わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

ひるむ

五時四十五分起床。 午後から雨の予報。午前中に軽くウォーキングした。その後、仕事。 午後からは予報通り雨。篠突く雨。強い雨足に妻は少しひるんでしまい、外出の予定を伸ばしたようだ。たいした用事ではなかったようだが。ぼくもひるんでいた。雨が降り…

頭を下げるような

五時四十五分起床。暑い。彼岸が近いというのにまだ夏がしぶとく居残る。外より家の中のほうが熱がこもるようだ。 朝イチで某案件を仕上げてメールで納品。その後は溜め込んでいた事務処理を一気に進めた。日常的に使っているWord, PowerPoint, illustrator…

忘却、そしてその場まかせ

六時起床。心配していた雨はまったく降る気配がなく、安心して洗濯ができる。妻が出張でいない時は自分で洗濯機をまわすことになるが、簡単な作業だというのに慣れてはいないから、必ず何かしか、小さなことに疑問が湧いたり戸惑ったりする。その場でなんと…

同じ予約日

五時四十分起床。 仕事。多少溜まってはいるがさほど混乱するほどでもなく、淡々とこなす。近所での工事の騒音が多少気になるが、暑さに辟易するのに比べたらかわいいもんだ。 十三時、妻が西荻の美容室Rossoへ。そしてぼくは十七時三十分にRossoへ。二十年…

今日の事件簿

ひとまずメモしておく事件 ひとまず書き出してみる事件 Google Mapが変なところを指している事件 中綴じの落とし穴事件 品川でパンを買う事件 タピオカラーメン?事件 今日の筋トレはキツかった事件 ▼災害時用として注文した。せっかくだから普段も使おうか…

雨を避ける

五時四十五分起床。朝から体が火照る。 あおいの膀胱炎、かなりよくなっているようだ。投薬したが、花子や麦次郎と違い、素直に飲んでくれるのもありがたい。ほとんど抵抗しない。 午後、小石川にて打ち合わせ。終了後、少しだけ雨に降られたが雨脚が強まる…

膀胱炎

五時四十五分起床。今日も暑かった。九月に二日連続で猛暑日になるのは二十七年ぶりとテレビのニュース番組で言っていたが、二十七年前にそんなことがあったなんて、さっぱり思いだせない。いや、「九月に二日連続の」ではなく「九月に二日間の」だったか。…

台風と手術

記録的な強さの台風が東京を直撃。雨風の音で一晩中眠れず、五時三十分にはきちんと起きたが、しばらくはマンションの被害対応に追われた。外廊下の屋根が数枚吹っ飛び、三階に住んでいる方が屋上に設置していたエアコンの室外機の固定が外れて倒れてしまっ…

錆猫、ナン、エプソンとキヤノン

六時起床。体が重いのは、昨夜のランニングで予想以上に気温も湿度も高く、かなり体力を奪われたからだろう。身支度の動作がさらに緩慢になる。 午前中は掃除。 午後は妻と吉祥寺へ。お世話になっている「錆猫ギャラリー」で挨拶をしてからコピスの地下に入…

ガブガブと

五時四十五分起床。厳しい残暑というよりは、盛夏が戻ってきた。そんな印象の朝。ひどい寝汗に辟易し、久しぶりに朝湯につかった。 仕事。某案件のパンフレット改訂版のコピーと構成を延々と。昼食は昨日、四谷のアトレに入っている「PAUL」と荻窪ルミネのお…

ぼーっとしている、ヌケている

五時四十五分起床。寝汗に苦しむことはなくなり心地よい目覚めができるようになりつつあるが、その反面なのか、朝の動作が全体的に緩慢になっている。一分で済むことが二分近くかかる。積み重なっても完全に倍の時間が、ということにはならないのだが、無駄…

拍子抜け

五時四十五分起床。曇天。盛夏の鋭い朝日はどこに行ったのだろうと、自然科学的天文学的な理屈は十分わかっているのについ、過ぎ行く季節を惜しむような、懐かしむような、妙な感覚にとらわれてしまう。また豪雨の地域があるという。そんなニュースは感傷的…

今年もさんまは高いらしい

五時三十分起床。残暑の厳しい一日。汗を拭いた回数を数えたら、どれくらいになるのだろう。そんな面倒なこと、絶対に試さないけど。 朝イチから某案件の企画を進める。十一時に早めの昼食をとり、外出。荻窪駅までの道のりが、暑い。日陰がほとんどないのだ…

もう二度と

五時四十五分起床。 妻、今日と明日で祖師ヶ谷大蔵「ギャラリーパウパッド」での個展が終わる。ぼくは会場には顔を出していないのだが、かなりの盛況らしい。ありがとうございます。 掃除、玄米炊いて漬物と目玉焼きで昼食。午後は買い出しに行ったり、仕事…

笑いながらぼやく

五時四十五分起床。朝のうちは涼やかで空も秋のように雲がちぎれちぎれに広がっていたが、日が高くなるにつれて夏の気配が濃厚になり、厳しい残暑となった。八時過ぎから仕事をはじめたが、昨日、一昨日と午前のうちは不要だったエアコンの電源を九時にはオ…

