わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

得てしてそういうものなのだろう/物欲の行列

 六時起床。今日もヘンチクリンな夢を見たのだが、さっぱり覚えていない。何かをこねくり回す、そんな内容だったような。
 じわり、と身体の芯にゆっくりと伝わる暑さ。ほんの少しだけ蒸す感覚に息苦しさを感じる一方、妙な解放感もあるのだから不思議だ。梅雨の中休みの晴れ間とは、得てしてそういうものなのだろう。
 朝、少しだけ仕事をしてから午前中は半休にして新宿へ。「ワイズ」のセールで白シャツ二枚をゲットする。開店とほぼ同時に着いてしまったのだが、地下通路に二十代から六十代まで、ファッションも多種多様な、でも何となく画一的でもある女性が四列で数十メートルの行列をつくっていた。物欲の行列。並んでないだけで、ぼくもそのうちのひとりではあるのだが。
 午後からはひたすら事務処理。夕方から某住宅メーカーパンフ。花子がフニャンフニャンと鳴きわめきつづけていて全然集中できん。
 Hさんからメール。浅野忠信に乙女なハートをわしづかみにされた模様。うふふ。