わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2014-11-24から1日間の記事一覧

長野まゆみ「冥途あり」

死の周辺にある記憶の欠落や詳細不明の出来事を、史実や血縁が、想像力という支えを借りながら、少しずつ埋めていく。弔いとは、故人の死を悲しむことではなく、故人の欠落を埋めることなのかもしれない。 群像 2014年 12月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 講談…

自営業者の辞書と中上の「路地」——恋に似ている

五時五十分起床。振替休日だが働く。例によって花子に夜中散々起こされたので睡眠不足気味。曇天の空が、眠気をいっそう増幅させる。 早朝から仕事をはじめたものの、花子が大騒ぎ、つられて麦次郎も騒ぎ気味になり、ほとんど進められず。祝日なんだから働く…