アポと焼き鳥

五時三十分起床。小雨。だが九州では未曾有の大雨となっている。街全体が雨に水没している。 仕事。アポイント調整で終日慌ただしい。妻の祖師ヶ谷大蔵での個展は、平日もかなりの来客があるようだ。ありがたい。 夕食は西荻窪のガード下にある焼き鳥屋さん…

光の復活

五時三十分起床。涼やかな朝。 日中は黙々と仕事。ネットがつながらないので調べ物やメール対応に苦労。iPadを4Gデータ通信で契約していたのが救いだ。 夕方、修理業者が来訪。光回線、電柱のところで不具合が発生し、加えてONU(宅内装置)も故障していたそ…

姉、なのか

五時四十分起床。姉と遊んだりウダウダしたりする夢を見たのだが、ぼくには姉がいない。じゃああの女性は誰だったのだろうと、懸命に、脳みそを引っかき回すようにして思い出そうとするのだが、もちろんそんな行為は無駄である。そもそもあの女性にきちんと…

結局2時間、12km

四時半、尿意で目覚めてからは暑くて眠れず。扇風機が故障したので寝入りッぱなだけはエアコンをオンにするのだが二時間程度で切れるように設定しているので、それ以降が灼熱になっているようだ。サーキュレーターを回してはいるのだが、扇風機のような心地…

低気圧

五時三十分、自然に目が覚めてしまう。身支度、朝食、そして仕事。着手しはじめた途端、全身がのぼせたような感じになり、汗が止まらなくなる。時間が経ったら落ち着いたが、何だか今日は一日中この感覚につきまとわれていた気がする。 仕事がらみのおもしろ…

雨とレトルト

五時四十五分起床。いや、騒々しく響く雨音で五時に目が覚めた。マンションの裏手を流れる善福寺川が決壊するのではないか、と心配になるほどの降り方だったが、もちろんそんなものは杞憂だ。雨は新聞を取りに行く時間、六時半にはほぼやんでしまい、空は雲…

ひきずる体調、秋の雲

五時四十五分起床。昨夜の体調不良をまだ重くひきずっているようで、朝の身支度のすべてが緩慢になる。気分が悪いということはないが、体が重い。そういえば、昨夜は四度も小便で起きた。そして今朝は軽く下痢をしている。 曇天。空を覆う雲が微かに秋めいて…

麦次郎、麦茶、猫らしくない遊び

五時四十五分起床。二つの原爆の日が過ぎ、終戦の日が過ぎ、当時とは比べものにならぬほどの暑さで日々は過ぎていくのだが、あの玉音放送を再現した映像の、ラジオの声に聞き入る人たちの肌をじっとりと濡らす汗、あれと同じ汗を、ぼくたちがかくことはもう…

台風とド変態

五時四十分起床。全身が汗まみれ、炎天下を軽く歩いた後、くらいのパジャマの湿りっぷりに驚くが、今朝はそう気温が高いというわけでもないので少々不思議だ。ささっと朝風呂を浴びるつもりが、ついダラダラしてしまった。 超大型の台風が来ているらしい。西…

出せない、出てくる

五時四十分起床。朝風呂を浴びる。空は曇りがちでそのせいか湿度は高く、気温は先週の猛暑ほどではないというのに、厳しい暑さという言葉をつい思い浮かべてしまう。 振替休日、世間は夏休みのようだが、仕事。某案件の構成とコピー。どこからもメールや電話…

揺れ動く/廃棄

五時三十分起床。さっぱり覚えていないがうれしい感情だけがかすかに残る寝起きに不快な寝汗が重なり、なんだかよくわからない気分になる。こういうとき中和されて平静な感情になったりはしない。揺れ動くだけだ。 午前中は重なってしまった二つの案件の納品…

変なスイッチ

四時、よくわからん夢と寝汗とで目が覚め、その後はうとうととまどろみはしたものの熟睡できず、結局アラームをセットした五時四十分より十分ほど早く起床。全身の不快感をどうにかしたくて朝風呂に入る。 晴れ。暑い。ゴミ出しをするときによく会う柴犬が、…

ガレージの謎、歯ぐきの腫れ

五時四十分起床。かすかに寝汗。妙な夢を見た気がするが、思い出せない。夢の内容を記録しておくために寝起きに書いたメモには、「ガレージ」とだけあった。なぜ「ガレージ」なのかもわからない。 仕事。某航空系案件の資料をひたすら読み込む。 十五時、ち…

聞いたことのない

五時二十分に目が覚めてしまった。暑くて熟睡できていないのか、それとも短時間で熟睡できたので目が覚めたのか。 午前中は事務処理のために郵便局と銀行を回る。暑い。汗がとまらない。 夏らしく、そうめんで昼食。 午後は書斎で作業。某案件の企画を仕上げ…

勝負のタイミング

五時四十分起床。今朝もまた暑い。八時頃から仕事をはじめたが、エアコンを使わないと作業できない。インコのコジコジもバテ気味のようなので、書斎だけでなくリビングも電源をオンにした。今が一年のうちでもっとも暑い時期なのだろう。この一週間程度が勝…