わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

健康

瞳孔が戻るまで

五時四十五分起床。薄曇りの冬空。気温はさほど下がっておらず、風もない。 仕事が谷間になっているので、今日はかなり余裕がある。某案件の企画を仕上げてしまってからは、今週末に迎える猫のためにAmazonで購入した猫トイレや猫タワーの組み立てなどを、空…

フルグラから玄米へ

今朝も五時四十五分起床。朝からせっせと仕事。夜中に一度目が覚めたときに仕事のメールが来ていたのを確認していたから、早朝から仕事モード全開。 午後、小雨がぱらつく中、散歩を兼ねて郵便局とスーパーへ。気分転換してからまた集中。 夕食はブリを食べ…

仕事と黒酢

五時四十五分起床。寒いが頭が冴えている。寒いから冴えているのだろうか。しかし冴えているというのは感覚だけの話で、実際に鋭く素早く的確に物事を考えられているかどうかは別問題だ。曇天。 仕事。午後に夕食用の弁当を買いに行った以外は、書斎にこもっ…

D判定の日

五時四十五分起床。幾分緩んだ寒さにつられて、自分の気合いのほうも緩みはじめている。だが平日とおなじ時間に起きた。もっとも、身支度のペースは緩みの影響が強いようで、何かともたつく。 冬晴れというには少々早い気もするが、晴天。 午前中は掃除やら…

砂漠だの下痢だの

五時四十五分起床。草原の夢を見た。それ以上は覚えていない。昨夜、テレビでサハラ砂漠を見た反動だろうか。強い北風の音が壁越し窓越しに伝わってくる。夢と記憶と現実とが混乱し、ここがどこだかわからなくなってくる。 仕事。某案件の企画。考えれば考え…

効率化と下剤とカレンダー

六時三十分起床。午後から健康診断でバリウムを飲むから、ゴハンは食べられない。水だけ飲んで、少し仕事をする。 午後、高円寺の河北病院健診センターで健診。プログラムや進行体制が改善されたようで、いつも二時間から三時間かかる健診が、今日は一時間で…

方針を変える

六時起床。オフ。猫とインコの世話、読書など。実家から大量に野菜が届いた。 首の寝違えがかなりよくなったので、夜、短め・スローペースでランニングへ。しかし左足ふくらはぎ下が痛みだし、途中から歩くハメに。軽度の肉離れと見た。おそらく寝違えが完全…

突然の眼底

五時三十分起床。早く目が覚めるのは猫が大騒ぎするから、という場合が多いのだが、今朝は静かだ。とはいえ、やはり麦次郎が気になったが、いっこうに騒いでいる様子はない。いつもどおりの時間にごはんを与え、トイレの始末をした。コジコジは今朝も早くか…

回復の一日

六時十五分起床。風邪っぽさはかなり抜けているが、頭痛。風邪ではなく首の不調に由来しているのかもしれない。午前中は猫とインコの世話、そして掃除を済ませ、横になった。昼食後はたっぷりと睡眠。夜は一時間半かけてじっくりとストレッチした。これでか…

昼も夜も朝

六時三十分起床。健康診断なので何も食べられない。ひとまず水をたらふく飲んだ。 麦次郎、問題ナシ。コジコジ、カゴ掃除中ずっと暴れている。 晴天。この空のもと、今日は夫婦でバリウムを飲んで大きな機械に身体をグルグル回されることになる。 午後、高円…

ネギでの悶絶と猫の癲癇

五時四十分、目覚ましがなる五分前に目が覚めてしまったのは、ここ数日風邪を治すために睡眠時間を多めにとってばかりいるからだろうか。 熱はぶりかえしたりしていないようだ。喉の痛みはない。痰はよく絡んでいるようだが鬱陶しくなるほどではない。鼻は時…

伝染の休日

五時四十五分起床。熱は下がったが、咳、痰は残っている。胸の奥から静かに込み上げてくる咳。痰もその通り道のところどころにひっかかっているような。あくまで感覚だが。 金曜の午後、そして土曜と寝て過ごしたせいだろうか、日曜だが平日とおなじ時間に目…

テキスタイルの新鮮

水分を大量にとった記憶などないのに、三度もトイレに起きてしまった。昨夜の念入りなストレッチのせいで老廃物排泄モードのスイッチがオンになったのだろうか。それともただの膀胱炎か。炎症という感覚はない。わからない。 五時四十五分起床。ムラの強い曇…

居座る断片

六時三十分起床。喉の痛みはかなり緩和。発熱もしていない。 比較的おとなしめの麦次郎をさらになだめるように世話をしてから、掃除。朝のうちは曇っていた空が少しずつ晴れてゆくが、雲が消え去ったわけではないようだ。 半田手延べで昼食。 土曜ではあるが…

待合室の騒然

五時四十五分起床。ひどいノドの痛み。洗面後に体組成計に乗るのが日課なのだが、びっくりするくらい代謝が落ちている。ただし熱はない。朝食と麦次郎の世話(健康そうないいウンコをした)を済ませてから、かかりつけ医に電話して夕方に予約を取る。 麦次郎…

