読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

その表情は明らかに

今朝も五時四十五分起床。早々に、麦次郎にゴハンを与える。だが食べない。ちらっとこちらを見ただけですぐに伏せてしまい、気持ちよさそうに眠りこけている。しかし気がつくと全部なくなっていた。コジコジは妙に大人しい。 夏日のような暑さ。ほぼ終日半袖…

幻覚の小便

深夜の小便が習慣化しつつある。トイレに向かうのは一回だけ、頻尿ではない。だがその一回が、果てしなく長い。寝ぼけているから、一秒が一分、二分と長く感じているだけの話なのか、それとも本当に長いのか。時計を持ちこめば疑問は解消されるわけだが、頭…

猫の冬支度

五時四十五分起床。麦次郎、家の中が少しずつ冷え込みはじめているというのに、今なお一番涼しい廊下で一日を過ごしている。もっと暖かいリビングのカーペットの上に連れて行っても、五分で戻ってしまう。歳を取ると猫も人のようにガンコになるようだ。体調…

子どもからジジイへ

いつもどおり五時四十五分起床。曇天。ベランダの植物に朝イチで水をやる。カラッカラに乾いていた。乾燥しているのだろうか。 麦次郎、目を離したスキにウンコをし、トイレの外にこぼしていた。コジコジはゴハン入れのなかに、大量に吐き戻しをしていた。イ…

ちんちんの角度

六時三十分起床。騒々しい雨音。善福寺川は大丈夫か、と少々不安になったがまったく問題なさそうだ。 麦次郎、ウンコしたあとにオシッコしたらウンコが邪魔だったせいだろう、ちんちんの角度がいつもより斜めになってしまったようで、ペットシーツを通り越し…

織田作之助とか泉鏡花とか与謝野晶子とか

今朝も五時四十五分起床。麦次郎もコジコジもいつもどおり、キゲンも体調もよい。 曇天。涼やかな秋の風。だが日中は今なお残暑を微かに引きずっている。 午後、後楽園にて打ち合わせ。その後池袋へ移動し、打ち合わせした案件の資料さがし。まず東急ハンズ…

もたもたの日

五時四十五分起床。学生時代の夢を見たが、細かなことは一切覚えていない。途切れた記憶をなんとかほじくりかえそうと思いつつ、もたもたと身支度をしていたら、麦次郎がおしっこを例によって全部猫トイレの外にこぼした。 夏日になるという。朝からその気配…

逆流性食道炎おっさんとと血尿猫

五時四十五分起床。逆流性食道炎気味。朝からオメプラールを服用するも、回復せず。「とと姉ちゃん」を見てからしばらく横になった。 麦次郎、また血尿。妻が採尿キットで尿をとり、すぐに動物病院へ。ぼくも逆流性食道炎が落ち着いたので一緒に出て、事務処…

眠りつづける

五時四十五分起床。麦次郎、また血尿。ごく軽度ではあるのだが、つづいているので気になる。うまく採尿して病院にもっていかねば。コジコジは問題ない。いつもより元気なくらいだ。 午前中は事務処理のために銀行まわり。微かに花の香りが。キンモクセイが咲…

魚かぶり

山本耀司がわが家にやって来て、ぼくのワードローブをリメイクしてくれた。という夢を見た。五時四十五分起床。 水曜の夜、雨降りの中で長い距離を、しかもそこそこのスピードで走ったせいだろうか、前腿とアキレス腱が昨日から今一つ調子悪い。アキレス腱は…

じじくさいのではなく、じじい

五時四十五分起床。厚い雲が空を覆っているが雨が降りだす気配はない。麦次郎は調子がよさそうだ。大分涼しくなってきたのに、まだ体毛が白っぽいまま。じじくさい。ま、二十歳だからじじくさいというよりじじいそのものなのだが。皮下輸液170cc。 ↓耳の先、…

止血の基本は圧迫

六時三十分起床。麦次郎はご機嫌にコロコロしている。オシッコは失敗したがペットシーツでしっかりキャッチしたので問題ない。コジコジも問題なし。 降ったりやんだり、ためらいがちの人のような空模様。妻は横浜元町「ゆめ猫」へ。ぼくは留守番。だらだらと…

ちょっとバカみたいでしょ

六時十五分起床。麦次郎もコジコジも問題なし。オシッコも上手にできている。コジコジのカゴを水洗いし、先日の出血騒動で血まみれになっていた止まり木を交換した。 妻は早々にイベント会場の横浜元町「ゆめ猫」へ。ぼくは一人残って家事をせっせと。 連休…

