わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

堀江敏幸『河岸忘日抄』

 主人公の船を訪ねてくる女の子に関する描写がようやく登場。作者は意図的に時系列をバラバラにし、意識の流れに沿うかたちで再構成しているけれど、ちょっとやりすぎかなあ、これは。