫がべたべた甘えてくるので布団からなかなか出られなかった。起きたらひどく起こられた。 午前中は掃除に精を出す。十一時、カミサンは個展会場へ。ぼくはスーパーに買い出し。お弁当で昼食を済ませ、午後は二時…