わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

眠る細い人

五時四十五分起床。左上奥歯のあたりの歯ぐきが腫れている。軽く頭痛もする。疲れていると、こうなることが多い。かまわず身支度、そして仕事。 晴れ。昼間に外へ出ると、ミケランジェロの絵のようにメリハリの強い印影の入道雲が立ち上っていた。夏だ。 昼…

走って逃げた

四時、昨夜はいつもより長く働き遅めに寝たぼくの枕元に、葵が遊びに来た。布団のまわりをうろついたり、もぐりこんだり、急にパカラッパカラッとおよそ猫らしくない足音をたてて走ったり、高いところに登ってみたり、と好き勝手なことをしつづけている。こ…

レトルトとコメ

五時五十分起床。晴れ。しかし昨日に比べれば幾分肌寒い。この感覚が五月下旬として普通のことなのかどうかの判断がつかない。記憶を辿ってもヒントが見つからない。この時期の温度を感じるということを経験として体や脳みそにきざみこめていないのだろう。 …

めまぐるしい

五時二十五分起床。猛暑の朝は熱と日差しの強さとで早く目覚めがちだが、似たような状況に体が反応しつつあるのか。確かに夕べは暑かった。タオルケット一枚で十分眠れる。 仕事。せっせと某案件を進め、午後からは別の案件を進め、夕方はまた別の案件。まっ…

フェイスシェーバーとシュークリーム

五時四十五分起床。熟睡した気がしないのだが、だからといって眠れず悶々としていたわけでもない。二度ほど目が覚めたが、あっという間に朝が来る。疲れも取れ、頭も朝から明晰ではある。だが、眠ったという実感だけがない。 朝から暑い。五月としては異常な…

出ない、絶対に出ない

二時半、四時、五時半、とぶつ切れに目が覚めた。二時半はトイレのためだったが、その後の二度は睡眠のリズムの関係か。猫に顔を踏まれたとか足をかまれたとか、そんなことはない。 日中はひたすら仕事。天気はよさそうで、テレビやラジオでは夏日だ真夏日だ…

引きずらない

五時四十五分起床。晴れ。夏日になるというが、朝の日差しはこの季節相応の心地よさ。 午前中は事務処理など。 午後は後楽園で打ち合わせ三発。上着を着たままでは暑いが、夏の暑さとは明らかに違う。湿度だろうか。風は強い。 大量の資料を整理していたら、…

今日の事件簿

かなり寝た事件 日曜だけど仕事事件 ナチュラルハウスの玄米パン事件(うまし) みたらし事件 シャワーを一番強くした時のような雨事件 手羽元スープ事件 雑穀ごはんは雑穀モードより白米モード事件 「日曜美術館」(夜の再放送)も横山大観事件(高橋源一郎…

チャリに乗って犬を

五時四十五分起床。晴れているが暑さは感じず、はたしてこの日差しは、風は、肌の感じは、服の重ね方は、この時季として普通なのかどうか、まったく判断できなくなる。もっとも、感じ方やら着方やらを去年やおととしに合わせる必要はない。 仕事。某美容系案…

意図せぬ減量

五時五十分起床。昨日、胃の調子が悪いから日中は野菜ジュースと豆乳甘酒のみ、夕食は玄米と小魚という素食にしてみたのだが、それだけで体重が1kg落ちた。体脂肪率12〜13%代の男が、である。なんだか恐ろしい。先走るように書いてしまうが、日中、しゃがみ…

修行僧のように

五時四十五分起床。雨。傘を差さないとゴミ出しができない。 仕事。某美容系案件に終日取り組みつづける。 昨日から胃の調子が悪かったので、今日は朝、昼と水分のみで過ごしている。朝食、昼食は野菜ジュース。小腹が空いたら豆乳と甘酒を1:1にしたものをゆ…

スクエアからボストンへ

五時四十五分起床。微かな雨が次第にやんでいく。三月下旬並みの気温だと天気予報が報じているが、フライング気味に来ていた初夏の雰囲気はしぶとく、いや当然ながら残っているようで、さほど寒いとは感じない。 仕事。 午後は後楽園で打ち合わせ。ひさびさ…

蛭子能収の物語

六時二十分起床。晴れ。こどもの日。この日も天気が崩れることは少ないのではないか。文化の日や、旧体育の日(十月十日)などがそうだったと記憶している。年ごとの、大気の大きな流れやら、地球への太陽光の注ぎ方の変化やら、そういったものが複雑に関係…

無造作なバーナード・リーチ

五時二十分起床。おかしな夢を見た気がするが、夢の世界をひきずったりまどろんだり、といったことはまったくなく、むしろ目覚めた直後から頭が冴えているような、妙な感覚にとらわれている。しかし、そのくせ二度寝しているのだから始末が悪い。結局五時五…

うさんくさい天気/東西狂言の会

五時四十五分起床。篠突く雨。昨日の天気予報で脅されていたほど強くはないな、などとタカをくくっていたら、急に雨風ともに強くなり、傘を差してゴミ出ししないとずぶ濡れになる。メイストームという言葉があることを昨日の予報で知った。エイプリルストー…

