わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

不思議な天気とひどい混雑

 七時三十分、花子に起こされる。花子め、どうもぼくが平日は七時に起きるのがわかっているらしく、休日に寝坊を決め込んでいると、起きなくていいのか、そんなのはだめだ、としつこく迫ってくるようになった。腹時計の正確な猫だ。
 ぷちぷち、今日も37g。
 初秋を思わせる、高く抜けていて、それでいて深い青空に墨色を帯びた雲が早めに流れてゆく、不思議な天気。風は強い。陽射しは柔らかだが、風が強いぶんだけ体感温度は低く感じる。
 掃除をしていたら、花子用のぬいぐるみおもちゃの中に入れようと干しておいた、飲み終わったマタタビ茶の茶殻に麦次郎がスリスリしていたので、あ〜あ、ムギジは、スリスリしちゃったのか、と注意するでもなく指摘すると、どうやら麦め怒られたと思ったらしく、しょげた顔で全身鏡の裏側に隠れてしまった。怒られるとキレるのが花子。しょげるのが麦次郎。怒られていること自体がわからないのがぷちぷち。
 掃除を済ませてからカミサンと渋谷へ。Bunkamuraで、話題の「スーパーエッシャー展」を観る。詳細別項。ひどい混雑。
 早々に渋谷から退散し、井の頭線で吉祥寺へ。パルコの「リブロブックス」で「群像」の最新号とカミサンの仕事の資料(ドウブツ絵画の画集)を購入。「フランフラン」など、ほかのショップも観る。店名は忘れたが雑貨屋さんで今年のカレンダーを購入。ひとつは黒い紙に銀でドウブツの線画が描かれているもの。もうひとつは円形のもので、開くと数字の8の字上になる、上の円のところに世界地図(大陸の地図)が、下の円のところに日付が配された不思議なデザインのもの。
 つづいて「ラオックス」へ。今冬は喉の調子が悪いので書斎に加湿器を置きたいのだが、小型のものは電気代がベラボウにかかるスチーム型しかない。大型の気化式のものを置けるほどスペースに余裕がないので、思いきって空気清浄機一体型を購入することに。今書斎に置いてあるものは、確か七年か八年前のもので、まだ使えるが外側がだいぶ痛んできていたのでさほどためらわずに買い替えを決意できた。
 伊勢丹へ。一番上?の階でdeviceSTYLEというメーカーhttp://www.devicestyle.co.jp/のステンレス製のコーヒーメーカー(写真)を購入。今使っているものは先に書いた空気清浄機よりさらに一年以上古いもので、とても美味しくドリップしてくれる優れものだったが、とうとう注ぎ口が割れてしまったのだ。購入したものは、秋田道男というプロダクトデザイナーの手によるものらしい。ステンレスの質感を活かしたシンプルな造形がとても気に入った。

deviceSTYLE Brunopasso マグタイプコーヒーメーカー CA-3S

deviceSTYLE Brunopasso マグタイプコーヒーメーカー CA-3S

 大荷物を抱えて、何度も風に煽られながら十八時に帰宅。これまた吉祥寺で買ってきたタルトを食べて空いていた小腹を満たす。
 書斎で空気清浄機の段ボールを開けたりしていたら、花子が愛用するアーロンチェアのキャスターの部分をしきりにクンクンしはじめた。どうやら臭いらしい。なぜだろう。

 くたびれたので、夕食はピザにした。