慣れない。情けない。

五時四十五分起床。 先日の健康診断、胃のレントゲン(バリウム)でひっかかってしまった。内視鏡検査、つまり胃カメラによる精密検査が必要という。こんな時期ではあるが年を越してからの精密検査では心配なので予約してしまった。八時受付、八時三十分検査…

自分のペースでいい

六時十五分起床。頭痛。昨夜とほとんど変わらない、左後頭部だけが締めつけられる感覚がしぶとく、ふてぶてしく残る。 ぷちぷち、ぼくの前では元気はあるのだが、目を離すとじっとしてしまう。空元気ってヤツだろうか。セキセイインコは体調が悪くても飼い主…

花子の誕生日/それは水物に近い

花子の誕生日。残念ながら二月にあっちの世界へ旅立ってしまったけれど(でもまだこっちに残っていて、時折麦次郎の体を借りて大騒ぎしているような気がする)、元気でいてくれれば、今日で二十歳になっていた。タラレバでモノゴトを考えるのはよくないと思…

最低記録を更新したかもしれません

六時三十分起床。一時期、高血圧気味だったことがある。以降、毎朝血圧を測るようにとかかりつけ医から指導されているのを、クソまじめにもう三年くらいつづけているのだが、10km以上走った翌朝は必ず笑えるくらい血圧が下がる。今朝は95-58という驚異的な低…

ピーな朝

五時四十五分起床。寝冷えしたのか、午前中は下痢に悩まされた。ヨーグルトを大量摂取し白湯を何度か飲んだら落ち着いた。昼食は念のため柔らかめに炊いたごはんと梅干しだけにしておいた。 十三時三十分、税理士の事務所へ。事務手続きではなく、某案件のた…

対象としての季節/長靴の男子

五時四十五分起床。篠つく雨。暴れるのではなく、ストイックにまっすぐ、最短距離で降ってくる。規律正しい雨粒の大群が急降下しつづけているようなイメージ、と書くと情緒もクソもない。夏の終わりの雨は、降り方に関わらずさみしいものだというのに。麦次…

決壊と夏やせ

六時起床。昨夜は善福寺川が決壊寸前になり、マンション前に土嚢を積むべきかでちょっと迷ったのだが、結局積まなくても大丈夫ではあった。その睡眠不足か、寝起きはよくない。だが、起きてしまえばおなじだ。いつもとおなじことをする。 朝晩、体組成を計測…

肺に溜まる膿/ど根性の記憶はバレンタイン

六時起床。梅雨の中休み、二日目。梅雨明けを錯覚させる青空。昨日の頭痛はほぼ消えたが、二日酔いのようなだるさ。特に下半身が重い。頭痛に耐えるために、変なところで力んでいたか。 掃除、早めの昼食を済ませ、中央線、湘南新宿ラインと乗り継いで古河へ…

遠近両用のワナ

五時二十五分起床。午前中は仕事。午後はぽっかり空いたので使い捨てコンタクトレンズを買いに吉祥寺へ。最近微妙に老眼気味なので遠近両用タイプを試用。店では調子よかったのでそのまま注文する。試用品を付けたまま帰ったところ、最初は調子よかったが次…

発作の日

六時十五分起床。喘息発作。軽度だが、大事を取って終日安静にしていることに。ひたすら眠りつづけた。肺炎で入院中の父親の見舞いは来週にすることに。まあ、心配なさそうだし。

ウニモグの休日

五時三十分起床。先日吐いてから、ずっとのどが痛い。胃酸でやられっぱなしということか。 午前中は朝イチで某案件の修正を済ませてから、喘息の定期検診のために近所のクリニックへ。週末に吐いたことと咽喉が痛むことを伝える。診察の結果、おそらく軽く風…

いつもより念入りに

六時起床。夢のなかでも仕事をしていたようだが、詳細はいつものごとく、さっぱり思い出せない。夢メモには「飲食業界」としか書いていなかった。 八時半、仕事を始めようとするも、なぜか疲れと眠気にドドドッと襲われ、気がつくと三十分が過ぎていた。寝て…

なんだけどなあ

五時四十五分起床。曇天。麦次郎が朝から糞づまって困っているようだ。 仕事。依頼が殺到しすぎている。ありがたいが、うまく時間配分しないと締め切りまでにアップできない。緊張の連続。 パンで昼食。 午後も書斎に引きこもる。 十八時、喘息の検診のため…

こむら返りの効能

四時、激痛で目が覚める。いや、違う。夢から覚めた途端に激痛が走った。右のふくらはぎ。こむら返りだ。いわゆる「足がつった」のふくらはぎ版だと思うが、痛みがハンパじゃない。状態を起こしてつま先を握り、ぐいぐいと腱と筋肉を伸ばしたが、痙攣したよ…

食べられないオマケ

五時四十五分起床。朝から麦次郎が肛門に詰まったウンコをカーペットになすりつけ、ついでにゲロを吐いた。花子が生きていたら、騒々しいヤツだと呆れているだろう。 目覚めてすぐは曇りがちだった空が、八時頃にはすっきりと晴れはじめた。だが昼に近づくに…