わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2017-11-07から1日間の記事一覧

金井美恵子『カストロの尻』

「胡同の素馨」。男の手元に残る古い書籍。物語のようだが、内容は限りなくシェイクスピアに近い。読み進めるほど、映画や芝居の世界に、活字を通じて深く埋没していくような感覚に襲われる。 カストロの尻 作者: 金井美恵子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日…

ごった返す駅

五時三十分、自然に目が覚めてしまう。原因は、寒さか、尿意か、それとも加齢か。 午前中は書斎で仕事。パンフレットの構成をせっせと考えつづける。 午後は事務処理などを済ませてから外出。後楽園で某クレジットカード会社の案件の打ち合わせ。東京ドーム…