停滞と前進と

五時過ぎには目覚めてしまったが、うだうだしているうちにいつもの起床時間になった。身支度と動物たちの世話を済ませてから、土曜日のランニング以降感じつづけている足の張りのケアのためにマッサージをしておく。 仕事。メーデーは大企業はみな休日になる…

ネコジャラシと怖がり

五時四十五分起床。昨夜の、悪夢のような鼻づまりはすっかり落ち着いている。だが、日中は空気と一緒に舞い上がっていたハウスダストや花粉が夜になると床に落ち、それが朝になって人が活動しはじめると一気に舞い上がってアレルギーを引き起こすこともある…

なんとなく水でつながる

五時四十五分起床。篠突く雨。家の裏手の善福寺川の水位が上がっている。水の流れは早い。水面に浮かぶ花びらや枯れ葉が一瞬で流れ去っていく。雨台風を思わせる。 十時、外出。小石川で某案件の打ち合わせ。資料を返却したのだが、かばんの中に水が浸食して…

がらっぱちさと、やわらかさと

五時四十五分起床。昨夜はトイレで二度も起きた。就寝前に足裏のマッサージを念入りにしておいたからか。それとも水分の取り過ぎか。はたまた、単なる老化か。 曇天。少し頭が重いのは、悪天候の予兆だろうか。 仕事。某案件の企画書づくり。 午後から雨がぽ…

夕暮れの新緑

五時四十五分起床。やや肌寒い朝。 仕事。ほぼ手離れした進行中案件の微調整的な対応を随時こなしつつ、自社サイトのリニューアルを進めている。 夕方、軽く散歩。原っぱ広場の八重桜はかなり散りはじめていた。メタセコイアの新緑が、夕方でも不思議なほど…

ウダウダ/多め多め

五時十五分、尿意で目覚めてしまった。その後は布団のなかでウダウダと。五時四十五分起床。 曇天。朝の風がいくぶん冷たい。Tシャツ一枚では思わず身を縮めてしまう。 仕事。臨機応変に対応しつつ、空いた時間で自社サイトの作成と整理。レスポンシブに対応…

リスナーだった

五時四十五分起床。昨夜は23時前に寝てしまった。ランニングの疲れが微かに残るが、たっぷり寝たので爽やかな目覚め。こんなに寝たのは風邪をひいた時以来か。だが冷静に計算してみると、8時間も寝ていない。 仕事。比較的落ち着いているので、マイペースで…

静かな一日

六時起床。眠い。 ほぼ終日、書斎にこもって仕事。夕方、軽く散歩。体調はいつもどおりで外の様子はほとんど出ていないからよくわからず、妻以外とは電話で仕事の話をしたのと、宅配便のお兄さんから荷物を受け取った時のやり取り、聖書に関する小冊子を渡し…

甘いものばかりをガツガツと

五時四十五分起床。アレルギーが収まりつつある。 午前中は仕事。突風の音が壁越しに伝わる。 午後は有楽町の国際フォーラムへ。宣伝会議のイベント「AdverTimes Day 2018」へ。講演を二本ほど聴く。行きの電車が突風で遅れてしまい、一本目は立ち見になって…

ヨダレくさくはなかった

五時二十分、葵に手をかまれて目を覚ます。だがそばに葵はいない。夢の中でかまれたか。痛みが尾を引く感覚が指先に残っている。匂いを嗅いでみたが、ヨダレくさくはなかった。 仕事。某案件のコピー。 午後は図書館やら書店やら。探している本がなかなか見…

ガシガシと

五時四十五分起床。仕事の資料が足りないことに昨夜の寝入りっぱなにふと気づく。朝イチで少しだけ作業をし、掃除を済ませてから大慌てで吉祥寺のジュンク堂へ。アート系の資料を一冊だけ購入。そのままとんぼ返りで帰宅した。 午後は書斎にこもって作業。購…

どんどんたまり、どんどん軽く

五時四十五分起床。やや肌寒い朝。寒暖差に体がついていけないのか、それとも別の理由なのか、やたらと痰が絡んだり、鼻水が出たり、と面倒くさい一日。ゴミ箱のティッシュがどんどんたまり、ティッシュの箱がどんどん軽くなっていく。 昼前に昼食のパンを買…

花筏

五時四十五分起床。夜中、葵に足の指先をかまれるのが日課になりつつある。目覚ましが鳴る前に枕元でガサゴソやられるのも日課だ。花子が元気だった頃を思い出すが、葵は花子ほどわがままではない。小学生男子のような無邪気さがある。 仕事。午前中は某案件…

あんパン食べちゃった

大きなコンサートホールでウルトラマンレオのファンの集いみたいなイベントに参加していた。レオに「子供の頃、どうしてレオは寝癖だらけの髪型なんだろうと思ってた」と話したら、ショックだったようで、泣かれた。…という夢を見た。六時三十分起床。 ウル…

散る桜に似合う

五時四十五分起床。晴れ。だが昨日よりは気温は低いようだ。寒いのではなく、今の季節らしい暖かさ。散る桜に似合う気温、という感じか。 仕事。一瞬だけコピーライター/プランナーとしての仕事が落ち着いているので、経営・事務関連の仕事を進める。作業し…