読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

快調だったが

五時四十五分起床。猫元気、トリ元気、だがミカンで顔が汚れてキタナイ。 晴れ。季節外れの暖かさ。仕事。 夜、ランニングへ。スピードは故障以前にかなり戻ってきた。快調に7km。だが途中で腹痛。コンビニに駆け込むという事態に。まだおかしな感じなのでも…

シッコとウンコとゲロの朝

五時四十五分起床。晴れ。朝のうちはおだやかだったが次第に風が強まり、北風が黄色く染まったイチョウの葉を激しく散らかしている。 朝は麦次郎がシッコ大失敗していてペットシーツを片付けたらウンコしはじめたがどうやら糞詰まりのようでウンコがちゃんと…

しつこい空気

五時四十五分起床。湿った空気が妙に暖かで、桜が散る頃の雨を彷彿とさせる朝。寒さからつかの間解放されている心地よさが、その湿った空気とともに、いや、その空気が心地よさを与えてくれているのかもしれないが、とにかくそれが、体の表面にややしつこく…

ぽつり、ぽつりと

六時十五分起床。ふくらはぎが張っている。膝から下が自分の肉体とは思えないような感覚。昨日、ドクターマーチンで用賀から世田谷美術館まで、往復合計30分歩いたのが堪えたか。 日中はひたすら仕事。麦次郎は例によってゴキゲンに寝ている。コジコジはみか…

目覚めの第一声

五時四十五分起床。目覚めての第一声が「寒い」の独り言になってしまっている。だが布団から抜け出してみればそんなことはまったくない。体が燃焼をはじめるのか、それとも一気に気温が上がっていくのか。 仕事。某案件のカスタマージャーニー作成。 麦次郎…

トミー・ジョン

今朝も五時四十五分起床。 麦次郎、きちんとおしっこもウンコもできている、と安心して朝食のフルグラを食べていたら、その横でおしっこ全こぼしをやらかした。もちろん怒らない。これがわが家の場合の猫の加齢に対する対処だからだ。しゃがんでの排尿が難し…

三毛猫珈琲の味わい

六時十五分起床。曇天。背中と首の痛みはかなりよくなっている。アキレス腱の痛みもない。猫もインコも快調。 日曜だがいつものように仕事。妻は個展会場へ。 夕方は雨というので、昼食後に散歩へ。小一時間、軽く汗ばむ感じ。案の定、家に着く数分前に雨が…

再開

六時十五分起床。晴れ。背中の痛みはかなり引いているが、まだ若干しんどい。それでも洗顔や猫のゴハンの用意、インコのカゴ掃除に支障はない。麦次郎はゴキゲンそうだし、コジコジも全然怒らない。麦次郎、テニスボールが嫌いなことが判明した。 八時三十分…

猫もじもじ

五時四十五分起床。冷え、そして突風。早朝からの木枯らしか。だがわが家の動物たちは体調を崩したりはしていないようだ。麦次郎はいつもの場所でいつものようにコロンと転がっているし、コジコジは早くカゴ掃除をしろ、そしてゴハンをくれ、と騒いでいる。 …

デブまっしぐら、ではない

五時四十五分起床。眠い。だがすぐに目は覚めた。 麦次郎はウンコがきちんと出ているのに、出ません出ませんと主張し、トイレ以外の場所でもきばろうとする。そしてそこで出してしまった。間一髪、床に落ちる前にペットシーツでキャッチできたが。コジコジは…

ささやか⇔つまらない

六時三十分起床。篠突く雨。晩秋に激しい雨が降るとたちまち自分の中の季節感が狂う。狂気と呼ぶにはささやかすぎて、笑い飛ばすにはつまらなすぎる。 コジコジのカゴを水で洗う。めちゃくちゃ怒られ、指を強くかまれた。キゲンがいいときと悪いときの差が激…

老猫を飼うとはこういうことなのだ

今朝も五時四十五分起床。猫元気、インコ元気。 急に仕事が立て込みはじめたのだが、使い捨てコンタクトレンズが足りない、髪の毛が伸びすぎてちょっとまずい、とあれこれ問題が生じていたので、午後は思い切って髪を切り、その後コンタクトを買いに行った。…

時折の色彩

五時四十分起床。昨夜の念入りな筋膜リリースのせいだろうか、朝一番の尿ががっつりした褐色でびっくりした。麦次郎の尿は問題ない。コジコジは尿は糞といっしょにする。糞も尿も問題ない。 篠突く雨。冬の雨。 仕事。某案件のコピーと企画アイデア。うーむ…

