わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-06-09から1日間の記事一覧

橋本治「九十八歳になった私」(1)

「群像」2016年7月号掲載の、新連載第1回目。今月はコレのほかに、三浦雅士の単行本未発表の文芸批評「孤独の発明」の最終章として、「言語の政治学」もはじまっている。これも楽しみなのだけれど、忙しくて腰を据えて読む時間をなかなかつくれないんだよね…

べらぼうの日

五時三十分、ぱんぱんの膀胱をいたわるように起床。夜中に水を飲み過ぎたか。 雨。麦次郎が外廊下に出たいというので出してあげたが、わずかな風でも横向きに流れる霧雨は、意外にしっかりと体を濡らす。麦次郎、すでに湿りはじめている。心配なのですぐに家…