わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

みな斬新

四時、物音で目を覚ます。葵が本棚の、本の裏側のほうにムリムリッと入り込んで遊んでいた。 五時四十五分起床。晴れ。 仕事。マイペースなんだか慌ただしいんだか、さっぱりわからない一日。自分のペースで着実に進めているかと思いきや、電話やらメールや…

多忙な一日(としか表現しようがない)

五時四十五分起床。日中、一瞬メールの受信ラッシュ状態となり、慌ただしすぎて目が回りそうになったが、比較的すぐ落ち着いた。某企業のDMの構成を、まる一日かけて作業。まる一日というと長い時間をかけていそうだが、普通なら2日か3日かかりそうな内容…

キャンセルして地元で買う

六時二十分起床。薄曇りだがジメジメした感じはない。梅雨入り前のからりとした心地よい天気だがやや風は強く、時折の陽射しには真夏の頃の強さがある。あちこちで紫陽花が咲いている。ツツジはほとんどがしおれた。薔薇もあまり見かけなくなった。 午前中は…

カスまみれ/的確な喩え

六時二十分起床。朝の一回目のトイレの直後に血圧を測るのが日課になっているが、今朝は上が100を切っていた。ピッチを上げて走ったり、長めに走ったりした翌朝は必ずこうなる。油断すると立ちくらみだの貧血だの起こすのだろうが、今のところ、そんなことは…

眠る細い人

五時四十五分起床。左上奥歯のあたりの歯ぐきが腫れている。軽く頭痛もする。疲れていると、こうなることが多い。かまわず身支度、そして仕事。 晴れ。昼間に外へ出ると、ミケランジェロの絵のようにメリハリの強い印影の入道雲が立ち上っていた。夏だ。 昼…

走って逃げた

四時、昨夜はいつもより長く働き遅めに寝たぼくの枕元に、葵が遊びに来た。布団のまわりをうろついたり、もぐりこんだり、急にパカラッパカラッとおよそ猫らしくない足音をたてて走ったり、高いところに登ってみたり、と好き勝手なことをしつづけている。こ…

スクエアからボストンへ

五時四十五分起床。微かな雨が次第にやんでいく。三月下旬並みの気温だと天気予報が報じているが、フライング気味に来ていた初夏の雰囲気はしぶとく、いや当然ながら残っているようで、さほど寒いとは感じない。 仕事。 午後は後楽園で打ち合わせ。ひさびさ…

無造作なバーナード・リーチ

五時二十分起床。おかしな夢を見た気がするが、夢の世界をひきずったりまどろんだり、といったことはまったくなく、むしろ目覚めた直後から頭が冴えているような、妙な感覚にとらわれている。しかし、そのくせ二度寝しているのだから始末が悪い。結局五時五…

停滞と前進と

五時過ぎには目覚めてしまったが、うだうだしているうちにいつもの起床時間になった。身支度と動物たちの世話を済ませてから、土曜日のランニング以降感じつづけている足の張りのケアのためにマッサージをしておく。 仕事。メーデーは大企業はみな休日になる…

ネコジャラシと怖がり

五時四十五分起床。昨夜の、悪夢のような鼻づまりはすっかり落ち着いている。だが、日中は空気と一緒に舞い上がっていたハウスダストや花粉が夜になると床に落ち、それが朝になって人が活動しはじめると一気に舞い上がってアレルギーを引き起こすこともある…

なんとなく水でつながる

五時四十五分起床。篠突く雨。家の裏手の善福寺川の水位が上がっている。水の流れは早い。水面に浮かぶ花びらや枯れ葉が一瞬で流れ去っていく。雨台風を思わせる。 十時、外出。小石川で某案件の打ち合わせ。資料を返却したのだが、かばんの中に水が浸食して…

リスナーだった

五時四十五分起床。昨夜は23時前に寝てしまった。ランニングの疲れが微かに残るが、たっぷり寝たので爽やかな目覚め。こんなに寝たのは風邪をひいた時以来か。だが冷静に計算してみると、8時間も寝ていない。 仕事。比較的落ち着いているので、マイペースで…

ヨダレくさくはなかった

五時二十分、葵に手をかまれて目を覚ます。だがそばに葵はいない。夢の中でかまれたか。痛みが尾を引く感覚が指先に残っている。匂いを嗅いでみたが、ヨダレくさくはなかった。 仕事。某案件のコピー。 午後は図書館やら書店やら。探している本がなかなか見…

六時二十分起床。曇りがちで気温も下がっているようだが、この時期としてはこれが普通なのだろう。 午前中は掃除。コジコジのカゴに取り付けたパネルヒーターを片付けた。葵は調子にのって家中駆けずり回っている。 午後は妻といっしょに義母の同級生のグル…

音と目覚める

六時二十分起床。いや、五時二十分に目覚めたが二度寝し、葵がおもちゃで遊ぶ音と、スマホにセットしたアラームが鳴るのとが、ほぼ同時に聞こえ、音で目覚めた。もう何十年も、朝の目覚めを音で迎えていることに気づく。ただ、音が響く前に目は覚めているこ…

