わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

今日の事件簿

のんびり休日事件 気が抜けすぎている事件 葵を風呂に事件 油断で喘息発作事件(軽かったけど) 夜には復活事件 夜の散歩で猫おばさん事件 猫・大通り―武田花写真集 作者: 武田花 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2007/06 メディア: 単行本 購入: 1人 ク…

イサム・ノグチ展へ

六時起床。今朝も涼しく過ごしやすい。空の表情もやはり秋めいている。八月上旬までの殺人的な気温上昇はなんだったのだろうと考えてしまうが、これが季節の移り変わり、ということなのか。 午前中は掃除。そして足の調子が相変わらずよくないので接骨院へ。…

一周忌/さよならアトム

五時四十五分起床。去年の今日、六時四十五分に麦次郎は亡くなった。夫婦二人で弔おうと思ったが、ちょうどそのタイミングで葵がウンコとオシッコをした。 日中は仕事。午後はポッカリ空くかなと思ったら、全然そんなことはなかった。一日中、某案件にアタマ…

バリバリという擬音

五時四十五分起床。右足首から甲にかけてが痛んでいる。かなりよくなっていたのだが、ここに来て悪化だ。ただし歩行には一切支障がない。寝起きや仕事中、長く歩いた後など、足を動かしていない時のほうが痛む。朝イチである程度仕事を済ませてから、近所の…

どうなるぼんしいく

麦次郎の命日が近づいている。一周忌か。五時四十五分起床。 妻は相模大野へ。ぼくは日曜だが仕事。某クライアントのポスター。 十一時、西荻窪駅前へ買い出しに出かける。夏休みだからだろうか、家の近所は笑えるくらい人がいなかったが、駅前はそうでもな…

気まぐれに

五時四十五分起床。雨。気まぐれに降ったりやんだりを繰り返しているが、明日は途切れない雨が延々と降りつづけ、雨足も少しずつ強まっていくのだろう。雨のおかげか、いくぶん涼しい。しかし部屋の中には酷暑の熱がしぶとく居残っているようで、汗こそかか…

半裸で猫と

六時起床。今朝も酷暑の予感。ベランダの植物にあげた水が瞬時に蒸発する。 朝から仕事。昨日の案件のつづきだ。午前中いっぱいてこずりつづけたが、午後からはスピードが上がってきた。 十七時、業務終了。スーパーで特価で買ったエクレアで休憩。その後は…

醤油を忘れて

五時四十五分起床。暑い。葵は朝から窓を開けろ外を見せろとうるさい。 仕事。某案件の構成案。昨日の外出の際の暑さが体の芯のあたりにしぶとく残っているような感覚。集中力が暑さで途切れる。 夕方、久々に接骨院へ。 夕食はゴーヤチャンプルを食べた。仕…

スッタカタッ

四時四十五分、尿意で目覚めると、すぐさま葵がスッタカタッとどこからともなく走ってきた。トイレを済ませてふたたび横になると、ぼくとおなじように布団の上でコロンと寝転がり、呑気に毛並みのお手入れをはじめた。睡魔に負けてうとうとしていると、いつ…

蜩の声

六時起床。台風一過。だが午前中は雨雲の残滓とでもいおうか、ちぎれちぎれの、おいてけぼりの雨雲たちが、時折強い雨を降らせている。掃除を進める。昼前には青空が広がり大きな入道雲が立ち上がりはじめた。妻と近所のベーカリー「そーせーじ」とコープの…

谷間と心配

五時三十分起床。腱鞘炎の痛み、昨日よりはかなりよい。だが、まだ痛む。 曇天。昨日までの暑さが若干和らいだような。この程度なら、猛暑だの酷暑だのという表現は過剰すぎる。台風が近づいているという。西日本の被災地は大丈夫だろうか。 仕事。午前中は…

腱鞘炎なので短めに

五時四十五分起床。今年一番の暑さだというが、体が少しずつ順応しつつある。妻もおなじことを言っていた。人間の、生き延び子孫を繁栄させるための能力のひとつなのかもしれないが、限界があることを失念してはならない。などと考えながら、今日は仕事が谷…

今日の事件簿

暑いからシーツ洗濯事件 暑いけど念入り掃除事件 暑いけど吉祥寺事件 暑さとは関係ないけど葵が大きくなってきたので猫タワーを大きめのものに買い換えた事件(あとで届く) 暑さとは関係ないけどカードのポイントで注文した高級ジュースが届いた事件 暑さと…

解釈への挑戦

六時起床。熱帯夜の中を走って体は疲れているというのに、眠りは浅かったようで、マブタは重い。昼間の仕事の興奮がつづいていたか。 妻は今日も「ネコ市ネコ座」へ。ありがたいことに大盛況らしい。ぼくは書斎で黙々と仕事。 夕食はコープで特価になってい…

ネコ市ネコ座

五時四十五分起床。妻は「楽しみながら、猫だすけ」がテーマのイベント「ネコ市ネコ座」へ。書籍やグッズの販売をし、その収益の一部が保護猫活動に利用される。ここ数年で、そのへんをうろついている野良ちゃんがだいぶ減った。多くは寿命なのだろうけれど…