いくつになっても空は読めない

六時三十分起床。雨音。強いが心配になるほどではない。窓越しに見る雨足もどこか軽い。むやみやたらと激しいだけの通り雨の音ではなく、空にしつこくへばりつき、延々と降らせる秋雨に思え、こりゃ終日この調子だろうな、ならば引きこもるか、と覚悟を決め…

今日の事件簿

猫はおしっこ成功事件 人間もおしっこ成功事件(そのかわりなんだか回数が多い) 脱衣所ではやっぱり怒られる事件 静かなる仕事事件 茄子うめえ事件 外人は日本でハイテンション事件 瓦せんべいはもらえない事件 紙袋と同じ色の靴下事件 ブラジル的ネスプレ…

密度

五時四十分起床。猫とインコの世話を早々に済ませ、朝から慌ただしく仕事に取り掛かる。暑い。 午後は外出。新宿で某案件のプレゼン。その後新宿駅のドトールで軽く食事してから、別の案件のために池袋のルミネで店頭視察。つづいて後楽園で新規案件の打ち合…

しっこやうんこをこぼす、という証明

五時二十五分、麦次郎に起こされる。おしっこでました報告かと思いきや、ごはんおねだりだった。ここ数日、食欲が旺盛。二十歳過ぎてもガツガツと食う。動作は緩慢になりわがままと文句ばかり言う、となると人間の老人のようではあるが、ま、そこがかわいら…

肉球の色は変わる

今日も六時三十分起床。曇天。 麦次郎、今朝も盛大におしっこをこぼした。拡散エリアが過去最高クラス。朝日のささない暗い部屋で尿の始末を黙々と。すべて拭き清めるのにウエットティッシュ二枚を要した。ワイドサイズのペットシーツをネットで購入した。 …

大変なことになっている/9月の海はクラゲの海

五時十五分。尿意が先か、麦次郎の鳴き叫ぶ声が先かはわからない。ほぼ同時だったと思う。尿意より麦次郎を優先し、猫缶をいつもの器に盛り、つづいて猫トイレをチェック。案の定、ハデにこぼしていた。加齢による失敗、人間で言えば大人用おむつのお世話に…

おされカフェのように

六時起床。 今日も妻が相模原なので一人で留守番。仕事が間に合わないのでせっせと作業。 昼食はつくりおきしたラタトゥイユとポーチドエッグを丼にして食べた。ポーチドエッグ、単純すぎて難しい。 夕方、ランニングへ。左腿裏側に違和感。固くこわばった感…

カフェメシから遠く離れて

五時三十分、麦次郎にゴハンあげなきゃ、と義務的に目が覚めてしまう。部屋のなかのわずかな熱と湿度は不快さを感じるほどではないのだが、重く引きずるような目覚めを誘う。 山の日。そのうち、川の日ができるに違いない。 妻は今日もイベントのために相模…

意義について

六時起床。土曜だが、平日のように朝からあれこれあれこれと動く。麦次郎もコジコジもゴキゲン。ただ、日中は妻がいないので、ちょっとさみしそう。 八時過ぎ、妻がイベント会場へ外出。ぼくは掃除をしながらリオデジャネイロオリンピックの開会式を観ていた…

驚愕の珈琲色

ちょっと疲れたので短めに。 六時三十分起床。夏の朝。麦次郎、ウンコの量が減っている。コジコジは換羽がまた激しくなっている。 午前中は掃除に精を出す。「とと姉ちゃん」、NHK BSプレミアムの「暮しの手帖」特番。買い出し。 鰻丼で昼食。うまし。 午後…

明けない

五時三十分起床。雨。テレビの天気予報によると七月いっぱいは梅雨が明けないかもしれないという。これほど長い梅雨は過去にあっただろうか、と記憶を辿るが、梅雨入りも梅雨明けも、その天候の大きな変化こそある程度記憶に残っているものの、それが何年前…

家事の日、恐怖の日

六時三十分起床。麦次郎はずっと廊下で寝ている。コジコジはゴニョゴニョとしゃべったり、天井からぶら下がったりして遊んでいる。 家事ばかりしていたらあっという間に夕方になってしまった。ランニングへ。石神井公園まで往復。11kmを1時間。戻ってからコ…

