わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

文学論

佐々木敦「新・私小説論(10) 「一人称」の発見まで(承前)」

「群像」2016年12月号掲載。まだ12月号を読み切れてないんだよね。 日本語は主語を省略できるという特性があるが、ゆえに日本文学には「人称」という概念はないのではないか、という仮説のもと、係助詞「は」と格助詞「が」の違いなどを、金谷武洋、三上章と…

後藤明生「イエス=ジャーナリスト論、その他」

最後の未完長編『この人を見よ』の巻末に収録された文学論。おそらく何かの講演、あるいはインタビューが元ネタ。1999年初出らしい。 大半が芥川論。表題にあるイエス=ジャーナリスト論も芥川が言っていたことらしい。後藤明生は太宰より芥川の小説手法が好…