わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

音楽

オーケンに似ている

六時三十分起床。雨。昨夜は布団を厚い物に換えた。換えて正解だった、と痛感しつつ身支度をする。コジコジのカゴも冬使用にしてあげた。段ボールでの断熱、そしてパネルヒーター。段ボールはAmazonの箱を二つ、レイメイのハサミで両方とも側面をジョッキジ…

かさぶたをまたはがされた

六時三十分起床。柔らかな春の朝日が窓越しに東向きのリビングを明るく照らすが、一歩外に出てみると、まだなお外気は冬の気配を引きずっている。だが空の表情は確かに春だ。麦次郎を二度ほど外廊下に出す。コガモ、セグロセキレイ、キセキレイ、カワウ、ハ…

小指大のゆるめのウ

六時十五分起床。 午前中は念入りに掃除。麦次郎が何度も外に出せと今日もうるさい。が、ちょっと様子がおかしい。何度もトイレに入っては、、少し苦しそうなそぶりを見せ、すぐに出てくる、というルーチン。これは膀胱炎か、と警戒したが、その後小指大のゆ…

怠惰の重力

五時四十分起床。この季節の朝の涼しさは、暑さとおなじくらい人を怠惰にさせる気がする。目は覚めたが、この心地よさのなかでいつまでも寝ていたい気持ちが、誘惑となり、願望となり、やがて布団への重力へと変化する。そうなる前に身を起こした。 麦次郎は…

非常に不本意な今日の事件簿

なぜか下痢なので文章を書く気が起きない… ちょっと念入り掃除事件 普通のごまだれ冷やし中華でした事件 麦次郎、病院へ事件 やっぱり腎不全がステージ4からステージ1まで劇的に改善できてるよ事件 頭蓋骨割れても大丈夫きっと恢復できるよ子猫ちゃん事件 湿…

不自然な不安

六時三十分起床。晴れ。初夏ってるなあ、とつくりたての造語をつぶやきたくなるほどの青空。 昨夜は寝入りっぱなに飛び起きて麦次郎のゲロを始末した。今朝は麦次郎が豪快にトレイの中から外に向かって飛ばし続けるオシッコをペットシーツで受け取って始末し…

夢と天気/結婚記念日

元ZELDAの亜子さん、サヨコ、チホさんがそろった姿を久々に見て(というか、みんなと直接会っていた)、大号泣する夢を見た。目覚めると激しい雷雨だった。夢と明け方の空、関連性は当然ながらない。だがつい、何かを底から読み取ろうとしてしまう。 五時四…

【予約しちゃった】Elements of King Crimson/King Crimson

ついに発売。驚異のトリプル・ドラム編成によるライブ。何回目だ? の再結成。メンバーの年齢を考えたらこれが最後なんだろうなあ。モー娘。式にこのバンド名だけ受け継がれていくってのもアリかとは思うんだけど。 Elements of King Crimson アーティスト: …

David Sylvianが、新譜を出すらしい

iTunesとAmazonでは予約受付中になっている。iTunesは11/24のリリース、Amazonは輸入盤が12/2、国内盤が12/17の発売。ぼくは輸入盤を予約した。 それにしても、この美しすぎるジャケットってば…早く手に取って見てみたい。あ、音のほうも期待してますけどね…

Logicool Z-4

ロジクールというのは、キーボードやマウスで有名なメーカー。オーディオメーカーではないのでちょっと不安だったが、評価がズバ抜けていい。これを信用することにした。LR2本のスピーカーのほかに、独立したウーハーがある2.1チャンネル。かなり低音に迫力…

David Sylvian 新作"Manafon"

http://www.davidsylvian.com/ 以下、公式サイトの引用です。 Manafon's release date is set for Sept 14th. Manafon will be available in two editions. A regular CD/digipak edition and a twin volume deluxe edition with CD and DVD featuring the f…

DAVID SYLVIAN ‘MANAFON’

ついにリリース決定。リリース日は未定だけど。 We’re preparing for the release of David’s new album ‘Manafon’. It’s a powerfully bold, uncompromising work featuring contributions from Evan Parker, John Tilbury, Keith Rowe, Christian Fennesz,…

きょ、教授の名曲が……

Steve Jansen「 The Occurrence of Slope」

昨年2月の来日公演のDVD化。今ごろになって、観た。といっても前半だけだけど。伊瀬聖子によるライブのバックグラウンドにしては完成度の高すぎる映像を改めて見直すことができて、感激。 音楽的には、小山田圭吾の力量を改めて(改めてばっかしだな)思い知…

Steve Jansen solo concert 'slope'

わが敬愛するDavid Sylvianの実弟であり、JapanのドラマーでもあったSteve初のソロアルバム「Slope」の発売記念ライブ。前半はアルバム収録曲、後半は日本人アーティスト伊勢聖子の作品のために書き下ろされた「Swimming in Qualia」をベースにした半即興演…

