わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

黙々と

四時三十分、葵の気配で目が覚める。布団のなかに入れてほしい、そんな表情をしているので、布団をめくって、ほい、どうぞ、と言ってみたが、そうするやいなや、たちまちどこかへ走って逃げた。これをその後、五時半くらいまで何度も何度も繰り返された。五…

反応しない/破壊

五時四十五分起床。曇天。微かに雨が降った気配が外廊下に残っている。葵は早朝から全速力で家中を駆けずり回っている。そしてぼくが朝食をとりはじめたタイミングでウンコした。 仕事。某ゴルフ案件の企画書をメールで送付してから、別の案件の企画書。こち…

黄葉せぬまま/路上の獅子

六時起床。今日も曇りかと思ったが気づけば強い朝日が差しはじめ、明るくなった部屋の中で身支度やらドウブツたちの世話やらを進めると、それなりの目は覚め、重かった体もアタマもすっきりしてくる。昨晩残していたバケットで朝食。 日曜だが、仕事。掃除。…

仕事と雨

六時二十分起床。午前中は黙々と掃除。先日買ったカーペットを敷く。 午後は仕事。夜は走ろうかと思ったが、杉並、世田谷、練馬あたりにピンポイントに雨雲がかかったらしく、かなりの降り方だったので断念。筋トレでごまかした。 読書は奥泉光『雪の階』を…

ちょいちょい、はみ出す

今朝も五時四十五分起床。暗いな。冬至に近づいているから日の出も遅いのだろう、と思っていたが、そうではなく、曇天、いや、小雨がぱらつく空模様だからだった。小雨の雲は厚みを感じない。だが、確実に日の光を遮る。だが、時折雨は降ったまま、雲の切れ…

敷物担いで

今朝も五時四十五分起床。夢の最中にアラームがなると、時間も場所も意識も、それどころか自分が誰かもすら、混沌としてしまう。今朝がまさにそんな状況で、しばらく自体が飲み込めぬままだった。だが、アラームの鳴った数秒後にはiPhoneを操作してしっかり…

雨音

五時四十分起床。音は聞こえないが、気配で雨だとわかる。いや、微かに音が聞こえていたのかもしれない。寝ぼけているので、確信はない。 仕事。某企業の会社案内をずっと手掛けている。この企業のコア技術は「乾燥」なのだけれど、外ではシトシトと雨が降り…

ジーンズを直す

五時四十五分起床。小雨がぱらついている。秋の長雨の季節は去ったはずだが、昨日から梅雨時のようなしとしと、だらだらとした雨がつづいている。鼻水。 仕事。某案件のコピーを黙々と。雨は上がったようだ。 昼食後、散歩感覚で高円寺へ。修理を依頼した桃…

よそ行き用

六時二十分起床。天気はよいようだが微かに肌寒い。日中はたいしたことはないが、目覚めた瞬間に、布団をどうにかしたほうがよかった、とほんの一瞬だけ後悔する。だが長続きはしない。朝の一連の身支度やら動物たちの世話やらのなかに、たちまち紛れる。 午…

ベーグル女子と買い換え時

五時四十五分起床。あれ、寒いかな。目覚めるや否や、そう感じる日が少しずつ増えてきた。外出する時も、近所をうろつく時はブロードシャツの上にコットンの上着を一枚羽織る。十一月なのだから当然なのだが、この暑さが永久につづくのではないかと本気で思…

夕闇、黄昏時にニヤニヤと

五時三十分起床。早く目覚めてしまったが、もたもたしていたらあっという間に六時を回った。外はまだ薄暗い。 仕事。某案件の企画書。書くべき要素はわかっているのに、それを順序よく並べることができない。しばし悩む。 夕方、ウォーキングへ。3.7kmを30分…

NYAPAN "NYAN DRUM"

四時、葵が闇の中を駆けずり回る足音で目が覚めてしまう。が、すぐ二度寝。 五時四十五分起床。どこからともなく葵がやってきて、例によってカスカスな声で鳴きつづけている。 仕事。朝イチで某案件のアイデア出しをし、掃除機をかけてから、事務処理のため…

六時三十分起床→コジコジのカゴを分解して掃除→掃除→食事を取らず妻と高円寺の河北病院健診センターへ→受付→着替え→問診と血圧→いろいろ検査→バリウムin→終了→母から電話→野菜送ったって→外に出たらちょうど高円寺フェスの真っ最中→舞台で阿波踊りやってる→…

空白の時間に

五時四十五分起床。右足の踵が軽く痛む。キズはない。筋肉というか軟骨というか腱というか筋膜というか、よくわからんが、とにかく皮膚から内側のほうが、痛む。打撲に近い感じだ。どうやら、寝ている間に、あるいはトイレに起きた時、どこかにぶつけたか、…

忘却の果て

五時四十五分起床。眠ると何もかも忘れるようで、目覚めた瞬間、自分がどこにいるのか、今日は平日なのか休日なのか、この睡眠は昼寝だったのか夜の睡眠だったのか、これらすべてが判断不能になっていて、状況を把握するまでしばらくの時間がかかる。…と書く…

