わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

蜂飼耳『城跡』

 詩人・蜂飼耳の小説。蜂飼作品は詩も含めてはじめて。
 遺跡発掘の仕事をする女性と、鮭の養殖場だかに勤める元ホモの男との、壊れそうな恋。なーんて書くと、ぜんっぜんぼく好みの作品ではないように思えるから不思議なのだけれど、そうでもないんだよなあ、これが。

紅水晶

紅水晶

転身

転身