Andy Summersp & Robert Frip

ロバフリ好きのぼくとしては要チェックの作品なのだけれど、なぜか聴く気になれなかった。が、先日YouTubeで「I Advance Masked」のだっせープロモビデオを発見し、映像はダサイけれど(それなりにおもしろいけれどね、意味不明の日本カブレなところとか、Su…

Chapman Stick in YouTube

King Crimsonのトニー・レヴィンが使用する、ギターからベースまでの音域を1本でまかなえるタッチ・ギター。 なにげなく検索してみたら、いろーんな弾きかたをしているひとの動画がザクザク出てきてびっくり。 この、バッハを演奏している動画はちょっとRobe…

SoftBankのCM

パンクのゴッドファーザー、イギー・ポップの「Passenger」が使われてるのね。どうせなら、本人も出演させちゃえばいいのに。

David Sylvianツアー その後

mixiでも盛り上がっていますが…。 何はともあれ、公演を中止せず歌声を聴かせてくれたデヴィッドには最大の感謝を。ありがとう。 とはいえ、当日の演奏内容や演奏時間に不満が残ったことは自覚すべき。 極論を言えば、体調と公演開催(キャンセルによる赤字…

Robert Fripp「At the End of the Time」

ギターエフェクトシステム「Soundscapes」の最新ライブ。心が洗われるような旋律が幾重にも重なってゆく。国内版未発売。 こちらは国内発売の最新版「Love cannot Bear」。これがSoundscapesの最高傑作という人もいる。ちょっとベスト盤っぽいんだよね。

Robert Fripp & Brian Eno「Beyond Even」

期待の最新作は、1992年から2006年にかけての未発表曲集……と思ったら、これってDiscipline Global Mobileでダウンロード販売している「The Cotswold Gnomes」とまったく同じ内容。イーノが全曲を途切れ目なくつないでしまったバージョンもDisc 2として収録さ…

David Sylvian「The World is Everything Tour」東京公演

モスクワ公演などが体調不良でキャンセルとなったらしいので心配していたのだが……デヴィッド、風邪を引いたらしい。演奏時間は約70分。アンコールはナシだ。時折リズムが甘くなったり、ピアノで参加した渡邊琢磨のソロを活かしきれていなかったり、ピアノ+…

David Sylvian「The World is Everything」ツアー 10/30

新聞に、残席有りの広告が出ているではないか。仕事がどうなるかわからなかったので行く予定はなかったのだが、スケジュールが空きそうなのでチケットを買ってしまった。3階席だって。まあいいんだけどさ。 で、肝心のシルヴィアンだが、どうやら体調を崩し…

King Crimson始動!

どうやら2008年初頭よりリハーサル開始、2009年に新作発表という流れになる模様。うーん、待ちきれん。アルバムの仕上がり次第だけれど、ライブは万事繰り合わせて2回くらい行っちゃうだろうなあ。David Sylvianの今回、前回のライブは見送っちゃったんだけ…

NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)「坂本龍一+高谷史郎|LIFE - fuid, invisible, inaudible...」

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2007/LIFE_fii/index_j.html 坂本が99年に武道館などで行ったオペラの映像を担当した高谷氏との最新コラボ。天井から吊るされた正方形の九つの、水を張った水槽をスクリーンにし、そこに様々な映像が映し出される。観客…

ライブ:津軽三味線の真髄 佐藤通弘コンサート

2006年の2月にも行った、スーパーツガルシャミセニスト(なんだそりゃ)のコンサート。伝統的な津軽三味線の渋い世界を聞かせると思いきや、力強いリズムとメロディが印象的なフュージョン/ロック的なアプローチでグイグイ聴衆を引き込んでゆく。注目したの…

フェネス/サカモト「cendre」

教授のエレクトロニカ。どちらかというと(世界的規模では)開拓者というよりはフォロワーなんだよな、教授は。でもオリジナリティが必ず感じられるからスゴイ。とーっても気に入った1枚。cendreアーティスト: fennesz + sakamoto出版社/メーカー: commmons…

今日買ったCD CAN「Monster Movie」「Tago Mago」など

リマスターされ紙ジャケで再発されたので、買い直し。なんだか、ホルガーやダモにお布施をあげている気分。Monster Movieアーティスト: Can出版社/メーカー: Mute U.S.発売日: 2004/11/16メディア: CDこの商品を含むブログ (10件) を見るEge Bamyasiアーティ…

今日買ったCD「のだめカンタービレBEST100」

マンガに出てくる楽曲、ぜーんぶ収録してるんだって。CD8枚組で4,800円。こりゃおトクだ、ラスマニノフもベトシチもピンクのモーツァルトもみんな楽しめる。のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)アーティスト: オムニバス(クラシック),フランチェスカッテ…

借りてきたCD

色々借りちゃった。John Taylorは、Duran Duranのベーシストとは別人。ヨーロピアン・ピアノ・トリオの第一人者で、敬愛するDavid Sylvianのアルバムにも参加している。John CaleはBelbet Undergroundのひと。実は、このバンドにはあまり馴染みがないんだよ…