わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

日本文学

雨とレトルト

五時四十五分起床。いや、騒々しく響く雨音で五時に目が覚めた。マンションの裏手を流れる善福寺川が決壊するのではないか、と心配になるほどの降り方だったが、もちろんそんなものは杞憂だ。雨は新聞を取りに行く時間、六時半にはほぼやんでしまい、空は雲…

ひきずる体調、秋の雲

五時四十五分起床。昨夜の体調不良をまだ重くひきずっているようで、朝の身支度のすべてが緩慢になる。気分が悪いということはないが、体が重い。そういえば、昨夜は四度も小便で起きた。そして今朝は軽く下痢をしている。 曇天。空を覆う雲が微かに秋めいて…

出せない、出てくる

五時四十分起床。朝風呂を浴びる。空は曇りがちでそのせいか湿度は高く、気温は先週の猛暑ほどではないというのに、厳しい暑さという言葉をつい思い浮かべてしまう。 振替休日、世間は夏休みのようだが、仕事。某案件の構成とコピー。どこからもメールや電話…

マメ

五時四十分起床。今朝も寝汗がひどい。 仕事。某案件の構成とコピーをほぼ終日、黙々と。 夜、ランニングへ。先日ウォーキング用にと購入したGT-2000 NEW YORK 6がウォーキングよりランニングにいいのではないかと思い履いてみたのだが、1kmも走らないうちに…

変なスイッチ

四時、よくわからん夢と寝汗とで目が覚め、その後はうとうととまどろみはしたものの熟睡できず、結局アラームをセットした五時四十分より十分ほど早く起床。全身の不快感をどうにかしたくて朝風呂に入る。 晴れ。暑い。ゴミ出しをするときによく会う柴犬が、…

怖かった記憶が

六時起床。今朝も寝汗がひどい。 午後から妻、義母と新宿の東京医大病院へ。検査入院中の義父を見舞う。元気そうだ。ベッドの上には『日本書紀』が置いてあった。読書三昧なのだろう。点滴が管についたダイヤルのような弁のようなものでピッチを調整するので…

勝負のタイミング

五時四十分起床。今朝もまた暑い。八時頃から仕事をはじめたが、エアコンを使わないと作業できない。インコのコジコジもバテ気味のようなので、書斎だけでなくリビングも電源をオンにした。今が一年のうちでもっとも暑い時期なのだろう。この一週間程度が勝…

呆れと湿り

六時起床。篠突く雨。梅雨明けはまだ遠いか、と空模様に対して「呆れ」のような、妙な感情を抱きつつ身支度する。 午前中は掃除、アイロンと家事に精を出す。あれこれと手を動かしているうちに雨は上がったようだが、湿度は高い。気温も上がっているようだ。…

五十歳と二歳

五時四十分起床。こんな夢を見た。三人で、何度も何度も「ちーん、じゃらじゃら」って口で言ってた。イマドキのパチンコ台はこんな音しないんだろうけどね。 木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎の三人とパチンコの玉が出る音を誰が一番上手に真似れるかを競う夢を…

鮭身色の空

五時四十分起床。奇妙な、でも楽しい夢を見ていた気がするのだが、さっぱり覚えていない。ここ数カ月、寝起きに見た夢をメモするのをさぼっているのだが、またはじめてみようかな。 仕事。某アート系案件は無事に手を離れた。午前中は銀行まわり。午後はデス…

三度寝る

五時四十五分起床。夜の深い時間に一雨降ったようだが、まったく気づかず。一日中雨雲は近くをうろついていたのか、それともまったく動かなかったのか、動いてはいたがあまりに大きかったのか、空の色は一日中変わらず、雨も軽くぱらついたり止んだりを繰り…

仕方なく断念

六時起床。日中は曇天、平坦で切れ目のないグレイの雲がどこまでも続いていたが雨は降らず、このまま夜まで持つのだろうと思っていたら、午後になるとポツリポツリと降りはじめ、その後は強まったり弱まったりを気ままに繰り返していたようだ。日中は仕事だ…

サプールの話で

五時四十分起床。昨日は疲労がたまったのか体中に凝りを感じ、一日中苦しかったのだが、ストレッチや筋膜リリースを念入りにやってから寝たのが功を奏したか、今朝は肩に揉み返しのような痛みこそ感じるが全体的には快調で、ストレッチの、そして筋膜リリー…

175文字

五時四十分起床。重い曇天だが雨は降らない。 妻、今日から出張。ぼくは猫とトリの世話をしながらお留守番。日中は某公共系ポスターのコピーに取り組む。キャッチは決定、リードだけ書き換える必要があるのだが、25文字×7行に一日かかってしまった。 昼食は…

微妙に違うがアーロンではある

五時四十分起床。 妻は、後楽園で開催する猫イベントに参加するため早朝から外出。ぼくは午前中はせっせと掃除し、午後からは仕事。 注文していたアーロンチェア・リマスタードが届いた。旧モデルはグリーンを使っていたのだが新モデルは色バリはないような…

