わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2017-04-30から1日間の記事一覧

鷲田清一『素手のふるまい アートが探る〈未知の社会性〉』

大分前に買ったのだけれど、しばらく積ん読してしまった。 朝日新聞の「折々のことば」を担当している臨床哲学者が、震災時などに若手を中心としたアーティストたちが、芸術は社会のつまはじき的な意識を心のどこかに抱きつつも作品やボランティアを通じて社…

街の象徴

六時三十分起床。今朝も麦次郎は猫トイレの前に大きな池を作った。コジコジは換羽が最高潮。ちょっとテンションは低いようで、一人求愛ゲロをしていない。とはいえ、よく遊び、よくおしゃべりし、妙なポーズを取ったりもしている。 午前中は掃除。パンで昼食…

大澤真幸「〈世界史〉の哲学 近代篇7 〈金貨/紙幣〉としての貨幣」

「群像」2017年5月号掲載。 貨幣の発生と流通の過程を考えることは、この世界を形づくる、あるいは動かしている価値や基本原理を考えることにつながる。お金にならない価値がある、みたいな話も当然あるわけだが、その価値の伝播・拡散や自分自身が得る満足…