わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

乳歯が抜ける

六時二十分起床。葵の朝の大運動会が日課になりつつあることに、近所迷惑という四字熟語をつい思い浮かべてしまう。気になるのは、両隣よりも下の階のお宅だ。子猫の駆けずり回る足音は、階下にどのように響くのか。五時台、普通の生活を送る人なら寝ている…

足の裏をしつこくカキカキ

五時、葵が大騒ぎをはじめる。家中を走り回り、布団で眠るぼくの周りで、何をしているのかはわからないが、ガサガサゴソゴソと音を立てつづけている。そして時折、ぼくの足の裏を何度もしつこくカキカキする。起き上がると寄ってきて、布団の上でコロンと、…

青空のマリー

六時三十分起床。元旦。ムーンライダーズの曲に「外は正月みたいな空」という歌詞があるが、まさにそんな空。虫が多い。 午前中は新聞広告のチェック。正月恒例になっている。 午後は初詣。その後、荻窪にある妻の実家へ。お寿司をごちそうになった。 葵は今…

猫濃いめ

六時二十分起床。昨日のランニングの疲れをわずかに引きずりながら身支度。 午前中は掃除。午後は吉祥寺へ買い出し。猫缶など。いつも通りの混雑。コピスに期間限定で出店している牛乳屋さんで、牛乳甘酒。妻はカフェオレ。 夜は紅白を見た。「ひよっこ」の…

よみがえり

五時、目が覚めてしまう。子猫を新たに迎えてから、また自然と四時五時あたりに起きるようになってしまった。花子が元気だった頃に染みついたもののすばらく消えていた習慣が、葵の存在がフックになってよみがえったらしい。 日中は大掃除。午後は買い出しを…

通夜

五時に目が覚めてしまう。トイレ。そして念のため猫をチェック。二度寝したら六時になっていた。 朝食。ダイニングテーブルで一人黙々と食べていたら、葵が膝の上にひょいっと飛び乗ってきた。初めてのことだ。少しずつ、だが確実に距離は縮まっている。 仕…

それとも子猫の底力

夜中、葵がズダズダズダと駆けずり回っている音で一度目覚めた。まだ体重は2kgに満たない程度、スリムな体型でしなやかに歩くというのに、走るとかなりの重低音が響くのは、我が家の床の構造のせいなのか、それとも子猫の底力なのか。 五時四十五分起床。身…

人だらけの街

六時起床。家のなかでボヤを起こす夢を見たが、おそらく昨夜、数年ぶりにカセットコンロを使ったからだと思う。もちろん問題はなかった。 曇天。鉛色の冬の雲が空を覆う。だが気温はさほど厳しくない。 身支度と朝食を済ませ、仕事。葵は昨日ほどハイテンシ…

慣れ

五時四十五分起床。 日中は仕事。ちょっとだけ気晴らしに荻窪駅へ。パジャマ、下着、昼食のパンなど買ってとんぼ帰り。そしてまた仕事。 猫の葵がようやく慣れてきた。少なくとも、怖がるそぶりが減ってきた。甘えてきたり、追いかけっこをしかけてくること…

転倒

五時四十五分起床。薄めのものを愛用しているからだろうが、敷布団越しに伝わる冷気に身がきしむようにこわばる。今年一番の冷え込みか。 猫の葵が足下にまとわりつきすぎて踏まないように気をつけていたら突然ダッシュされて踏んづけかけて足をあわててどか…

不意に止まる

五時四十五分起床。体調が万全な時と変わらぬ目覚め方、変わらぬ身支度の流れ、変わらぬ朝食。しかし子猫の葵が暴れまくるので、その流れが不意に止まる。 仕事。完全に平常モードだ。 夕方、クリニックへ。風邪は完全に抜けているようだ。喘息のほうも問題…

回復から再開へ

夜中、葵が廊下をドタバタと走り回っている。猫は夜中に運動会をする。夜に運動会するのは墓場の妖怪だけでいいです。 五時三十分起床。のどの痛みはほぼ消えたが、軽い咳と鼻水がしつこく残っている。 仕事。たっぷり睡眠をとったからか、回転がいつもより…

いっこうに落ち着かないが

五時四十五分起床。風邪の症状はいっこうに落ち着かないが、仕事。 猫の葵はよく遊んでいるが、ぼくの顔を見るとタタターッと走り去ってしまう。だが距離は少しずつ縮まっているような。 ↓眠くて変な顔になっている。

猫走る

五時四十五分起床。のどの痛みは多少マシになっているが、鼻水は相変わらず。 午前中、書斎で仕事をしていると、いつの間にか葵がやってきて、ドアの隙間からじっとこちらを見ている。声をかけ、触ろうとすると、ダダダッと走って逃げてしまう。だがすぐ戻っ…

及び腰

新猫・葵の鳴き声で夜中に何度か目が覚めたが、どうやら大人の男の人とはほとんど接していなかったらしく、ぼくの姿を見ると萎縮し隠れてしまうので、気になったからといって様子を見ても逆効果になるのを恐れ、こちらまで萎縮し及び腰になってしまう。子猫…

