わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

メリハリ

 六時起床。鼻水少々。わずかながら締まるような息苦しさを感じ、ぜん息の発作か、と緊張したが、ピークフローの値は正常でまったく問題はなかった。疲れが出ているだけらしい。だが、そうも言っていられない。早朝から仕事に取り掛かる。が、尋常ならざる集中力だったのか、それとも仕事にかかる時間の見積が甘かったのか、午前中であっけなく終わってしまった。気の抜けた状態で昼食の冷麺を食べるとたちまち眠くなり、そのまま二時間もグースカ。メリハリのありすぎる過ごし方。
 目覚めてからは読書、猫の相手など。
 夕方、散歩がてら環八沿いのディスカウントスーパー「OKマート」へ。出汁入りミソ、胡麻油、酢、鶏モモ肉、オリゴ糖など購入。あちこちでツツジがしおれたり落ちたり、というのは数日前に日記に書いたような気がする。真っ白なツツジが溶けるようにうなだれ縮み、茶に変色する様は、脱ぎ捨てられた流行遅れの服に似ていると思った。理由はよくわからないが。善福寺川ではコサギチュウサギが狩りをしていた。コサギのアタマからは、二本ほど長い毛がぴゅるりと伸びていて、五月のややぬるい、しかし意外に強さのある風に、右へ左へとなびいていた。日向ぼっこをするカワウも見かけた。翼の羽根がボロボロに抜けた換羽期のカラスも見かけた。ほか、猫数匹。
 夕食は鶏モモ肉の唐揚げ南蛮ソースかけ。いわゆる九州版のチキン南蛮ではなく、南蛮漬けに近い感じ。鶏モモに塩胡椒と片栗粉をつけて揚げ、5cmの長さに切った白髪ネギやニンジンの細切り、水菜などを敷き詰めた皿の上に乗せたら、熱々にしておいた甘酢のタレ(生姜、ニンニク、酢、醤油、砂糖、胡麻油)をジャアアアアア、とかけてできあがり。むさぼるように食べた。