わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

濡れながら燃える

五時四十五分起床。雨。濡れながら燃えるゴミを出す。 妻は今日から東日本橋の「ねこの引出し」で個展だ。見送りつつ、仕事も進める。勤労感謝の日だが例によって今年も仕事だ。某案件の企画書を黙々と進める。寒いせいか、一日中鼻水が止まらない。 夕方、…

暗渠にラーメンの流れる

五時四十五分起床。暗渠にラーメンが流れている。そんな夢を見た。麻雀の夢も見た。両方が同時に進行していた。 仕事。とにかく慌ただしい。 夕方、ぜんそくの定期検診のためクリニックへ。肺活量の検査をしたら、この年齢としてはアスリート並というすごい…

眺めたり

六時十五分起床。昨日ほど冷え込みを感じないのはなぜだろう。しかし布団から抜け出したくなくなるのは相変わらずだ。曇天。風の音は聞こえない。 日曜日だが、今日も仕事だ。某案件のパンフレットのコピーを黙々と。 午後は妻とクイーンズ伊勢丹まで買い出…

三文字が口に出る

六時十五分起床。空が鉛色に染まり、冬の表情をしている。さむい、の三文字がつい口に出る。 午前中は掃除。 無印良品の麻辣担々麺で昼食。うまい。また買おう。 午後は書斎にこもって仕事。夕方、コジコジを書斎で放鳥。散々仕事を邪魔される。資料にくちば…

彼らは着ていないのだろうか

五時四十五分起床。起床前の三十分だけ、暖房を入れてしまう。そのせいなのか、それとも暖房前にカラダが冷えたか、今日はなにかと鼻水が出がちだ。 九時三十分、ばっちりヒートテックを着込んで外出。寒さは感じない。むしろ早歩きをすると軽く汗ばむ。通り…

舌をかむ

五時四十五分起床。仕事が立て込みはじめている。今日は家から一歩も出ず、黙々と仕事。外の様子がまるでわからない。 十九時、方針変更の連絡があり、これが引き金になったのか、集中力が完全に途切れたので業務終了。 ちょっと疲れているのだろうか、夕食…

こもる

五時三十分起床。曇天。ベランダの手すりに雨の名残り。 終日、書斎にこもって仕事。新聞を取りに行く以外はまったく外に出なかった。おしまい。 ↓これをぽちった。 ちびしかくちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス) 作者: さくらももこ 出版社/メーカー: …

心の中でニヤニヤ

五時三十分、パンパンになった膀胱のおかげで自然に目が覚める。「パンパンになった膀胱」という表現は、金井美恵子の作品に出てくるものだ。まったく同じではないと思うが。でも、ちょっと気に入っている。トイレを我慢するたびに、心の中でニヤニヤしなが…

微かに焦げの

六時三十分起床。眠い。冷え込みも日々少しずつ厳しさが重なる。だが日差しは明るい。布団を干そうかと思ったが、どうやら近くで火事があったようで、けたたましいサイレンの音と共に、微かに焦げのような臭いをまとった風が吹き込んでくるので、やめておい…

砂漠だの下痢だの

五時四十五分起床。草原の夢を見た。それ以上は覚えていない。昨夜、テレビでサハラ砂漠を見た反動だろうか。強い北風の音が壁越し窓越しに伝わってくる。夢と記憶と現実とが混乱し、ここがどこだかわからなくなってくる。 仕事。某案件の企画。考えれば考え…

ごった返す駅

五時三十分、自然に目が覚めてしまう。原因は、寒さか、尿意か、それとも加齢か。 午前中は書斎で仕事。パンフレットの構成をせっせと考えつづける。 午後は事務処理などを済ませてから外出。後楽園で某クレジットカード会社の案件の打ち合わせ。東京ドーム…

油断はできない

五時四十五分起床。 日中は仕事。夕方は眼科へ。まず、緑内障の検査。一部怪しいところがあるが、問題なし。ただし、いつ発症してもおかしくない状態なので、半年に一度は検査することになった。そして左目の瞳孔を開く目薬をさしてから、網膜裂孔のレーザー…

入らない

六時三十分起床。バリウムを排泄するための下剤の効き目やら仕事やら掃除やら今日搬入される冷蔵庫のための準備やらで何かと慌ただしい一日。冷蔵庫は結局、家具の配置を変えないとキッチンに運び込めないことが判明。運送業者には一度帰っていただき、妻と…

効率化と下剤とカレンダー

六時三十分起床。午後から健康診断でバリウムを飲むから、ゴハンは食べられない。水だけ飲んで、少し仕事をする。 午後、高円寺の河北病院健診センターで健診。プログラムや進行体制が改善されたようで、いつも二時間から三時間かかる健診が、今日は一時間で…

左のモヤモヤ

五時四十五分起床。目、ピントは合うようになったが左目のもやのようなものはなくならない。飛蚊症がひどくなったのかもしれない。 午前中は事務処理のため銀行へ。午後は書斎で某案件の企画。集中していれば目のモヤモヤは気にならない。もう少し経てば落ち…

