わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

高橋源一郎『いつかソウル・トレインに乗る日まで』

 かつての恋人の娘、ファソンとの酒場での会話。いかん。物語の筋はわかるのだが、テーマが見えなくなってきた。作者のたくらみにはまったか。それとも。

いつかソウル・トレインに乗る日まで

いつかソウル・トレインに乗る日まで