わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2017-08-12から1日間の記事一覧

保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』

表題作、読了。なぜかラスト前に組み込まれている男をダメにしてしまう女のエピソードは、内容だけでなく、その軽妙でテンポのよい文体がおもしろかった。そしてラスト、おかしな迂回エピソードが、突然、いや偶然なのか、「母の実家」というこの短篇の中核…

かわいいジジイ

四時五十分、猫トイレ始末。そして六時起床。麦次郎は機嫌よく熟睡している。今朝は眼振も旋回もないようだ。モンプチのパウチを一袋、ぺろりと平らげた。 雨上がりの朝。まだ雲は厚い。だが、窓を開けるとたちまちスズメの鳴き声が聞こえてくる。コジコジの…