読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

仕事

目に見えぬ存在に

ここ数日、四時半だの五時だの、やや早めに目が覚めている。二時、三時ごろに目が覚めてしまうこともある。花子にごはんを与えたり、花子に無理やり起こされていた時間であることに気づき、ああ、命日も近いしな、と納得した。目に見えぬ存在に起こされてい…

鰻牡蠣卵

五時四十五分起床。あたたかい。おまけに仕事は余裕がある状態。だが、だからといって身支度が変わるわけではない。むしろ、暖かさに気分をよくした麦次郎が何度も何度も外へ出せとうるさくなる。コジコジも少しテンションが高いかもしれない。高い声でよく…

経過観察

五時三十分起床。麦次郎が朝からトイレの外にウンコをこぼしていた。コジコジは問題ないかな。 朝イチで慶應病院へ。先日のMRIとエコーの結果。結局所見なし、経過観察ということになった。血管の老化もない状態だから疾患が起こるほうがおかしい、というよ…

発作/かわいい猫の箱

今朝も五時四十五分起床。いつも通りの冬の朝。 うどんで昼食。 午後、麦次郎がリビングで雄叫びをあげている。鳴き方がおかしいのでかけつけると、癲癇の発作を起こしていた。トイレに入ろうとする瞬間のことだったようだ。トイレの入口に敷いておいたペッ…

二度ほど不意打ちで

四時、不意に目が覚めた。早めに寝た分だけ早めに目が覚めたのか。部屋は冷え切って寒い。強い尿意。目覚めた原因はこれなのだろう。起き上がる。目まいのようなものも頭痛も、もう感じない。 六時十五分起床。早朝から麦次郎がゲロ。妻と二人で始末に追われ…

重く降る雪と雨とを

五時四十五分起床。インフルに感染していた妻がかなり回復してきた。ひとまず安心。 みぞれ。麦次郎を外廊下に出し、重く降る雪と雨とを、しばらく眺めさせた。 コジコジのカゴ掃除。イライラしていたようで、指先を噛まれた。 終日書斎にこもって仕事。 昼…

テンパった話

五時四十五分起床。猫元気、トリ元気。 妻、インフルエンザだが高熱にならない。早期に病院に行けたからだろう。 仕事。ぼくはインフルエンザにかかりにくい体質らしいのだが(生まれてこのかた、一度もかかったことがない)、今回は風邪は引いているようで…

今日は短め

五時四十五分起床。猫もインコも元気。 仕事。日中は多少余裕があったのだが、夕方ごろから慌ただしくなってきた。おまけに妻がインフルでダウン。ありゃま。 明日は上野松坂屋の猫イベントの撤収、代理でやらなきゃ。 ↓フライングで届いた。 群像 2017年 03…

しゃらくせえ

今朝も五時四十五分起床。珍しく麦次郎がまったく騒がない。具合が悪いわけではなさそうだ。よく食べている。コジコジも問題なし。 妻は今日も上野松坂屋へ。ぼくは午前中は掃除と買い出し。七分づき米に雑穀と発芽米を混ぜて炊いたよくわからんゴハンを無塩…

さむくない/昭和のバーゲンのように

五時四十分起床。サムイという三文字しか口から出てこない、そんな冷えっぷりに辟易していたのだが、それはどうやら錯覚というか思い込みのようで、布団から抜け出すと、体は冷えに縮こまることもなく意外に自由に動き、意識はしゃっきり、気分も重く冷たく…

今日の事件簿

時間圧縮事件 ぽろぽろととどきはじめ事件 クリームシチューじゃがいもごろり事件 黒缶まるっと空け事件 キッチンぴよぴよ小松菜事件(もはや習慣) 福が売れた事件 松坂屋いい感じ事件

ヒモ/ケロリ

五時三十分起床。妻が今日から上野松坂屋で催事なので、つられて早起き。 麦次郎、ちょっと食欲が落ちている。だが、好きなゴハンじゃなかったからだ。コジコジは問題ない。 八時三十分、妻は上野へ。ぼくは例によってヒモになった気分で見送り、書斎で仕事…

ふたたび、みたびと

五時四十五分起床。例によって朝から麦次郎が外に出せと騒ぐ。しかし冬らしい寒さと風の強さは、二十歳の猫には心配なので、出してもすぐに引っ込めてしまう。すると欲求不満になる。さほど時間の経たぬうちに、ふたたび、みたびと騒ぎはじめる。 コジコジは…