逆流性

五時四十五分起床。起きたというのに猛烈な睡魔。まだ脳も身体も寝ているということなのだろうが、意識だけはかろうじて起きている。 いつも通り麦次郎のトイレ片付け、ゴハン、そしてコジコジのカゴ掃除とゴハン。麦次郎はびっくりするくらい問題がない。ホ…

タンクトップとホットパンツ

今朝も五時四十五分起床、だが明け方の冷え込みに反応して一時間ほど前に目が覚めてしまい、久々にエアコンを暖房として稼働させた。 麦次郎、油断していたらいつの間にかオシッコ。もちろん全こぼし。コジコジは異様に機嫌が悪い。指を出すと噛まれる。だが…

目を細める

五時四十五分起床。布団に入り、一瞬のうちにこの時間になっていた。かなり深く寝たようだが、眠った気がしないのはなぜだろう。 麦次郎にゴハン。よく食べている。朝から外に出せとうるさい。だっこして外廊下から善福寺川を眺めさせる。カルガモやセキレイ…

なんだこりゃな果実

四時、尿意で目覚める。また長い小便。放尿中に眠らないよう気をつけた。麦次郎が起きていたのでゴハンを与える。 五時四十五分起床。雨。冬めいた冷え込みだが、麦次郎は外に出ると言って聞かない。体温の低下が心配なので数分だけ出してあげた。 コジコジ…

ささりっぱ

五時四十五分起床。初冬を思わせる冷え込み。使っている布団はまだ秋のままだ。朝から震えるのはゴメンだから、と、布団を冬使用に変えた。 麦次郎、ここ数日快便がつづいている。いいことだ。コジコジはキゲンが悪い。換羽のせいだろうか。 仕事。午前中は…

それなら歩いた方がいい

五時四十五分起床。肌寒い。ゴミを捨てに外へ出ると、冬のはじまりを思わせる冷たい空気がしずかに周囲を覆っている。風はない。くずれて横へたなびくうろこ雲の様子から察するに、空ではそれなりの強い風があるのだろう。黄色い朝日はさほどまぶしくない。 …

こんなにあるのかよッ

無事平穏に六時三十分起床。曇天。時折晴れ間はのぞくが秋の心地よさを感じるほどではない。朝食、麦次郎のマッサージ、コジコジのカゴ掃除。動物たちはどちらも元気。 日曜だが仕事が間に合わなそうなので手を動かした。某案件の企画書。 十一時、荻窪八幡…

真夜中のトイレ掃除、その理由は極めて情けない

二時ごろだろうか、尿意をもよおし目を覚ます。トイレへ。自宅では小便は便座にこしかけてすることにしている。いつものようにズボンとパンツを降ろし、寝ぼけ眼で便座に座ったわけだが、放尿開始からどれくらいたってからか、といっても小便の時間なぞほん…

増えるカス、減る芯

五時四十五分起床。軽くのどが痛むが、風邪と言うほどではない。麦次郎とコジコジの体調は大丈夫そうだ。 仕事。某案件の構成案を送付してから、別の案件の企画書づくり。よくわからなくなり、おなじ部分を幾度も考え直した。増える消しゴムのカス、減る鉛筆…

混乱の痕跡

五時四十五分起床。睡眠のリズムが熟睡の域に入っていたようで、目を覚まし、身体を起こすということに軽く混乱。だが数秒すれば普通に戻る。ただし、混乱の痕跡だけは長く尾を引く。 仕事。某案件の構成案など。 麦次郎、今日はよく起きてウロウロしたり大…

その表情は明らかに

今朝も五時四十五分起床。早々に、麦次郎にゴハンを与える。だが食べない。ちらっとこちらを見ただけですぐに伏せてしまい、気持ちよさそうに眠りこけている。しかし気がつくと全部なくなっていた。コジコジは妙に大人しい。 夏日のような暑さ。ほぼ終日半袖…

厳しい目で見ると

五時四十五分起床。いつ降るか、と思わせる濃い灰色の空。天気が悪いせいか、コジコジは不機嫌。麦次郎はオシッコを盛大にこぼしたが、これは天気とは関係がない。 仕事。午前中は某案件のコピーの納品、つづいて別の案件の資料の読み込み。 午後は外出。品…

