わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2018-12-24から1日間の記事一覧

多和田葉子「星に仄めかされて」(1)

「群像」2019年1月号掲載。言葉と人間存在の本質に大変化球で迫った大傑作『地球にちりばめられて』の第二章という位置づけらしい。 病院の半地下でお皿の下洗いの仕事をするムンンとヴィタのところに突然やって来た(というか迷いこんできた)男の名は、Sus…

シュトーレン祭り

五時四十五分起床。晴れ。しかし北風が強く体感は寒い。厳冬、という言葉が浮かび上がるが、実際はそれほどではない。根性がないだけだ。暑さ寒さは精神論。 午前中はベランダを掃除。風呂の残り湯をバケツで汲んではザバーッとぶちまけ、箒で側溝のような部…