時雨と惰眠

五時四十五分起床。葵が起こしに来ない。寒くて億劫になったようだ。今年は秋が長いという。その長い秋に、少しずつ終わりが近づいているらしい。どんぐり、ぎんなんの実の匂い、オナガガモやコガモの渡り、ススキ、オギ。小さなものを数えているうちに、イ…

修理はお安く

五時四十五分起床。昨日は朝から18km近く走り、午後は吉祥寺をうろつき、体はクタクタなはずなのに、夜中に一度目覚めた時の脳は妙に明晰な気がして、今なら何でも考えれるし答えも出せる、と興奮していたものの、そんなものは所詮「気がした」という程度で…

目的は異なれど

五時三十五分、葵に起こされる。花子はゴハンをもらうために夜明け前から僕を起こしたが、この子は遊んでもらいたくて起こしに来る。目的は異なれど、やっていることは一緒だ。ただ、花子のほうが女のずる賢さがあり、ヒステリックでもあった。葵は無邪気だ…

差すほどではない

今朝も五時四十五分起床。資源ゴミの回収日だ。昨夜束ねておいた新聞とペットボトルを出しに外へ出たら路面が濡れていた。降ってはいない。一瞬だけ降り、たった今やんだ。そのように解釈できる濡れ方、湿り方だ。気まぐれな降り具合は梅雨のようだが、梅雨…

あなたは茂作さんではありませんか?

五時二十五分、尿意で目が覚める。呆れるほど長い放尿。よくもまあ、こんなにたくさんためこんだもんだ。五時四十五分に起きることにしているが、このタイミングではもう二度寝なぞできない。ひとまず横になり、十五分だけころんと横になったが、あっという…

観察力からの創造

五時四十五分起床。葵が起こしに来た。声をかけると、寝起きのせいなのだろうか、ひどいダミ声で返事をしてくれる。ニャーになっていない。アギャー、ビギャー、そんな感じだ。 明け方に一雨降ったようだ。路面が濡れている。空気がノドに優しい。 掃除、そ…

鴨、続々

五時四十五分起床。巨大な浴場のような医療施設のような場所にいる夢を見た。だがそこで何をしたのかはさっぱり思い出せない。おもしろかったという感情だけが残っている。目覚めてすぐメモを取ろうとしても、浴場、医療施設、それ以上のことが書けない。 九…

知られざる絵師、ホントに知らない

五時四十五分起床。日曜だが、平日とおなじペースで身支度する。日中は仕事。夜は食事しながら日曜美術館の再放送「生き物のいのちを描く~知られざる絵師 小原古邨~」を観た。欧米で、版画で名を馳せた吉田博についてはいろいろ調べたことはあるのだけれど…

朝の雨、そしてグネグネと吉祥寺

五時四十五分起床。曇天。朝のうちは時折、軽く雨が降った。だが昼前には千切れ千切れではあるものの、青空がのぞきはじめた。気温は下がっているようだが、室内は湿度が高いせいか、半袖でもいけそうな程度。汗ばむほどではない。 ほぼ終日、書斎に引き籠も…

うどんと金目

五時四十五分起床。二度寝しそうになるが、なんとかこらえた。曇天。路面が濡れている。身支度しているうちに一雨降ったようで、その後も何度か、気ままに降ったり止んだりを繰り返していたようだ。 午前中は某案件の企画と、別の案件の資料確認。 午後は後…

揮発性

五時四十五分起床。おもしろい夢を見たという印象と感情だけが残っているのだが、内容はきれいさっぱり忘れている。日課にしている夢日記が、「?」としか書けない。もっとも、覚えている日もせいぜい20文字以内でしか書いていないのだが。書いても。一時間…

きっとアホっぽい

五時三十分、強烈な尿意で目が覚める。 曇りがちだが青空も覗く、どっちつかずの空。季節もしぶとく夏の名残を残しつつ、秋の気配もある状態。秋の気配のほうが、かなり劣勢のようだが。 朝イチで某案件の資料に目を通し、掃除をしてから、事務処理のために…

上海の洋画

五時四十五分起床。朝からトーストを二枚ほど食べる。 九時、外出。時間はたっぷりあったのに、出る直前になってあれを忘れた、これを忘れた、と相変わらずの慌てっぷり。だが、早歩きでなんとか予定通りの電車に乗れた。 十時、後楽園着。某企業で代理店と…

嵐の後のトトロの樹

五時四十五分起床。台風一過。わが家の周囲は被害ゼロのようだが、西荻のシンボルの一つである「トトロの樹」と呼ばれている巨木の枝がいくつも折れたり、どんぐり公園や善福寺公園の樹木が根元から倒れたり、と、区域としてはショックな被害があったようだ…

風邪とコーヒー

五時四十五分起床。風邪っぽさは幾分マシにはなったが抜けきってはいない。うがいを念入りにしておく。 午前中は事務処理のために銀行へ。午後は書斎で仕事。例のコーヒー関連の案件。コーヒー豆が切れかけていることに気づき、椿屋まで買いに行った。しっか…