わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ホッケに倒れる

 六時起床。晴れ。朝もはよからせっせと仕事。パニックになるかと思っていたが状況は一転、すべてが円滑に進み、午後には大半の仕事のメドが立った。
 夕食はホッケ。食べ過ぎたわけではないのに胃痛。小一時間ほどぶっ倒れてしまう。胃薬服用。かなり脂ののったホッケだったから、脂に仕事で弱った胃が驚いたのかもしれない。
 ところで。ホッケとは漢字でどう書くのだろうか。入力しても、ATOKではさかなへんの漢字には変換されない。「法華」か。それとも別の当て字か。調べたら、さかなへんに花、と出た。法華経とも関係があるらしい。以下、ウィキペディアより引用。

漢字では、(魚へんに花)と書く。この漢字の由来には、幼魚が青緑色で、群れで泳ぐと花のようなので、北の花→ほくか→ほっけとなった説がある。また「ホッケ」という言葉の語源は、法華宗法華経に関わりがあるともいわれる。この「」は、文字コード規格においてはJIS X 0213:2000およびそれに追随したUnicode 3.1で追加され、JIS第4水準に分類される。

[asin:B0010Y5C8U:detail]