わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

小島信夫『うるわしき日々』

 話はいつしか一人目の妻との出会いのエピソードへ。いや、その前に胸の病気で亡くなった姉のエピソード。まったく感情的にならず、淡々と、そして時折主格を混乱させながら物語は進む。日常の中に悲劇が紛れ込んでゆくのだが、それを悲劇として描かない。老作家の記憶の中では、悲劇は決して悲劇ではなく、単なる記憶でしかない。しかし、その記憶を通じて老作家は家族の絆を漠然と確認する(かのように作品を綴る)。