惑星ダゴバ

就寝してすぐの一時三十分、昨日癲癇を起こした麦次郎が気になって目が覚めてしまう。が、杞憂だった。廊下でころりんと横になってゴキゲンそうに寝ていた。 三時三十分、今度はムギジに起こされた。ゴハンを与える。五時三十分、また起こされる。今度は理由…

走らない

六時起床。麦次郎にたたき起こされる。晴れ。布団を干す。 日曜ではあるが、仕事。金曜の取材の録音データの文字起こし。腕がおかしくなってくる。 うどんで昼食。そして仕事再開。麦次郎を外廊下に出す。カワウが飛んでいるのをいっしょに眺めた。 夕方は走…

鮭色の明日へ

二時、猛烈な胃痛と胸つかえで目が覚めてしまう。が、すぐに眠った。が、三時にまた目が覚めた。痛みはむしろひどくなっている。大正漢方胃腸薬を飲んでまた倒れる。四時、目が覚める。少しマシ。五時、目が覚める。よくなっているが、今度は麦次郎に起こさ…

ぶちゃいくには見えない。むしろかわいい。

虫の日、ではあるが、虫歯の日、ではなくなっているし、虫歯予防デーでもなくなっている。今日を含んだ一週間が「歯と口の健康週間」というふわっとした名前をつけられており虫歯予防デーがなくなったことは去年だったかおととしだったか、歯科医の医療法人…

落語心中とゲッターロボ

六時三十分起床。いつもどおりの休日の朝。猫とインコの世話をし、観葉植物を数時間だけ陽に当て、たっぷりと水を与えた。 休日ではあるが、午前中は仕事。某カタログ案件のコピー。午後もやろうかと思っていたが、月曜以降でなんとかなりそうな気がしてきた…

空と痛み

六時三十分起床。いい天気だ、と朝日に目を細めたのもつかの間、たちまち空が曇りはじめた。しかし身支度を進めていると、知らぬうちにまた晴れている。麦次郎を外に出す。まぶしいと感じているのか、それともクセなのか、微かに目を細めるような仕草をまじ…

猫と見上げる

六時三十分起床。晴れ。麦次郎を外廊下に出す。善福寺川で魚をとって暮らしているカワウが大きな羽根を広げて空を飛ぶのを、いっしょに見上げた。 午前中は掃除。西荻窪の老舗ベーカリー「藤ノ木」のパンで昼食。 午後は爆睡してしまう。録画しておいた「し…

キャベツは使い勝手がよろしい

六時三十分起床。麦次郎、今朝もゴキゲン。最近は外廊下よりもベランダがお気に入りのようだ。わが家は東向きだから、朝日がよく当たる午前中のベランダが心地よいのかもしれないし、目の前を飛び交うスズメやヒヨドリが気になっているのかもしれない。 身支…

花見ランとかわいそうな猫

三時過ぎ、尿意で目が覚める。気が遠くなるほど長いおしっこを済ませてから布団に戻ると、Facebookに着信があった。その流れで投稿を見つづけていたら妙に目が冴えてしまい、四時頃まで眠れず。羊でも数えようか、と思いはじめていたら、リビングから、コポ…

暗闇から飛び出す猫を二回ほど

六時三十分起床。麦次郎、ここ数日つづいたハイテンションが嘘のようにおさまっている。妻曰く、満月の前後は興奮しがち。それが野性なのだろう。 冬のような寒さだが、すでに体調は一度崩しているのでへいちゃらかな、とナメた態度で掃除。どんなふうにナメ…

なぜ1人にする

六時三十分起床。洗顔中、麦次郎が大騒ぎをしている。アーギャーアオオオと廊下で鳴き叫んでいる。うるさいので洗面所のドアを閉めたら、さらにデカイ声で鳴かれた。「なぜ1人にするうぅううう!」と抗議されているように聞こえた。 午前中は掃除に精を出す…

お猫様は偉大だ、いろいろと

釈由美子と自転車屋兼食堂兼ケーキ屋の店番をしている夢を見た。 I am 釈由美子写真集 作者: 西田幸樹 出版社/メーカー: 学研マーケティング 発売日: 2012/08/28 メディア: 大型本 購入: 1人 クリック: 98回 この商品を含むブログ (2件) を見る ゴジラ×メカ…