幻覚の小便

深夜の小便が習慣化しつつある。トイレに向かうのは一回だけ、頻尿ではない。だがその一回が、果てしなく長い。寝ぼけているから、一秒が一分、二分と長く感じているだけの話なのか、それとも本当に長いのか。時計を持ちこめば疑問は解消されるわけだが、頭…

猫の冬支度

五時四十五分起床。麦次郎、家の中が少しずつ冷え込みはじめているというのに、今なお一番涼しい廊下で一日を過ごしている。もっと暖かいリビングのカーペットの上に連れて行っても、五分で戻ってしまう。歳を取ると猫も人のようにガンコになるようだ。体調…

子どもからジジイへ

いつもどおり五時四十五分起床。曇天。ベランダの植物に朝イチで水をやる。カラッカラに乾いていた。乾燥しているのだろうか。 麦次郎、目を離したスキにウンコをし、トイレの外にこぼしていた。コジコジはゴハン入れのなかに、大量に吐き戻しをしていた。イ…

積極的休養

五時四十五分起床。昨日のランニングで踵が靴に擦れていたようで痛い。庇っていたらアキレス腱まで痛くなってきた。テーピングしておく。今週はランニングは週末(土曜日は健康診断でバリウム飲むから日曜日に白いウンコが出るまで、かな)お休みすることに…

ちんちんの角度

六時三十分起床。騒々しい雨音。善福寺川は大丈夫か、と少々不安になったがまったく問題なさそうだ。 麦次郎、ウンコしたあとにオシッコしたらウンコが邪魔だったせいだろう、ちんちんの角度がいつもより斜めになってしまったようで、ペットシーツを通り越し…

織田作之助とか泉鏡花とか与謝野晶子とか

今朝も五時四十五分起床。麦次郎もコジコジもいつもどおり、キゲンも体調もよい。 曇天。涼やかな秋の風。だが日中は今なお残暑を微かに引きずっている。 午後、後楽園にて打ち合わせ。その後池袋へ移動し、打ち合わせした案件の資料さがし。まず東急ハンズ…

もたもたの日

五時四十五分起床。学生時代の夢を見たが、細かなことは一切覚えていない。途切れた記憶をなんとかほじくりかえそうと思いつつ、もたもたと身支度をしていたら、麦次郎がおしっこを例によって全部猫トイレの外にこぼした。 夏日になるという。朝からその気配…

いつも通りに

五時四十五分起床。台風が近づいているが、関東への直撃はなさそうだ。東京はいつも通りのグレイスカイ。麦次郎はいつも通りオシッコをトイレの外にこぼし、コジコジはいつも通りゴハンをカゴの中にまき散らしている。 仕事。某案件の企画書を午後イチでまと…

火照

五時二十五分にオシッコで一度起き、ついでに麦次郎にごはんを与えてから二度寝し、六時起床。 比較的落ち着いた一日。電話もメールもほとんどなく、淡々と仕事をこなす。麦次郎、皮下輸液170cc。コジコジはいつもと変わらず、ご機嫌におしゃべりしている。 …

逆流性食道炎おっさんとと血尿猫

五時四十五分起床。逆流性食道炎気味。朝からオメプラールを服用するも、回復せず。「とと姉ちゃん」を見てからしばらく横になった。 麦次郎、また血尿。妻が採尿キットで尿をとり、すぐに動物病院へ。ぼくも逆流性食道炎が落ち着いたので一緒に出て、事務処…

彼岸過迄とはいかない

五時四十五分起床。ちょっと血圧が高めで焦る。 麦次郎、血尿は落ち着いたようだが、なんとなく不安定な気もする。彼岸過ぎだというのに異様な蒸し暑さで体調を軽く崩しているのかもしれない。コジコジは問題なし。 午前中はあれこれ雑務。 ヴィドフランスの…

壊れたケータイ

五時四十五分起床。麦次郎のしっこ、問題なさそうだ。ひとまず安心。暑いので少し食欲が落ちているのが気掛かり。コジコジは問題ない。 仕事はぽっかりと穴が空いたように谷間になっている。やるべきことも打ち合わせの予定もないので、今日は思い切ってオフ…

