わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

堀江敏幸『河岸忘日抄』

 この小説は寓話なのではないか。そんな気がしてきた。なのに説教がましい感じがしないのは、主人公がモラトリアムの真っ最中で常に迷い考えつづけているからか。答えのない寓話。そんな感じ。