犬の朝

去年の夏だ。ランニングによるケガに悩まされていた頃、YouTubeでケガ対策の動画を見まくっていた。ランナートというランニング用インソールなどの販売とトレーニング指導を行っている会社の代表自らが説明する動画が非常にわかりやすく、実際この会社が発売…

金目鯛と牡蠣

四時、夢がカットアウトしたような状態で唐突に目が覚めた。内容ははっきりとは覚えていないのだが、残しておいたメモを見てみると、東京MX「5時に夢中!」の木曜担当の黒船特派員ジョナサンが、いろとりどりの、タペストリーというかバナーというか、そんな…

角度の変化、ふんばりの変化

四時、相変わらず内容は覚えていないのだが、妙な夢で目が覚めた。と同時に右足のふくらはぎがピキン。こむら返りだ。四十を過ぎてから年に二、三回は起きるようになった。老化なのか、それとも。三十代より今のほうがよほど鍛えているのだが。 六時三十分起…

三本足の大型犬

六時三十分起床。晴れ。きびしい冷え込み。 麦次郎、おしっこは軽く失敗。そしてちょっとだけゲロ。 食事を済ませ、ランニングへ。善福寺川沿いを17.5km。あまりに気持ちよくて予定より長く走ってしまった。朝走るといろんなドウブツと出会えて楽しい。カル…

覚悟と安堵と

五時四十五分起床。麦次郎、ゲロ一発。オシッコは成功。 今年初めての冬らしい冷え込みに、いよいよ来たかという覚悟めいた感情と、やっとまともに来てくれたという安堵感の両方を感じた。暗く重く低い雲、微かな雨音。静かで冷たい雨。風はない。 仕事。年…

走った後に日記を書くと眠くなる

二時、麦次郎がウンコをすべてトイレの外にこぼしてしまった。便秘でないのはありがたいことだが、粗相っぷりの豪快さに笑ってしまった。 五時四十五分起床。成人の日。休日ではあるがいつも通りの時間に起きた。冷たい冬の無彩色の空が広がっているが、雲は…

惑わされの季節

五時二十分、麦次郎のゴハンを与えてから二度寝。六時十分起床。にぎやかな夢を観た気がするが、内容はさっぱり思い出せない。五時二十分の起床の前に見ていたのか、それとも六時十分までのまどろみのなかで見ていたのか、それも定かではない。 餅で朝食。麦…

おしっこ失敗と便秘の仮説

六時三十分起床。麦次郎が起こしに来なかったので調子が狂う。体調でも悪いのかと少しだけ心配したがそんなことはなく、いつものように水を飲んだ後に大騒ぎし、オシッコは豪快に大失敗、猫トイレの外側に全部こぼした。年を取るにつれてだらしなくなってき…

肉体的ガス欠

六時から三十分にわたり麦次郎に起こされつづけた。眠い。 ぷちぷち、今日は昨日より少しテンションが低いものの食欲はあり、体重もさほど変わらず。お腹の腫れはぶよぶよした感じではなく、ぎゅっと締まったように見えるのだが、気のせいなのかもしれない。…

干支はほぼ無視

六時から六時三十分までの間に麦次郎に三度起こされたが起きなかった。そのせいだろうか、朝から三度ほどカーペットの上に嘔吐。二度吐き、すぐにカリカリを食べて補給し、そしてまた吐くという馬鹿みたいな吐き方。ま、猫が吐くのは生理現象なのだから、こ…

カワセミと(無関係の)自由な犬

六時二十分起床。曇天。身支度を調え、いつものようにドウブツたちの世話をはじめる。麦次郎は豪快にオシッコを失敗したが、健康上の問題はない。ぷちぷち、夜中にうちにこっそりゴハンを食べていたようだ。だが、カゴの中を掃除し、すこし遊んであげてから…

味はほとんど覚えていない

五時四十五分起床。雨を覚悟していたが、降ってないじゃん、と肩すかしを食らったような気分で集積所にゴミを出す。 ぷちぷち、問題なし。麦次郎、ちょっと便秘気味。夜、気張りすぎてゲロが出た。ウンコは何度か小分けにして、カッチカチなのを出していた。…

働いたけれど休日のような

六時起床。気づけば十月は一日も休まなかった。午前中だけ空いた、といったことは多少あるにはあるが、そんな時間は当然事務処理をしたり資料を整理したりとやらなければならないことはあるわけで、結局気は休まらず、結局隙間時間はあっという間に流れ去り…