スコーン

五時四十分起床。昨夜は目覚ましをセットせずに寝ていたことに気づいたが、自然に目覚めることができた。といっても、暑くて目が覚めただけだが。朝風呂で汗を流す。 首が痛い。そして昨日のランニングの影響だろう、足がパンパンでやたらと重い。たいした距…

いらつく雨

五時四十分起床。降ったりやんだりが繰り返される中、午前中は銀行回り、午後は打ち合わせ、とせわしなく、腰を落ち着ける時間もろくに取れぬまま飛び回っていたが、出かけるたびに雨に降られ、戻ったり、電車に乗ったりするや否や、雨は止んでしまう。その…

ネズミを引きずる

五時四十五分起床。ここ数日、というよりも梅雨入りしてから断続的に、なのだが、ぼんやりと頭痛がつづいている。おそらく低気圧が原因なのだろうが、カイロプラクティック的な歪みやらなんやらも関係しているのかもしれない。 仕事。某案件のコピーをせっせ…

重い一日

五時四十分起床。肩こり、首の痛み。忙しかったわけではなく、むしろ時間に余裕があるから、こうした身体の不調に気づきやすくなっているのだろう。梅雨、低気圧の影響もあるはずだ。 朝から汗が重い。 仕事。某社から依頼を受けたあるコンペ案件、別の代理…

どちらかというとパラディウム

五時四十分起床。目覚めた直後には感じなかった湿気と暑さが徐々に強まり、息苦しさを体の重さが思考を微妙に邪魔するのだが、仕事がさほど立て込んでいないのは幸いだ。時間は空き気味なので、少し作業し一区切りつけては休み、溜め込んでいたビジネス関連…

計算と吟遊詩人と夜のイタチと

今朝も五時四十分起床。スマホの睡眠管理アプリによると、いつもより浅い睡眠の時間が長いらしい。頭がボーッとして、しばらく動けず。 仕事。朝イチで某案件の構成案を送付し、その後は事務処理。ひたすら計算だ。その後は銀行へ。さらに計算を重ねることに…

雨の平日

五時四十分起床。雨。けだるい気分を引きずりつつ、せめて仕事くらいは新鮮な気持ちで、と構えつつデスクに向かうが、集中力はいつもより途切れがちだ。だが午後になると次第にエンジンが安定してきたのか、途切れ目が少しずつ消え、仕事は今日で仕舞いだな…

早めのモノレール

五時四十分起床。暑い。現代の、雨の降らない六月としては、まあ、こんなものなのだろう。 朝、身支度中に葵をすこしかまっていたら、ツメで手をブスリとやられた。どれか一本だけ、ピンピンにとがっているらしい。 十時、天王洲アイルへ。某案件の打ち合わ…

雨と休日

六時起床。雨。仕事は落ち着いているので働く必要はない。終日家でのんびり、と決め込むことに。とはいえ、午前中はひたすら掃除。 午後から、Amazonで無料になっていた映画「寄生獣」を観てみた。原作にはあまり馴染みがないのだが、寄生生物と地球環境とい…

梅雨の花

五時四十分起床。 耳鳴りは昨日がピークだったようで、今日はごく軽い症状が数度出ただけで済んだ。低気圧の影響、というのもあるのかもしれない。 仕事。某クライアントのDM、別のクライアントの企画書作成などなど。 夕方は妻と軽くウォーキング。クチナシ…

ワンワンワンワン(犬ではない)

五時四十分起床。雨は止んだようだ。いつもと同じペースで淡々と朝の身支度やら動物たちの世話やらをこなす。 仕事を開始してから、いや、実は昨日あたりからなのだが、久々に耳鳴りが再発している。軽い頭痛を伴っていたり、ワンワンワンワンと妙に音が響い…

さまたげの雨

五時四十分起床。曇天。だがやがて雨が降りはじめ、頭のなか、呼吸、汗を帯びた肌、と体のいくつもの場所に重苦しさを感じ、これはそろそろ、と思ったら案の定、梅雨に入っていると気象予報士が報じていた。雨は時折気まぐれに激しくなり、つい台風を連想し…

汚れた超特急

五時頃だったか、ふと目が覚めて放尿し、ここのところ頻尿気味なのでアプリを使って回数を記録しているためにスマホの電源を入れたら山里亮太と蒼井優が結婚というニュースが目に飛び込み、ぶったまげたが、結局すぐに二度寝してしまった。で、三十分後にま…

断片化

五時四十分起床。明け方に一雨降ったようで、道路がうっすらと濡れ、そのせいなのだろう、湿った土埃の香りがマンションの入り口一帯に広く漂っている。 断片的な一日。案件Aを終わらせ案件Bに取り掛かったところで案件Aの変更依頼が届き、そちらを済ませて…

食うときゃ食う、とことん食う

今日も五時四十分起床。午前中はマンションの管理組合の総会と共用部分の清掃。午後はその議事録づくりなどの事務処理に追われた。 読書は「群像」2019年6月号に掲載されている松浦寿輝と吉増剛造の対談「魂の身ぶり、言語の動き」。「群像」に連載されてぼ…