わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

2019-10-30から1日間の記事一覧

工藤庸子「ドン・キホーテからロリータへ ——大江健三郎と「晩年の仕事」」

「群像」2019年11月号掲載。大江健三郎のノーベル文学賞受賞後、特に2000年代ということになるのかな、の作品論。『おかしな二人組』『美しいアナベル・リイ』『水死』といった作品から、今のところ最新作であり大江自身は最後の小説と言っている『晩年小説…

陶酔

五時四十五分起床。晴れた空の青さが心地よい。朝から窓を全開にした。 仕事。某美容系案件の構成案作成。着手する前まではどうしたらいいのかさっぱりわからなかったのだが、ペンを走らせ、消しゴムで消し、もう一度書き、描き、と手を動かし始めると、それ…