ガシガシと

五時四十五分起床。仕事の資料が足りないことに昨夜の寝入りっぱなにふと気づく。朝イチで少しだけ作業をし、掃除を済ませてから大慌てで吉祥寺のジュンク堂へ。アート系の資料を一冊だけ購入。そのままとんぼ返りで帰宅した。 午後は書斎にこもって作業。購…

花筏

五時四十五分起床。夜中、葵に足の指先をかまれるのが日課になりつつある。目覚ましが鳴る前に枕元でガサゴソやられるのも日課だ。花子が元気だった頃を思い出すが、葵は花子ほどわがままではない。小学生男子のような無邪気さがある。 仕事。午前中は某案件…

あんパン食べちゃった

大きなコンサートホールでウルトラマンレオのファンの集いみたいなイベントに参加していた。レオに「子供の頃、どうしてレオは寝癖だらけの髪型なんだろうと思ってた」と話したら、ショックだったようで、泣かれた。…という夢を見た。六時三十分起床。 ウル…

散る桜に似合う

五時四十五分起床。晴れ。だが昨日よりは気温は低いようだ。寒いのではなく、今の季節らしい暖かさ。散る桜に似合う気温、という感じか。 仕事。一瞬だけコピーライター/プランナーとしての仕事が落ち着いているので、経営・事務関連の仕事を進める。作業し…

空腹の極み

五時四十五分起床。目覚めた瞬間に冬の名残を感じる、ということももうなくなってきた。だが日中は、どういうわけか書斎は冷える。 仕事。年度の切り替わりのタイミング、ということもあり、実作業は少なめ。午後はひたすら、経営関連に終始。 夕方、コジコ…

もりだくさんな一日

六時起床→猫とインコの世話→掃除→大澤真幸『〈世界史〉の哲学』(「群像」2018年4月号掲載。プロテスタントにおける「告白」と小説の誕生について)→昼食(雑穀ごはん)→吉祥寺まで歩く→地産マルシェで野菜→井の頭公園で桜や春の花をいろいろと→たまたま好き…

ほろほろ肉とパニックの抗体

五時四十五分起床。喘息は治まっているが、なんとなくあやしい感じ。気の持ちようなのか、身体そのものが敏感になっているのか。ひとまず、いつもどおりのリズムとパターンで身支度、そして仕事をこなす。 昼前、散歩を兼ねて妻と買い出し。西荻窪で最近人気…

春の雪

春分の日。 六時起床。雨。昼頃には大粒の雪になり積もりはじめたが、夕方にはまた雨に戻った。 午前中は雑用ばかり。近所のベーカリー「そーせーじ」で買ったパンで昼食。午後は黙々と仕事。寒いのでデロンギのオイルヒーターをオンにした。 夕食は妻特製ホ…

濃い味の日

五時三十分起床。ただし朦朧としている時間、長し。雨。 朝から打ち合わせ。一時間のつもりでいたが、二時間以上かかってしまった。 池袋へ。ロフトでキッチン用のスポンジを買い、ついでに昼食を、とレストランフロアを見てみたが、どこもひどい混雑。断念…

今日の事件簿

ただひたすらに黙々と事件 ご配慮いただきありがたい事件 変な寝相事件 チャカチャカインコ事件 コジコジさん、「12時です、ごはんください」の舞。たまにかじられる猫。(食餌制限中)#インコ #猫 pic.twitter.com/vxAKdcfMQZ — 梶原美穂@会期延長〜3/12仙…

風呂寝

五時四十五分起床。タイマーで、エコモード20度に設定したオイルヒーターが、今朝はまったく作動しなかった。それだけ暖かな朝だった、ということか。朝日がまぶしい。 仕事。西荻で買い物。パンで昼食。葵と少し遊ぶ。仕事。コーヒー。仕事。軽く散歩。仕事…

盛りだくさんな一日

六時起床。曇天。気温は暖かくなるという予報だが、床や壁から冷気が伝わってきて寒い。ただし、真冬の厳しさはない。 午前中は掃除に精を出す。 妻が仙台出張で買ってきてくれただだちゃ豆炊き込みごはんの素で昼食。仙台じゃなくて山形の名産だけどな。う…

頭蓋にこびりつく

五時四十五分起床。左後頭部にふだん滅多にできない寝癖。昨日の体調不良で寝相が乱れたか。体の軸がずれるようなだるさは取れたが、微かな頭痛がしぶとく頭蓋にこびりつく。だがそれも身支度しているうちにどこかへ消えた。 雨。 終日書斎にこもって仕事。…

やかん

五時四十五分起床。暖かな朝。しかし心地よいわけではない。目がかゆい。スギ花粉にはほとんど反応しない体質なのに、このありさま。ちょっとアレルギーが過敏になっているようだ。喘息発作を気をつけねば。身支度後、すぐ空気清浄機を強に切り替え、床用の…

判断できないところに春を

五時四十五分起床。葵、さみしがって一緒に寝ようとするかと思いきや、そんなことはなかった。昨夜はどこにいたのだろう。だが退屈だったようで、早朝から大騒ぎしている。 暖かな一日。何を着ればいいのか判断できないところに春を感じる。 午前中は仕事。…