わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

金井美恵子『小春日和』

 いわゆる「目白モノ」の基本作と言っていいのだろうか。小説家のおばさんのところに居候する女子大生が、シニカルな視点から当時の社会状況や日常を毒舌交じりに語る。痛快。この作品の主人公は花子と桃子。偶然ながら、わが家の愛猫・花子と花子が生んだ子どもの桃子と名前が重なる。