今日の事件簿

麦次郎そこそこうるさい事件 コジコジいちご食べ損ない事件 そりゃそうですよ事件 やっぱり戻した事件 さつまいもと蒸しパン、アンコ入り事件 プログラムバイクは偉大だ事件 暑すぎて上着脱いだよ事件 グッドタイミング事件 小さい電卓は使いにくい事件 CA…

うるさいジジイ猫

六時十五分起床。なぜだか妙に寒い。気温が低いわけでも風邪を引いたわけでもなさそうだ。空腹で代謝が落ちたのか。よくわからない。朝食は玄米もちを入れた汁粉を食べた。 コジコジも麦次郎もいつも通り。 午前中は麦次郎を病院へ連れて行く。健康診断、と…

小指大のゆるめのウ

六時十五分起床。 午前中は念入りに掃除。麦次郎が何度も外に出せと今日もうるさい。が、ちょっと様子がおかしい。何度もトイレに入っては、、少し苦しそうなそぶりを見せ、すぐに出てくる、というルーチン。これは膀胱炎か、と警戒したが、その後小指大のゆ…

脳味噌は今日も

五時四十五分起床。旅の夢をみたような気がするが、内容は例によって思い出せない。 今朝も朝から麦次郎は大騒ぎしている。外に出せば落ち着くのだが、それを繰り替えされてしまう。コジコジはクソ寒いというのにカゴ掃除中に水を使ったらそこに突っ込んでき…

スッタカタッタッタ、と

五時四十五分起床。さっさと身支度や動物たちの世話や朝食を済ませ、さて仕事に取り掛かろうとしたところ、愛用のブレスレットのゴムがプチリと切れた。一年近く交換しなかったので劣化していたのだとは思うが、ここ数日、というか数週間、コジコジがやたら…

氷のように冷たく

五時四十五分起床。朝一番で、ボロボロになったブリジストンの一万五千円のママチャリと、耐用時間を二倍くらい超えて使っていたアルインコのエアロバイクの二つを粗大ゴミに出した。寒い。風も強い。エアロバイクのボディが氷のように冷たくなり、抱えて運…

ブラックアウト

六時十五分起床。血圧が異様に上がってしまっている。昨日の551の肉まんか。 猫元気。トリ元気。 仕事。最近時折Mac miniの調子が悪くなることがあるなあ、と思っていたら、接続しているThunderbolt Displayのケーブルの外側のビニールが裂けていた。一部が…

全部もらいもの

六時十五分起床。空腹をガマンしながら身支度。麦次郎、おしっこを盛大に猫トイレの外にこぼしていた。ウンコもしていて、トイレの内外が排泄物で騒然としている。が、いつものことなので、いつものように片付け、清める。コジコジはカゴを洗った。ベランダ…

ちょっと怖くなった。

五時十五分に目が覚めてしまった。寝付きは妻が呆れるほど早いのだが、多忙になると短時間で目が覚める傾向がより強まってくる。一気に奈落に落ち、一気に浮遊する。そんな、慌ただしい眠りなのだろう。余裕のなさにわれながら呆れる。とはいえ、目覚ましを…

覚えていない、思い出せない/四十人待ち

五時三十分起床。緊張感で自然に目覚めた、という感じ。そのわりには寒さに負けて布団の中で数分ではあるがグズグズしていたのだから情けない。 身支度、コジコジのカゴ掃除、麦次郎の朝ゴハンとトイレ始末をさっさと済ませ、自分の朝食のフルグラをかき込む…

いや、実際は、いや、実際の実際は

六時三十分起床。いや、実際は六時前に目が覚めたが、寒くて布団から出られず。いや、実際の実際はトイレにために一度布団から出たのだが、小便を済ませるや否や、ふたたび潜り込んでしまった。やっとの思いで抜け出すと、麦次郎が大量のおしっことウンコを…

謎の足

五時四十五分起床。左足のふくらはぎの下が痛む。それにつられてふくらはぎ全体が痛む。ウォーミングアップもストレッチもしているのに、痛んだ。ちょっとイヤな感じなので、足をかばいつつ、スポーツ外来のある整形外科へ。先生、触診するやいなや「筋肉や…

