わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ウォーキング

羽根と首を振る

五時四十分起床。今日も暑い。妻は高円寺の個展会場へ。ぼくは留守番しながら仕事。例年ならGW進行が終わり夏休み進行の前ということもあって少し受注がダレる時期なのだが、今年は休日にも手を動かさないと間に合わないレベルだ。とはいえ、完全なフル稼働…

なまめかしい

五時四十五分起床。曇天。機能の日差しが恋しくなる。だが気温が下がっているわけではない。むしろ、温度も湿度も、妙に春めいていてなまめかしい。 ほぼ終日仕事。 夕方、クイーンズ伊勢丹へ買い出し。改装のため3月17日で一時閉店らしい。新装後は店内にド…

ちらつく「2001年」

五時四十五分起床。仕事始め。いつものように起き、いつものように猫をいじりながら身支度し、鳥かごを掃除し、朝食を食べてから仕事開始。某案件の企画書。2日は必要かと読んでいたが、休み中もなんとなく考えつづけていたおかげか、手を動かしはじめたらあ…

叩いてウェルダン

五時、今朝も麦次郎に叩き起こされた。おしっこ出ました、と律義に報告してくれる。が、例によって廊下にしている。掃除をしてから二度寝、六時起床。 仕事量が比較的落ち着いている(性格には待機状態の案件が多くなっている)のと、金曜日に日付変更直前ま…

身に覚えのある神経質

六時三十分起床。雨だ雨だと連呼する天気予報は外れたらしく、終日厚い雲に覆われていたものの、そこからぽつりぽつりと来ることはなかった。 朝、コジコジのカゴを洗う。ものすごく不機嫌。何度も噛まれた。 朝食後は「とと姉ちゃん」の最終回を見る。予想…

引きずる夏

六時三十分起床。揺り戻されたような暑さだが殺人的な激しさは感じられず、明け方だけ、あるいは日が暮れてから、微かに聞こえる秋の虫たちの声に、多少は安堵させられる。素麺だの冷やしうどんだの、と夏らし過ぎる食べ物を口にするのが多少はばかられるよ…