わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

高齢猫

戻す

五時起床。麦次郎、食欲低下。眼振も激しい。動物病院の先生の指示でステロイドの投与量をテスト的に減らしたのだが、どうやらよくなかったようだ。あるいは、昨日は排尿回数が異様に少なかったのだが、それが関係して尿毒症になっているか。よくわからない…

しっことしっけ

五時起床。麦次郎、玄関でおしっこまみれ。どうやらおねしょしたらしい。寝ぼけている。ペットシーツで床の尿を吸い取り、掃除用洗剤で念入りに掃除。びちょぬれの麦は妻がペット用洗い流さないシャンプーできれいにしてあげた。 コジコジ、いったん落ち着い…

強い陽射しとテープ台

例によって麦次郎をチェックするために夜中にちょこちょこ起きつつ、六時起床。身支度、猫のトイレの始末、インコのゲロの始末、朝食。曇天。時折、雲の谷間から八月らしい強烈な陽射し。 午前中は仕事、そして掃除。セロテープ台でうっかり手のひらを切って…

かわいいジジイ

四時五十分、猫トイレ始末。そして六時起床。麦次郎は機嫌よく熟睡している。今朝は眼振も旋回もないようだ。モンプチのパウチを一袋、ぺろりと平らげた。 雨上がりの朝。まだ雲は厚い。だが、窓を開けるとたちまちスズメの鳴き声が聞こえてくる。コジコジの…

ただいま熟睡中

五時起床。曇天。ここ数日の麦次郎、調子はよいのだが、飼い主としては体調のリズムを把握しきれないでいる。深刻な状況は脱しているが、油断せず、そして楽しく、ケアしていかなければ。今朝は眼振も旋回もない。 仕事。かかりっきりになっていた某案件がよ…

回復する麦次郎

四時四十五分、麦次郎のトイレ始末とゴハンのために起床。軽い寝不足。 麦次郎、朝のうちはちょっとしんどそうだったものの、時間が経つにつれて シャッキリしてきた。ステロイドが効いているのだろう。 身支度をあれこれ済ませてから、仕事。妻は相模大野の…

がんばる麦次郎

四時前に起床。ささっと身支度を済ませ、麦次郎の様子を見ながら仕事。数時間前よりは落ち着いているようだが、まだ目は開かない。 九時、かかりつけの動物病院に電話。症状を話すと、すぐに連れてきてと指示される。妻(相模大野の催事、今日はお休みした)…

がんばれ麦次郎

五時三十分起床。 妻は朝から相模大野の催事へ。ぼくは十五時ごろまで仕事。夕方は某案件の打ち合わせ。終わったのは十九時三十分。 戻ると麦次郎がどうやら留守中にてんかん発作を起こしたようで、足が立たなくなっている。廊下はおしっこまみれ。目をまっ…

猫中心の消費生活

五時起床。今朝も麦次郎の失敗おしっこの始末から一日がはじまった。ペットシーツ、廊下に粗相した時にふき取り用として使っているトイレットペーパー、除菌や仕上げのために使うウェットティッシュ。この三つの消費量が急増している。改めて、猫中心の消費…

見えない朝日

四時三十分、猫の世話で起床。二度寝し、五時三十分起床。曇天。膨らみがはっきりわかる大きな雲が重なりあいながら広がっている。その重なりからたまたま漏れたすき間から、黄金色の朝日が覗いている。麦次郎、朝から外に出せとうるさいので出したのだが、…

たぶん揚げ方

朝が慌ただしい。いや、明け方が慌ただしい、と書いたほうが正確か。麦次郎が歩き出した気配とともに起きて、ゴハンをあげたり、廊下へのそそうをチェックしたり。枕元で叫ばれて目を覚ますこともある。ほとんどの場合、おしっこ出ました、の報告だ。 五時三…

あかね色の割れ目

二時半、騒ぐ麦次郎に寝ぼけた意識は向かったものの起きることができず、なんだ、まだ騒いでいるな、起きなきゃ、と思ったら四時半になっていた。その間におしっこしていたようだ。ここからなんやかんや、午前中は延々と大騒ぎされっぱなし。そしてコジコジ…

叩いてウェルダン

五時、今朝も麦次郎に叩き起こされた。おしっこ出ました、と律義に報告してくれる。が、例によって廊下にしている。掃除をしてから二度寝、六時起床。 仕事量が比較的落ち着いている(性格には待機状態の案件が多くなっている)のと、金曜日に日付変更直前ま…

ポンポコリン、チョンチョコリン

就寝直後の一時半、麦次郎の叫び声で飛び起きた。おしっこ失敗。半分は吹っ飛んだが半分だけしつこく脳みそに残る眠気を引きずりながら掃除。放尿で興奮する老猫を(って書くと変態っぽいな)軽く相手してから二度寝。次は五時前。叫び声、しっこ確認、掃除…

粗相の数

今朝も四時に一度起きて、麦次郎の粗相を始末。だが今日は総じて、粗相する回数が昨日よりは少なかった。五時三十分、きちんと起床。 コジコジは換羽がどんどん激しくなっている。それと比例するように、おしゃべりをよくするようになった。 今日は終日書斎…

おしっこ掃除ではじまる四十八歳

三時ごろに一度起床し、麦次郎がおしっこを失敗していないか確認するのが無意識のうちに習慣づいた。心の深いあたりに問題意識を自分で刻み込んでしまったようだ。そして早朝にトイレットペーパーとスプレー型の洗剤で廊下を掃除するのも日課になった。起床…

縁なし猫トイレをつくる

五時三十分起床。麦次郎、夜中に猫トイレをひっくり返してしまった。曲がりにくくなってしまった関節のせいで、トイレ容器の縁を踏んづけてしまい、そのままてこの原理で、ということらしい。縁があるトイレは使いにくくなってしまったようだ。というわけで…

生命力は偉大/ホーホケキョ

六時三十分起床。寝違えが完全に治らない状態で昨夜ランニングをしたら、フォームが崩れていたのだろう、右膝が軽く痛んだ。また一週間くらい休んで様子を見ようと思う。 麦次郎、ここ一週間くらいドライフード、いわゆるカリカリはまったく食べなかった。お…

愛猫のくしゃみと腫瘍の正体

二時四十分、花子の猛烈な咳とくしゃみで目が覚める。昨日の夕方は若干落ち着いていたのだが、夜になって気温が下がったせいだろうか、明らかに症状がひどくなっている。ごはんを食べさせたら代謝が上がって多少落ち着くかも、と医学的にはおそらくまるで根…

クレーム→うどん→ひねり→ラン

六時二十分起床。晴れやかな空が広がっているかと思いきや、それほど天気は回復してはおらず、散々ぐずついたその名残を、切れ切れの雲の表面に微かに残している。湿気の強い空気が春先のように頬にまとわりつく感覚と、中途半端な空と、そして黄葉し四方八…

猫も時には仮病を使う/3年目の財布

一晩中、花子にベタベタされ、髪の毛をベロベロとなめられつづけた。六時三十分起床。 花子、十時頃からちょっと元気がなくなる。慢性腎不全が心配なので、麦次郎が腎臓を悪化させてしまった時にやった枇杷エキス+こんにゃく温湿布、そしてシンアツシンでの…

教訓:猫は冷やすな

五時三十分起床。猛烈な眠気。花子は珍しく暢気に眠っているが、身支度の真っ最中にむくりと起き上がり、水を飲ませろ、ブラシングしろ、と要求に要求を重ねてくる。一つ一つ丁寧に対応していると、少しずつ、だが確実に時間は過ぎ、気付けばぷちぷちを起こ…