わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2014-10-23から1日間の記事一覧

古井由吉「雨の裾」

「群像」11月号掲載。隔月で掲載されている連作短篇の六作目。気まぐれで激しい降り方のつづいた今年の梅雨の記憶から、二十数年前の高層ビルの上で赤ワインを飲みながら眺めた強い雨の記憶が呼び覚まされ、その場をともにした友人の、がんに倒れた母を毎日…

マルサンの「ひとつ上の豆乳」

最近は牛乳をほとんど飲まない。朝食はフルグラを食べているのだけれど、かけるのは牛乳ではなく豆乳。コープブランドの成分無調整豆乳、そして「ふくれん」のふくゆたかという豆を使った同じく成分無調整豆乳。この二つがお気に入り。どちらも1リットルパッ…

「防犯講習」のメモと疑似幽体離脱

五時五十起床。奇妙な夢を見たという朧げな記憶だけが残っている。慌ててメモを取ったのだが、見返してもまったく内容を思い出せない。メモには「防犯講習」とある。 仕事。某案件のアイデアの取りまとめ。数が多すぎて、ゴールどころか、その作業自体が遠く…