わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2016-09-18から1日間の記事一覧

金井美恵子「雷鳴の湾--Miscellany」

「新潮」2016年9月号掲載。 Miscellanyとは寄せ集めの意味。過去の作品やらロラン・バルトやらを引用しながら、戦後間もない頃を生きた少女の服飾やレジャーなどに関する記憶を辿る。『噂の娘』あたりに通じる感じ。例によって一つの文がひたすら長くて複雑…

止血の基本は圧迫

六時三十分起床。麦次郎はご機嫌にコロコロしている。オシッコは失敗したがペットシーツでしっかりキャッチしたので問題ない。コジコジも問題なし。 降ったりやんだり、ためらいがちの人のような空模様。妻は横浜元町「ゆめ猫」へ。ぼくは留守番。だらだらと…

舞城王太郎「Would You Please Just Stop Making Sense?」

「新潮」2016年9月号掲載。このタイトルって、やっぱりトーキング・ヘッズなのかな? そして、舞城王太郎を読むのは何年ぶりだろう。 カリフォルニア市警で殺人課の刑事をしている日系人のタナカ、通称スポンジ。彼が担当することになった壮絶な殺人事件、そ…