眠りつづける

五時四十五分起床。麦次郎、また血尿。ごく軽度ではあるのだが、つづいているので気になる。うまく採尿して病院にもっていかねば。コジコジは問題ない。いつもより元気なくらいだ。 午前中は事務処理のために銀行まわり。微かに花の香りが。キンモクセイが咲…

魚かぶり

山本耀司がわが家にやって来て、ぼくのワードローブをリメイクしてくれた。という夢を見た。五時四十五分起床。 水曜の夜、雨降りの中で長い距離を、しかもそこそこのスピードで走ったせいだろうか、前腿とアキレス腱が昨日から今一つ調子悪い。アキレス腱は…

じじくさいのではなく、じじい

五時四十五分起床。厚い雲が空を覆っているが雨が降りだす気配はない。麦次郎は調子がよさそうだ。大分涼しくなってきたのに、まだ体毛が白っぽいまま。じじくさい。ま、二十歳だからじじくさいというよりじじいそのものなのだが。皮下輸液170cc。 ↓耳の先、…

騒がしい濁流

五時四十五分起床。ひっきりなしにやって来る台風にうんざりしながら身支度。宮崎のほうではまた大変なことになっているらしい。去年の茨城の鬼怒川決壊を彷彿とさせる。いや、それより規模が大きいかもしれない。 大型の低気圧、麦次郎に影響があるのでは、…

回復力

五時五十分起床。朝から篠つく雨。善福寺川は大丈夫だろうか、と心配になるほどの激しさだが、動物たちは空模様など気にすることなくマッタリしている。コジコジ、あの出血がうそみたいに治ってしまっている。かさぶたすらない。恐るべき回復力。そのかわり…

暴力的でも威圧的でも破壊的でもないが

五時四十五分、アラームに叩き起こされる。iPhoneに収録されている木琴のメロディだ。暴力的でも威圧的でも破壊的でもないというのに、驚いて飛び起きた。眠りの深さの問題もあるのだろう。 曇天。だが雲に表情がある。 麦次郎、ウンコもシッコも成功。コジ…

いくつになっても空は読めない

六時三十分起床。雨音。強いが心配になるほどではない。窓越しに見る雨足もどこか軽い。むやみやたらと激しいだけの通り雨の音ではなく、空にしつこくへばりつき、延々と降らせる秋雨に思え、こりゃ終日この調子だろうな、ならば引きこもるか、と覚悟を決め…

失礼な目覚め

五時四十五分起床。麦次郎もコジコジも問題なし。 朝のうちは晴れた空が次第に重みを増し、突然の大雨、それがすぐにやみ、しとしと、小雨がつながっていく、といった気まぐれな降り方がだらだらとつづく。台風は温帯低気圧に変わったという。猛烈さは潜めた…

変化球に変える

五時四十五分起床。篠つく雨。終日の雨を覚悟したがあっという間に雨音は響かなくなり、コジコジのカゴ掃除と麦次郎の皮下輸液を済ませたころには青空が広がりはじめていた。とは言え雲は多く、気まぐれに陽が射したり曇ったり、空は曖昧な表情をだらだらと…

今日の事件簿

猫はおしっこ成功事件 人間もおしっこ成功事件(そのかわりなんだか回数が多い) 脱衣所ではやっぱり怒られる事件 静かなる仕事事件 茄子うめえ事件 外人は日本でハイテンション事件 瓦せんべいはもらえない事件 紙袋と同じ色の靴下事件 ブラジル的ネスプレ…

短い一日

五時四十五分起床。朝のうちは快晴。昨日発作を起こした麦次郎、今朝は嘘みたいにケロッとしている。むしろいつもよりテンションが高い。ウンコを猫トイレの外に全部こぼした。コジコジはちょっとキゲンが悪かったが、すぐに遊びはじめた。ただし、ちょっと…

久々の発作

六時三十分起床。篠突く雨、と思いきや、八時には小雨に変わり、陽が高くなるころにはすっかりやんだ。麦次郎はあいかわらずオシッコを失敗し、コジコジは天気の悪さを理由に悪態をつきまくる。カゴ掃除の際、外に出てこようとしなかった。ここまでキゲンが…

合計八粒ではじまる

六時三十分起床。晴れ。廊下にウンコが三粒。猫トイレのなかには五粒。合計八粒。トータルするとそれなりの量は出ているが、ひと粒ひと粒が石ころのように固い。ぺたんと潰れれば碁石になりそうだ。水分が足りないのか。 コジコジのカゴを掃除。晴れているせ…