わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ラジオ

リスナーだった

五時四十五分起床。昨夜は23時前に寝てしまった。ランニングの疲れが微かに残るが、たっぷり寝たので爽やかな目覚め。こんなに寝たのは風邪をひいた時以来か。だが冷静に計算してみると、8時間も寝ていない。 仕事。比較的落ち着いているので、マイペースで…

違和感と言い訳めいたもの

六時二十分起床。晴れ。暖かい。気づけばあちこちで花が咲いている。桜はもうじきか。コットンネルのシャツとヒートテックの下着をしまった。 午前中は録音しておいた「爆笑問題 カーボーイ」「伊集院光 深夜の馬鹿力」を聞きながら掃除。太田の監督した元SM…

これでやってみよう

五時起床。麦次郎、おしっこ大失敗。ちゃっちゃと支度して外出。 中央線、東海道新幹線、名古屋市営地下鉄、と乗り継いで本陣へ。某企業にて取材。これ以上は言えないや。 取材後、わずかに雨。傘はないのでそのまま歩く。 クライアントの印刷会社の方に、ひ…

時の流れは均一ではない

あれから五年経ったからなのか。それとも昨夜、長めに遊んであげたので興奮していたのか、麦次郎が一晩中騒ぎつづけていた。落ちついたと思うと、寒い廊下で横になっている。うるさいわ心配になるわ。 そのせいだかなんだかわからんが、いつもより十五分寝坊…

今年おもしろかったもの、感慨ぶかかったもの 2015年

《文学》※新刊だけ ●奥泉光「ビビビ・ビ・バップ」(「群像」連載) ●いとうせいこう「我々の恋愛」(「群像」連載) ●筒井康隆『モナドの領域』 ●古井由吉『雨の裾』 ●高橋源一郎『動物記』 ●磯崎憲一郎『電車道』 ●上田岳弘「異郷の友人」(「群像」12月号…

出かけることなく

六時十五分起床。早朝から麦次郎にゲロされおしっこをトイレからこぼされ。ぷちぷちはいつも通り元気。ごはんも普通に食べているし、ウンコの状態もよい。 朝食とドウブツたちの世話を済ませてから、雨が降らないうちに、とベランダの掃除をする。たっぷり一…

今年おもしろかったもの 2014年

《文学》 ※新刊だけ個人的には、小説という表現形態がつまらないと思いかけていた一年だったから、振り返ってみるとこんなに良い作品があったということに驚いてしまった。やっぱり小説の可能性は無限だ。・金井美恵子『お勝手太平記』・古井由吉『鐘の渡り…

掃除とTBSラジオ、あるいは加齢

六時三十分起床。昨日のランニングが少しこたえている。筋肉痛とまではいかないが。足が軽くわなわなとしている。 朝から大掃除。午前中で終わりにしようと思っていたが、結局夜までかかってしまった。午後は「たまむすび」「荒川強啓デイキャッチ」を聞きな…