わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

雨の平日

五時四十五分起床。曇天。午前中は書斎で作業していたが、午後に打ち合わせのため出かけると、先方の最寄り駅に着いた途端に本降りとなった。 打ち合わせ後は店頭視察のため新宿へ。墨色の空はさらに色濃くなり、雲の厚みも増しているようで、それらと比例す…

悪夢ではないと思う

二時三十分、目が覚めた。足に相当するあたりがドリルになっていて自ら地面に潜ることができるコケシが大量に出てくる夢を見た。悪夢ではないと思う。 五時四十五分、きちんと起床。曇天。明け方まで雨が降っていたようだ。路面がしっとりと濡れている。 仕…

敬老と震災

五時四十五分起床。曇天。時折射しこむ朝日も雲のフィルターを通しているようで、夏の鋭さは感じられない。だが気温は微かに残暑を思わせる。 敬老の日だが、仕事。某クライアントのパンフレットを進める。父は幼くして両親を亡くし、母も若い頃に父を亡くし…

品質と手応えと

五時三十分起床。雪の積もる住宅街の路地で道に迷い彷徨っていると、散歩中のマルチーズに手をかまれる夢を見た。手のひらの皮がペロリとめくれてクレーターのようなものができているが、血は一滴も出ていない。痛みもない。 午前中は喘息の定期検診のために…

悪夢と打ち消すもの

詳しい描写はしたくないのだが、とんでもない悪夢で夜中に目が覚めた。最近の心理状況、お箸を買ったこと、小山田浩子の新作短篇を読んだこと、などが影響していると思う。しばらく眠れず。 五時四十五分起床。曇天。しかし時折、陽が差し込む。昨日よりはや…

鉛筆の意外

五時四十五分起床。今朝も涼しいが寝相は熱帯夜の頃とさほど変わらないようで、布団がドリル状になっていた。 左人差し指の絆創膏を取り替える。痛みは微かに残っている程度。 仕事。某案件のリーフレット。先日作業したポスターと連動した内容なのだが、よ…

そうか、指を

五時四十五分起床。曇天。だが、時折鋭い夏の日差しがベランダから差し込む。コジコジも葵も機嫌がいい。ぼくはなぜかいつもより身支度がもたついている。そうか、指をケガしているからか、と気づいたのは朝食が終わった頃だ。傷口、時々ひらいているようだ…

夏の燠火

五時四十五分起床。蒸し暑い。カラダの奥のほうに燠火のように残っていた真夏の熱が、残暑の暑さと湿度に刺激されてふたたび熱をもちはじめた。そんな感じだ。 日中はひたすらぐっちゃぐちゃになっていたMacのデータ整理。ようやく環境が整ったので、夕方か…

地震

北海道地震の被災者の皆様、お見舞い申し上げます。 明け方から驚いた。が、ここまでの被害があるとも思っていなかった。 仕事。午後は新宿で打ち合わせ。人と会うたびに、地震のことが話題になり、台風や豪雨のことも話題になる。そして嘆く。だが、すぐに…

千切れ千切れ

五時四十五分起床。明け方まで雨が降っていたらしい。台風一過。路面には細かなゴミや木の枝葉が散っているが、この程度で済んでいることに感謝すべき。被害を受けた方、お見舞い申し上げます。 仕事。部屋の中も暑い。 夕方、一時間ほどウォーキング。夕方…

災害の既視感

五時四十五分起床。台風が接近。幸い、外出の予定はないので書斎にこもってあれこれ作業。取引先からの連絡は不思議になるほど少ない。みな、台風の接近に声をひそめているのか。ベランダの日除けシートを取り外し、植木を片付けた。 夕方ごろには仕事が落ち…

夕立

五時四十五分起床。今朝もパジャマをじっとり重たく濡らす寝汗が耐えがたく、朝風呂に入る。 仕事。来週納品予定だった某案件をさっさと済ませてしまう。 午後は後楽園で打ち合わせ。帰りがけ、夕立。だが二十分ほどですっかりやんだ。湿度が上がったのか、…

狂った果実

五時四十分起床。ひどい寝汗。気温より湿度にカラダがやられている。こんな状態でトイレに入ると、上半身を濡らしているのは汗ではなくて尿だったのではないかと、つい理不尽な想像をしてしまう。 仕事。午前中で某案件を終わらせる。午後は予定していた別の…

ハリがなくなる

五時四十五分起床。気温はそれほど高くなさそうだが、昨日の雷雨の名残なのか、蒸し暑い朝。曇天。 終日、書斎にこもって仕事。葵、ウェットのフードばかり食べている。栄養バランスのいいドライフードにほとんど口を付けない。困った。でもまあ、食べるだろ…

夜は秋の虫の声

六時起床。暑くなるという気配が朝から濃厚。空の色が、すでに暑い。青という清涼感を感じるはずの色から熱を感じるということの、異常さ。色彩の無意識的な印象ではなく、「夏の空の青〜夏の暑さ」という勝手な連想を瞬時に行っているからではあるのだが。 …