四十五発のレーザー光線

五時四十五分起床。晴れ。冬めいた冷え込み。少しずつ、布団から抜け出せなくなりつつある。 仕事。某案件のコピーと構成の仕上げをし、デザイナーへメール。そして電話で軽く打ち合わせ。 午後、外出。財布を忘れてしまい、途中で引き返す。妻に届けてもら…

鳥のゲロ、人の胃痛

六時三十分起床。昨日は妻がコジコジをつれて豪徳寺にある鳥の病院「リトル・バード」で健康診断をしてきたのだが、洗濯ばさみに向かって発情しゴハンを吐き戻し(求愛の給餌だ)ばかりしている状況を先生が問題視し、発情が激しすぎると精巣が痛んでしまう…

早めに寝たいから短め

五時四十五分起床。風邪はかなり抜けたようだ。朝日がまぶしい。 仕事。夕方まで、みっちりと書斎に張り付いて某案件のコピー。 夕食は「ユニバーサル広告社」を観ながら韓国弁当を食べた。 花のさくら通り ユニバーサル広告社シリーズ (集英社文庫) 作者: …

バレー部とクロッキー

今朝も五時四十五分起床。中学時代のバレーボール部に所属していた女子が夢に出てきた。ほとんど会話したことのない子だ。なんでだろ、と考えてみたが、すぐ思い当たった。ここ数日、十九世紀末から二十世紀初頭にかけて活躍した海外の画家について調べつづ…

足りないさんま

五時四十五分起床。曇りがちだが、時折青い空が向いの一戸建ての屋根越しに見える。 朝から書斎にこもって仕事。動いている案件の数は少ないのだが、密度は濃く、手数も多い印象。午前中はスポーツ関連の案件の企画をとりまとめ、メールで納品。午後からは脳…

来週のシャム

六時三十分起床。毎晩毎晩、見る夢になんらかのかたちで猫が出る。その猫に今日は会いに行く予定だった。知り合いの知り合い、くらいの関係なのだが、シャムのブリーダーをやっている方のところで生まれた女の子を見せていただき、コジコジとうまくやれそう…

オーケンに似ている

六時三十分起床。雨。昨夜は布団を厚い物に換えた。換えて正解だった、と痛感しつつ身支度をする。コジコジのカゴも冬使用にしてあげた。段ボールでの断熱、そしてパネルヒーター。段ボールはAmazonの箱を二つ、レイメイのハサミで両方とも側面をジョッキジ…

Tarzanと広告社

今朝も五時四十五分起床。雨。意外に雨脚が強いので、古新聞やら段ボールやら、資源ゴミを出すのは見送った。肌寒い。コジコジのカゴにヒーターを取り付けておいた。 仕事。精通しているわけではない業界の案件が来たので、打ち合わせ前にひたすら情報収集。…

雨と鼻炎

五時四十五分起床。強い雨音。冷え込みも冬のように厳しい。 午前中は馬喰横山で服飾系案件の打ち合わせ。乗り換えの新宿駅の地下で昼食をとろうとおもったものの、雨のせいだろうか、どの店も行列になっている。立ち食いそばでささっと食事してから帰宅。 …

猫と台風

五時四十五分起床。身支度を進めるうちに東側の窓が明るくなり、柔らな日差しが差しこみはじめた。だが、少し目をそらしていると曇る。 仕事。昨日一日中美術書を読みノートを取り続けていたせいか、今日は首が痛む。だが今日はノート作業はあまりない。Mac…

散乱する胡椒たち

五時四十五分起床。雨。Tシャツ一枚ではさすがに震える。ひさびさに朝からブロードの長袖シャツを着た。猫たちがまだ生きていたら、こんなに急な冷え込みにはかなり気をつかっただろうな、などと考えながら身支度。 仕事。某案件のコピー。何を伝えるべきか…

夫婦会議

五時四十五分起床。雨。ひんやりと冷たい朝。もっと寒くなると、猫のむくもりが恋しくなるのかもしれない。 仕事。某案件のために、美術書を読みまくり、延々とノートを取り続けた。 夜、妻が昨夜のうちに連絡を入れておいたシャムのブリーダーさんから返信…

再開

五時四十五分起床。ここ数日、猫の夢ばかり見ている。だが内容はさっぱり覚えていない。 雨。気温も低い。雲は灰色だがわずかだが明確に濃淡があるように見える。目をこらせば風に流されていくのがわかる。 終日、書斎で仕事。静かな一日だったが、夜は若干…

往復の夜

三時、腹痛で目が覚める。一時間ほどトイレと布団を往復。へとへとになる。 五時四十五分、起きれず。三十分後になんとか起床。ふう。 仕事。某企業の会社案内のコピー。悩みまくってしまう。遅々として進まず。午後、なんとか光明が差しはじめる。 夕方は別…

謎の動物の謎

五時四十五分起床。妙な夢を見たが、さっぱり思い出せない。寝起きに書いた夢メモを見たら、こう書いてあった。 オードリー 謎の動物 キノコ ヘビ 自転車を二人乗り オードリーの春日とヘビが出てきたことと、妻と自転車を二人乗りしていたことは、メモを見…