読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ややこしいが、いい感じ

みんなで海に行く。だから海に着く前に、路地で海パンを履いておこう。そんな夢で目が覚めた。五時。二度寝して五時四十五分起床。 早朝からせっせと仕事。某案件の企画書。多忙さと混乱からは脱しつつある。 コジコジのカゴ掃除。止まり木にかけた大量の求…

すだちとゆず

五時四十五分、麦次郎に叩き起こされた。ウンコとシッコを片付けろ、そしてゴハンを出せ、と命じられている。元気な頃の花子のような傍若無人ぶりに、従順に従った。 少し二度寝して六時三十分起床。 日曜だが朝から仕事。某案件の企画をここ数日延々と考え…

しつこい空気

五時四十五分起床。湿った空気が妙に暖かで、桜が散る頃の雨を彷彿とさせる朝。寒さからつかの間解放されている心地よさが、その湿った空気とともに、いや、その空気が心地よさを与えてくれているのかもしれないが、とにかくそれが、体の表面にややしつこく…

再開

六時十五分起床。晴れ。背中の痛みはかなり引いているが、まだ若干しんどい。それでも洗顔や猫のゴハンの用意、インコのカゴ掃除に支障はない。麦次郎はゴキゲンそうだし、コジコジも全然怒らない。麦次郎、テニスボールが嫌いなことが判明した。 八時三十分…

猫もじもじ

五時四十五分起床。冷え、そして突風。早朝からの木枯らしか。だがわが家の動物たちは体調を崩したりはしていないようだ。麦次郎はいつもの場所でいつものようにコロンと転がっているし、コジコジは早くカゴ掃除をしろ、そしてゴハンをくれ、と騒いでいる。 …

ダリの理由

六時三十分起床。身体全体すみずみまでがズシンと重いのは昨夜筋トレをし過ぎたからか。しかし強ばっているような感覚はない。 晴れ。観葉植物をすべてベランダに出し、たっぷり水を与えてあげた。麦次郎が外に出ると騒ぐかと思ったが、カーペットでまったり…

ささやか⇔つまらない

六時三十分起床。篠突く雨。晩秋に激しい雨が降るとたちまち自分の中の季節感が狂う。狂気と呼ぶにはささやかすぎて、笑い飛ばすにはつまらなすぎる。 コジコジのカゴを水で洗う。めちゃくちゃ怒られ、指を強くかまれた。キゲンがいいときと悪いときの差が激…

長く長く伸びながら

五時四十分起床。ちょっと冬かな、という感じの朝。微かにセピア色を帯びた朝日が長く長く伸びながら路面を照らす。麦次郎、ウンコ出たのに糞詰まりな感じ。コジコジは今日も求愛行動の吐き戻し。 朝から外出。小石川で案件Aの打ち合わせ。昼食を挟んで案件B…