わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2015-09-22から1日間の記事一覧

古井由吉「道に鳴きつと」

「新潮」2015年10月号掲載。世田谷の十一階建て集合住宅に住む語り手(たぶん古井さん本人…というのは、本作は小説というより限りなくエッセイに近いので)が、偶然耳にした時鳥の声。そこに過去の、さまざまな人の、そして自分自身の、不安の記憶が重なり合…

さらっさらの鳥とベッタベタの床/高速の代償

五時三十五分、どうせ叫ばれ起こされるんだから、と、だらける麦次郎の先手を打つように起床し、ごはんを与えようとしたら、用意をしているあいだにアオオオオオーンと鳴かれた。早朝から敗北者の気分だが、実際のところはぼくは何者にも負けてはいない。で…