わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

小島信夫『うるわしき日々』

 欠陥だらけだったマイホームについて、自虐的な描写が延々とつづく。悲壮な場面を極限まで重ねることで、悲壮さを飛び越えて客観的な、カッコつきの「笑い」に辿り着くのが小島節。