いちばん楽しい

五時四十五分起床。暖かい。冬将軍は今日まで冬休み、と天気予報で男性予報士が言っていた。一瞬理解できなかったものの、わかった途端に、うまいこと言うな、と思った。 麦次郎もコジコジも好調。 仕事。朝イチで仕事用Macの環境を整理しなおす。古いままだ…

幻想の休日

五時四十五分起床。三連休のおかげですでに冬休み、もういくつ寝るとなんちゃらほい、という感覚なのだが、仕事をはじめるとそんなものは幻想に過ぎず、これから冬休みがやって来るということもまた幻想、あるいは勘違い、そんな気分になってくる。 昨日の発…

冬至なのに

三時、iPhoneでも受けられるようにしている仕事のメールの受信音で目が覚める。その後、脳が興奮したのか三十分くらいだろうか、眠れず。 五時半、麦次郎のゲロで目が覚める。夫婦二人で片付け、三十分。そのまま起床し、身支度をはじめた。コジコジはいつも…

行きつ戻りつ

五時四十五分、朦朧としながら日課の血圧測定。10km以上のランニングをした翌朝は過剰なくらい数値が下がるのだが、今朝は、あれ、という程度だった。不思議だ。 最近ほとんど失敗していない麦次郎のシッコウンコを片付け、コジコジのカゴを掃除してから仕事…

日差しのせいだろうか

六時十五分起床。十二月だが小春日和という言葉をつい使いたくなる。暖かな日差しに刺激を受けたか、麦次郎が外に出たがっている。コジコジはそういった欲求はほとんどないようだ。とはいえ、日差しが明るければキゲンはよくなる。だからといってわがままを…

捕食に忙しい

五時四十五分起床。身支度、猫とインコの世話(麦次郎はシッコもウンコも快調、コジコジは体重が高め安定。求愛ゲロは相変わらず)を早々に済ませ、午前中は延々と、大掃除もとい引越さながら手間と勢いで、書斎と玄関を片付ける。今日は六年近く使ったキヤ…

激しく怒られた

五時四十五分起床。ゴミを捨てに外へ出ると、大きな黄色い月が家々の屋根に沈みかけていた。 麦次郎もコジコジもいつもと変わらず。 仕事。昨日、比較的苦戦した某案件の構成案とコピーを朝イチで確認してから納品。 十一時過ぎ、整骨院でアキレス腱の治療。…

ややこしいが、いい感じ

みんなで海に行く。だから海に着く前に、路地で海パンを履いておこう。そんな夢で目が覚めた。五時。二度寝して五時四十五分起床。 早朝からせっせと仕事。某案件の企画書。多忙さと混乱からは脱しつつある。 コジコジのカゴ掃除。止まり木にかけた大量の求…

出る猫、汚れる鳥

五時四十五分起床。かすかな寒さと尾を引く眠気。 麦次郎、朝から大騒ぎをしている。予報では午後から雨だが午前中は不思議と、断片的ではあるが雲が途切れて明るく陽が差す。朝日の明るさに刺激され、外に出たい気分になるらしい。だっこして、ちょっとだけ…

今日の無事件簿

猫もインコもいつもどおり快調事件(インコは相変わらずキタナイ顔してるけど) 家から出てないや事件 仕事しかしてないや事件 そのかわり仕事は大きく動いたよ事件

すだちとゆず

五時四十五分、麦次郎に叩き起こされた。ウンコとシッコを片付けろ、そしてゴハンを出せ、と命じられている。元気な頃の花子のような傍若無人ぶりに、従順に従った。 少し二度寝して六時三十分起床。 日曜だが朝から仕事。某案件の企画をここ数日延々と考え…

快調だったが

五時四十五分起床。猫元気、トリ元気、だがミカンで顔が汚れてキタナイ。 晴れ。季節外れの暖かさ。仕事。 夜、ランニングへ。スピードは故障以前にかなり戻ってきた。快調に7km。だが途中で腹痛。コンビニに駆け込むという事態に。まだおかしな感じなのでも…

シッコとウンコとゲロの朝

五時四十五分起床。晴れ。朝のうちはおだやかだったが次第に風が強まり、北風が黄色く染まったイチョウの葉を激しく散らかしている。 朝は麦次郎がシッコ大失敗していてペットシーツを片付けたらウンコしはじめたがどうやら糞詰まりのようでウンコがちゃんと…