起きるまでルール

気づけば夕べも葵が添い寝していた。花子は寝入りっぱなの数分から十数分しか一緒にいなかったようだが、葵はいつまでも寝ているらしい。で、こちらが気づくといなくなる。恥ずかしいのか、「起きるまでルール」のようなものがあるのか。 ▼再掲。添い寝中じ…

不適切な表現

糸井重里と、職業として霊媒師をしている友人が夢に出てきた。五時四十五分起床。 朝から暑い。ベランダの床のコンクリートも手すりのアルミも既に迂闊に裸足で歩いたり触ったりするのがためらわれるほどだが、風があるのでかろうじてしのげる。 某案件の仕…

アイスは滅多に口にしない

六時二十分起床。曇り空だったが少しずつ晴れ間が広がっていった。風はやや強い。木槿や立葵が小さく大きく、揺れ乱れる。 午前中は掃除だの仕事の残務処理だの。 午後、外出。都内某所でクライアントが開催する不動産セミナーを取材。その後新宿小田急百貨…

梅雨明けの朝に

梅雨明け直後の寝起きは体に厳しい。眠気と暑さがせめぎ合う。だがするべきことは山ほどあるので余計なことは考えず感じようともせず、六時、さっさと起床。感じようともせず、とは思ったものの、暑さは皮膚から体のなかと脳味噌を直撃する。だがまぶしい朝…

梅雨の花

六時二十分起床。女優の旧ミムラ・現美村里江が夢に出てきた。 布団に入っている間は静かに雨音が響いてきたがいつしか途絶えた。だが陽は射さず、もう一度降るか、降ったり止んだりを繰り返したりか、そんな調子なのではないかとなんの根拠もなしに考えてい…

今日の事件簿

葵は朝から遊びたい事件 ちくわの磯辺揚げ事件 めんつゆ多過ぎ事件 結局今日も働いている事件 夜はAmazonプライムで「東京物語」を観た事件(原節子はいいね、笠智衆はにやけている演技が絶妙、そしてこの映画ってスリルあるよね) 東京物語 ニューデジタル…

バースデイ

五時三十分起床。曇天。部屋の空気はやや湿っぽく、梅雨冷えというほどではないが、寒いのかな、と自分の感覚を軽く疑いたくなるような程度に温度が下がっている。曇天。だが天気なぞおかまいなしとばかりに、葵は朝から全力で遊んでいる。パジャマのまま、…

大きめのねこじゃらし

夜中に葵が枕元でガサゴソ、何やらいたずらをしていた。声をかけるとすぐどこかに走って逃げてしまうが、すぐ戻り、つづきをはじめる。何かをペロペロなめているような音がしたが、よくわからない。朝、あかりを付けると、床片付けておいたはずのホコリ取り…

みな斬新

四時、物音で目を覚ます。葵が本棚の、本の裏側のほうにムリムリッと入り込んで遊んでいた。 五時四十五分起床。晴れ。 仕事。マイペースなんだか慌ただしいんだか、さっぱりわからない一日。自分のペースで着実に進めているかと思いきや、電話やらメールや…

多忙な一日(としか表現しようがない)

五時四十五分起床。日中、一瞬メールの受信ラッシュ状態となり、慌ただしすぎて目が回りそうになったが、比較的すぐ落ち着いた。某企業のDMの構成を、まる一日かけて作業。まる一日というと長い時間をかけていそうだが、普通なら2日か3日かかりそうな内容…

キャンセルして地元で買う

六時二十分起床。薄曇りだがジメジメした感じはない。梅雨入り前のからりとした心地よい天気だがやや風は強く、時折の陽射しには真夏の頃の強さがある。あちこちで紫陽花が咲いている。ツツジはほとんどがしおれた。薔薇もあまり見かけなくなった。 午前中は…

カスまみれ/的確な喩え

六時二十分起床。朝の一回目のトイレの直後に血圧を測るのが日課になっているが、今朝は上が100を切っていた。ピッチを上げて走ったり、長めに走ったりした翌朝は必ずこうなる。油断すると立ちくらみだの貧血だの起こすのだろうが、今のところ、そんなことは…

眠る細い人

五時四十五分起床。左上奥歯のあたりの歯ぐきが腫れている。軽く頭痛もする。疲れていると、こうなることが多い。かまわず身支度、そして仕事。 晴れ。昼間に外へ出ると、ミケランジェロの絵のようにメリハリの強い印影の入道雲が立ち上っていた。夏だ。 昼…

走って逃げた

四時、昨夜はいつもより長く働き遅めに寝たぼくの枕元に、葵が遊びに来た。布団のまわりをうろついたり、もぐりこんだり、急にパカラッパカラッとおよそ猫らしくない足音をたてて走ったり、高いところに登ってみたり、と好き勝手なことをしつづけている。こ…

スクエアからボストンへ

五時四十五分起床。微かな雨が次第にやんでいく。三月下旬並みの気温だと天気予報が報じているが、フライング気味に来ていた初夏の雰囲気はしぶとく、いや当然ながら残っているようで、さほど寒いとは感じない。 仕事。 午後は後楽園で打ち合わせ。ひさびさ…