わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

一風堂と土屋昌巳のベスト

 2月末に出るらしい。ジャパン好き(土屋はジャパンのラストツアーに参加しているのだ)としては、うれしい限り。
 2006年に発売されたボックスセット「MAGIC VOX」はもちろんゲットした。これは本当に楽しませてもらった。中でも、元ジャパンのスティーブ・ジャンセンとリチャード・バルビエリ、ベーシストのパーシー・ジョーンズが参加した、一風堂のフシギな世界が存分楽しめる傑作ライブアルバム「LIVE AND ZEN」は、たしか初CD化だったはず。アナログ盤で持っていたが、これをCDで聴けたのは大きな喜びだった。そして、土屋の伝説のソロ「Rice Music」。これを聴かずして80'sロックは語るな、と言いたい。
 ぼくが一番気に入っている作品は1987年に土屋が発表したソロ「Life in Mirrors」。「すみれ September Love」でつくった音楽世界を耽美的な方向にひたすら突き進めた結果、誰にもつくれない高みに登りつめてしまった傑作。この方向性は3部作として制作されるのだが、「Life in Mirrors」にはほかの2作にはない、異世界に迷ったまま、とまどいつつさまよう感覚があって、ぼくは好き。ちなみにこの作品、元ジャパンのDavid SylvianとMick Karn、そしてデュラン・デュランジョン・テイラーが参加している。

以下、販売元のサイトより引用。

ESSENCE: THE BEST OF IPPU-DO
一風堂
MHCL-1701/アルバム/2010.2.24/\2,520(税込)

一風堂の歴史を凝縮。BOX未収音源4曲を含む決定版ベスト!
1979年8月21日、シングル「もっとリアルに」でデビューを飾ってから2009年に30周年を迎えた一風堂SHAZNAもカヴァーした大ヒット曲「すみれSeptember Love」であまりにも有名だが、パンク/ニュー・ウェイヴ、ジャーマン・エレクトロ、ワールド・ミュージックまで幅広いジャンルを職人的技量で消化しポップに提示する多様な音楽性を持つ。2006年の限定発売ボックスセット「MAGIC VOX: IPPU-DO ERA 1979-1984」は既に販売を終了している他、一風堂のカタログは市場ではほぼ払底しており現在入手困難。本ベスト盤には1979年〜1984年の活動期間中に残したシングル曲、代表曲をCDの限界まで詰め込んで一風堂の歴史を凝縮。ボックスに未収録の音源も4曲(うち初CD化2曲)入っており、ボックスと本ベスト盤で一風堂の公式音源はほぼコンプリートできる。初心者のみならずマニアにとっても魅力的なアイテム。

●選曲:田中雄二
●2006年リマスター音源(一部2009年)
土屋昌巳ロングインタビュー(前編)掲載

■同時発売関連商品・・・土屋昌巳『ESSENCE: THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA』(MHCL1702)

【初回仕様限定盤】
■応募券封入
土屋昌巳ベスト盤(MHCL1702)とのダブル購入者に、2006年一風堂同窓会鼎談(初出ストレンジ・デイズ誌)のロングヴァージョン小冊子をもれなくプレゼント
※初回生産分在庫がなくなりしだいプレゼントを終了します。ご了承ください。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/Ippudo/index.html

ESSENCE: THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA
土屋昌巳
MHCL-1702/アルバム/2010.2.24/\2,520(税込)

レーベルを超えて土屋昌巳ソロ・ワークスを総括!
土屋昌巳のエピック時代の5枚のソロ・アルバムはいずれも廃盤。一風堂ベストに合わせて、ソロ単体としては初のベスト盤を発売して同時展開する。エピック音源の他、ポリドール時代の2枚のアルバム、BMGビクターから発売されたJAPANトリビュートアルバムからも収録し、レーベルを超えて土屋昌巳のソロ・ワークスを総括する内容。

●選曲:田中雄二
●2009年リマスター音源(一部2006年)
土屋昌巳ロングインタビュー(後編)掲載

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/MasamiTsuchiya/index.html

ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO

ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO

ESSENCE:THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA

ESSENCE:THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA

オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)

オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)

RICE MUSIC

RICE MUSIC

Life in Mirrors

Life in Mirrors

土屋昌巳の作品はこちら。加藤和彦とのプロジェクト「VITAMIN-Q」も…。
一風堂の作品はこちら。上ではあまり触れなかったけれど、「Radio Fantasy」は日本ロック史に残る傑作。