わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

万年筆

右手は敏感に反応する

五時四十分起床。右手首から腕にかけてが痛む。この季節恒例の腱鞘炎だろう。毎年梅雨から夏にかけて急に悪化し、秋になるころには落ち着く、という流れがお決まりなのだが、今年は少し早いようだ。少しでも改善したくてペンの持ち方を見直したり、正しく握…

狂った果実

五時四十分起床。ひどい寝汗。気温より湿度にカラダがやられている。こんな状態でトイレに入ると、上半身を濡らしているのは汗ではなくて尿だったのではないかと、つい理不尽な想像をしてしまう。 仕事。午前中で某案件を終わらせる。午後は予定していた別の…

はじめてのパイロット

六時五十分起床。台風を思わせる激しさで、雨雲が西の空へと流れていく。時折雲の切れ目が見えるが、後ろから押し寄せる別の雲にたちまち押しつぶされる。 午前中は小石川で打ち合わせ。梅雨の終わりのころを思わせる蒸し暑さに辟易する。 帰りがけ、新宿の…