猫が来た

五時四十五分起床。身支度を済ませ、そわそわと落ち着かない気分で軽く仕事。 荻窪ルミネの名古屋料理店「鳥しげ」で昼食をとってから東京駅へ。シャム猫(サイアミーズ)のブリーダーをしているSさんと会い、約束していた子猫を受け取る。命名、葵。ぼくの…

猫のいない生活

五時四十五分起床。キッチンから玄米を炊く香りが漂ってくる。この玄米で朝食。フルグラから米に切り替えてから、漠然とした胃もたれのような症状が軽くなった気がする。 大量に資源ゴミを出す。 仕事。あれこれしているうちに、注文しておいたiPhone 8が到…

レターしか選べない

五時四十五分起床。もちろんもう瞳孔は開いていない。左目の違和感はすっかり消えた。いくぶん暖かな朝。 仕事。某案件の企画。複合機がトラブル。書類をプリントしようとすると、なぜか用紙サイズがレターしか選べない。ちょっと苦戦。 うどんで昼食。 午後…

瞳孔が戻るまで

五時四十五分起床。薄曇りの冬空。気温はさほど下がっておらず、風もない。 仕事が谷間になっているので、今日はかなり余裕がある。某案件の企画を仕上げてしまってからは、今週末に迎える猫のためにAmazonで購入した猫トイレや猫タワーの組み立てなどを、空…

猫に会う

六時三十分起床。午前中は掃除。 午後、関東某所へ。最近は本当に希少になってしまったサイアミーズ(シャム猫)のブリーディングをしている方の家におじゃまする。10匹以上の猫たちと遊びながら、シャムのブリーディングのことや近頃のちび猫の飼育のことに…

来週のシャム

六時三十分起床。毎晩毎晩、見る夢になんらかのかたちで猫が出る。その猫に今日は会いに行く予定だった。知り合いの知り合い、くらいの関係なのだが、シャムのブリーダーをやっている方のところで生まれた女の子を見せていただき、コジコジとうまくやれそう…

猫と台風

五時四十五分起床。身支度を進めるうちに東側の窓が明るくなり、柔らな日差しが差しこみはじめた。だが、少し目をそらしていると曇る。 仕事。昨日一日中美術書を読みノートを取り続けていたせいか、今日は首が痛む。だが今日はノート作業はあまりない。Mac…

夫婦会議

五時四十五分起床。雨。ひんやりと冷たい朝。もっと寒くなると、猫のむくもりが恋しくなるのかもしれない。 仕事。某案件のために、美術書を読みまくり、延々とノートを取り続けた。 夜、妻が昨夜のうちに連絡を入れておいたシャムのブリーダーさんから返信…

ブリーダーから

六時起床。霧雨。ひとまず、今日は休める。のんびりと、いつも通りに身支度。コジコジのカゴ掃除。フルグラと豆乳ヨーグルトで朝食。新聞に目を通し、部屋の掃除。ネスプレッソ。その後、結局少しだけ仕事。ワーカーホリックだな。 昼食後、妻と外出。代々木…

友人の猫が逝く

六時十五分起床。晴れ。朝日が心地よい。理想的な日曜の朝の空。保護猫たちが使った猫トイレの掃除や、ベランダに落下防止対策として設置した突っ張り棒の撤去などを進める。 昨夜作った酢豚とごはんで昼食。 午後は妻と買い出し。 夕方、友人Mさんの猫が亡…

猫がいなくて

五時四十五分起床。肌寒い朝。 たとえ一泊二日でも預かった保護猫たちがいなくなったことで、はやりの表現を使えば猫ロス、という状況になるのかと思ったがまったくそんなことはなく、いつも通りの朝。あの子たちのために購入し組み立てたものの、まだ片付け…

猫にさよなら、そして

五時四十五分起床。亡くなった先代猫の花子と麦次郎が夢に出てきた。晩年の姿で廊下をうろうろしていた。 身支度など済ませ、保護猫たちにゲージの中でゴハンを与える。きれいに食べてくれた。女の子はやはりコジコジを狙っている。あかん。かわいいのだが。…

猫が来た、けど

五時四十五分起床。曇天。少し湿度が高い。 午前中、猫の保護ボランティアの方が来訪。シャム猫風の柄の2ヶ月くらいの男の子、ちょっとアビシニアンっぽいウスキジの3〜4ヶ月の女の子の二匹を預かる。ひとまずトライアル期間。問題があれば1週間以内に返して…

猫が来る前

今朝も五時四十五分起床。相変わらず四時頃には一度目が覚める。麦次郎が亡くなる直前の睡眠サイクルが、なんとなくつづいている。明日やってくるチビ猫たちに対しても、様子が気になって夜中に起きることになるのかもしれない。 朝イチである程度仕事を済ま…

猫が来る

五時四十五分起床。働き過ぎなのか、昨日は背中を痛めていたが、昨日は筋トレをやめてシンアツシンを念入りにしておいたのが功を奏したか、今日はかなり調子がいい。 昨日会ったニャンコたちはどうなのだろう、ウチに来ることになるのか、それともよそのウチ…