わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2015-06-24から1日間の記事一覧

古井由吉『雨の裾』

「春の坂道」。若い頃、桜の咲く季節のこと。坂道ですれ違った老人の記憶から、次々とよみがえる記憶。その断片から、命の本質、そして男女のむつみの本質が、微かに見える。だが、掴めるようなものではないし、掴もうともしない。 雨の裾 作者: 古井由吉 出…

変わりなし

五時四十分起床。ぷちぷち、昨日よりは多少元気に見えるが、多少の波があるようだ。さえずったあとやゴハンを食べたあとは疲れるらしい。要経過観察。 麦次郎はいつもどおり、朝に大騒ぎしてゴハンを食べたら、さっさと玄関の定位置に。何度か台所までゴハン…