しつこい空気

五時四十五分起床。湿った空気が妙に暖かで、桜が散る頃の雨を彷彿とさせる朝。寒さからつかの間解放されている心地よさが、その湿った空気とともに、いや、その空気が心地よさを与えてくれているのかもしれないが、とにかくそれが、体の表面にややしつこく…

ぽつり、ぽつりと

六時十五分起床。ふくらはぎが張っている。膝から下が自分の肉体とは思えないような感覚。昨日、ドクターマーチンで用賀から世田谷美術館まで、往復合計30分歩いたのが堪えたか。 日中はひたすら仕事。麦次郎は例によってゴキゲンに寝ている。コジコジはみか…

目覚めの第一声

五時四十五分起床。目覚めての第一声が「寒い」の独り言になってしまっている。だが布団から抜け出してみればそんなことはまったくない。体が燃焼をはじめるのか、それとも一気に気温が上がっていくのか。 仕事。某案件のカスタマージャーニー作成。 麦次郎…

トミー・ジョン

今朝も五時四十五分起床。 麦次郎、きちんとおしっこもウンコもできている、と安心して朝食のフルグラを食べていたら、その横でおしっこ全こぼしをやらかした。もちろん怒らない。これがわが家の場合の猫の加齢に対する対処だからだ。しゃがんでの排尿が難し…

三毛猫珈琲の味わい

六時十五分起床。曇天。背中と首の痛みはかなりよくなっている。アキレス腱の痛みもない。猫もインコも快調。 日曜だがいつものように仕事。妻は個展会場へ。 夕方は雨というので、昼食後に散歩へ。小一時間、軽く汗ばむ感じ。案の定、家に着く数分前に雨が…

再開

六時十五分起床。晴れ。背中の痛みはかなり引いているが、まだ若干しんどい。それでも洗顔や猫のゴハンの用意、インコのカゴ掃除に支障はない。麦次郎はゴキゲンそうだし、コジコジも全然怒らない。麦次郎、テニスボールが嫌いなことが判明した。 八時三十分…

猫もじもじ

五時四十五分起床。冷え、そして突風。早朝からの木枯らしか。だがわが家の動物たちは体調を崩したりはしていないようだ。麦次郎はいつもの場所でいつものようにコロンと転がっているし、コジコジは早くカゴ掃除をしろ、そしてゴハンをくれ、と騒いでいる。 …

デブまっしぐら、ではない

五時四十五分起床。眠い。だがすぐに目は覚めた。 麦次郎はウンコがきちんと出ているのに、出ません出ませんと主張し、トイレ以外の場所でもきばろうとする。そしてそこで出してしまった。間一髪、床に落ちる前にペットシーツでキャッチできたが。コジコジは…

ささやか⇔つまらない

六時三十分起床。篠突く雨。晩秋に激しい雨が降るとたちまち自分の中の季節感が狂う。狂気と呼ぶにはささやかすぎて、笑い飛ばすにはつまらなすぎる。 コジコジのカゴを水で洗う。めちゃくちゃ怒られ、指を強くかまれた。キゲンがいいときと悪いときの差が激…

老猫を飼うとはこういうことなのだ

今朝も五時四十五分起床。猫元気、インコ元気。 急に仕事が立て込みはじめたのだが、使い捨てコンタクトレンズが足りない、髪の毛が伸びすぎてちょっとまずい、とあれこれ問題が生じていたので、午後は思い切って髪を切り、その後コンタクトを買いに行った。…

時折の色彩

五時四十分起床。昨夜の念入りな筋膜リリースのせいだろうか、朝一番の尿ががっつりした褐色でびっくりした。麦次郎の尿は問題ない。コジコジは尿は糞といっしょにする。糞も尿も問題ない。 篠突く雨。冬の雨。 仕事。某案件のコピーと企画アイデア。うーむ…

逆流性

五時四十五分起床。起きたというのに猛烈な睡魔。まだ脳も身体も寝ているということなのだろうが、意識だけはかろうじて起きている。 いつも通り麦次郎のトイレ片付け、ゴハン、そしてコジコジのカゴ掃除とゴハン。麦次郎はびっくりするくらい問題がない。ホ…