わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-06-12から1日間の記事一覧

ダニロ・キシュ/山崎佳代子訳『庭、灰』

語り手の「僕」の母への愛情と死への恐怖が、過剰気味に装飾された文体で語られる。文化的背景が違うのでわかりにくい比喩があったりして、ちょっと読みすすめるのがしんどくなるレベル。「僕」の繊細な感受性や真理の揺れみたいなものが巧みにつづられてい…

カレーの日

六時三十分起床。晴れ。朝日に夏の光の鋭さはないのだが、暑くなる予感だけは強く感じる。 ここ数日、妙に叫ぶ回数の増えた麦次郎にゴハンを与え、人の言葉のマネをするようになったが何を言っているかさっぱりわからないコジコジのカゴを掃除しゴハンを足す…