脂の日

五時三十分、目が覚めてしまう。暑い。全身が脂っぽい。昨夜、イベリコ豚を食べたからか。イタリアンでではなく、自宅で、スーパーで買った精肉を調理して、であるが。 昨日は頻繁に電話が鳴りメールも次々と届き、腰を据えて作業できなかったが、今日は一転…

ちょっかい

五時四十五分起床。血圧低め。だが、朝から酷暑の気配。今朝も、風呂で冷たいシャワーを浴びた。 ようやく、修理に出していたミーレの掃除機が返却された。問題なく動く。軽いトラブルはあったが、ひとまずサービスセンターにお礼のメールを入れておいた。 …

壊れた掃除機と毒蝮

五時四十五分起床。曇りがちだが青空も覗く曖昧な空。昨日までの秋めいた雲はほぼ姿を消し、真夏の入道雲とまではいかないが、妙にメリハリの効いた白雲が大きく浮かぶ。 7月25日頃、故障した掃除機を修理に出したのだが、一週間前後で完了すると言われてい…

真相は気管支

五時四十五分起床。曇天。マンションのファサードまでゴミ出しに行ったらにわか雨に降られた。 足の痛みはかなりなくなってきたのだが、まだ微かに、しぶとく残っている。もちろん日常生活に支障はない。だが、走れないのはストレスだ。 八時半、仕事開始。…

藤田嗣治展へ

五時四十五分起床。空気のじっとり湿った感覚はなく、気温もさほど高くない、さわやかな朝。いくぶん風が強い。空を見上げると、雲が秋のかたちをしていた。積乱雲が見あたらない。かすれるように薄い雲が横長に、千切れ千切れに広がっている。 午前中は仕事…

一周忌/さよならアトム

五時四十五分起床。去年の今日、六時四十五分に麦次郎は亡くなった。夫婦二人で弔おうと思ったが、ちょうどそのタイミングで葵がウンコとオシッコをした。 日中は仕事。午後はポッカリ空くかなと思ったら、全然そんなことはなかった。一日中、某案件にアタマ…

バリバリという擬音

五時四十五分起床。右足首から甲にかけてが痛んでいる。かなりよくなっていたのだが、ここに来て悪化だ。ただし歩行には一切支障がない。寝起きや仕事中、長く歩いた後など、足を動かしていない時のほうが痛む。朝イチである程度仕事を済ませてから、近所の…

どうなるぼんしいく

麦次郎の命日が近づいている。一周忌か。五時四十五分起床。 妻は相模大野へ。ぼくは日曜だが仕事。某クライアントのポスター。 十一時、西荻窪駅前へ買い出しに出かける。夏休みだからだろうか、家の近所は笑えるくらい人がいなかったが、駅前はそうでもな…

藤田嗣治と湯葉コロッケとか

五時四十五分起床。寝汗。暑かったのだろか。実感はあまりない。だが身支度をしているうちにどんどん気温は上がっているようで、少しずつ、だが確実に汗の量は増えていく。 妻は相模大野の犬猫催事へ。ぼくは残って掃除、仕事。資料が足りないことに気づき、…

『孤独の発明』と『今夜はひとりぼっちかい?』

五時四十五分起床。台風は過ぎたようだ。直撃の怖れあり、上陸の怖れあり、と報じていたが、どうやら直撃も上陸もせず、千葉から茨城の海を抜けて東北に向かっているらしい。どういうわけか、安堵した、とは言えないし、言いたくもない。 妻は相模大野の犬猫…

気まぐれに

五時四十五分起床。雨。気まぐれに降ったりやんだりを繰り返しているが、明日は途切れない雨が延々と降りつづけ、雨足も少しずつ強まっていくのだろう。雨のおかげか、いくぶん涼しい。しかし部屋の中には酷暑の熱がしぶとく居残っているようで、汗こそかか…

半裸で猫と

六時起床。今朝も酷暑の予感。ベランダの植物にあげた水が瞬時に蒸発する。 朝から仕事。昨日の案件のつづきだ。午前中いっぱいてこずりつづけたが、午後からはスピードが上がってきた。 十七時、業務終了。スーパーで特価で買ったエクレアで休憩。その後は…

無駄な増殖

六時起床。今日も酷暑。午前中、念入りに掃除をするが掃除機が壊れていてコードレスを使っているからバッテリーが持たない。 昨日、吉祥寺で買った無添加のパンで昼食。ハムやチーズやかいわれを挟んで楽しんだ。 午後は仕事。某クライアントのパンフレット…

009のように

五時四十五分起床。髪の毛がサイボーグ009のように跳ねている。かっこいい。でも、直した。そもそもぼくが髪を長めにしているのは、009の影響も少しだけあるんだよね。あと、デイヴィッド・シルヴィアン。一番の理由は、短髪が似合わないってことだけどさ。 …

醤油を忘れて

五時四十五分起床。暑い。葵は朝から窓を開けろ外を見せろとうるさい。 仕事。某案件の構成案。昨日の外出の際の暑さが体の芯のあたりにしぶとく残っているような感覚。集中力が暑さで途切れる。 夕方、久々に接骨院へ。 夕食はゴーヤチャンプルを食べた。仕…