わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

夏の思春期

 五時三十分に起床するが、夜まで仕事のスケジュールはぽっかりと空いているので早起きする必要などないのだが、猫に起こされてしまっては仕方ない。せっかくなので、急ぎではない仕事をちょこちょこと進める。
 晴れ。夏日。じっとしているだけでも汗は滲むのだが、やはりまだ五月、どこかアンバランスな暑さ。じりじりと高まる陽射しの暑さは肌で感じる一方で、湿度はそれほどでもないから息苦しさや暑さが身にまとわりつく真夏の不快さはまったくない。アメリカ西海岸あたりはこんな感じなのだろうか、などと考えるのだが、印象としてはアメリカの陽気さ、脳天気さのある暑さというよりは、思春期を迎えた中学生の心と身体のバランスの微妙さ、そんなものを漠然とではあるが感じた。季節が温度に追いついていない。あるいは、温度が季節より先走っている。まあ、夏っぽいというのに「春」という言葉の入った単語を使うのはどうじゃろな、とは思うのだが。
 午前中は肛門科へ。思うところあって病院を変えてみた。詳細別項、ややショッキング。
 帰りがけ、近所の超人気ベーカリー「そーせーじ」に立ち寄ってみたら、ランチタイム直前でいつもなら品切れ続出の時間帯だというのに、どういうわけか焼きたてのパンが目白押しになっていた。大興奮してあれもこれもと選んでいたら、夫婦ふたりの昼食用、しかもカミサンがソーダブレッド(発酵不要なヨーグルト入りのパン)を焼いて待っていてくれているというのに(買い足して、とは言われていたが)、1000円分も買ってしまった。オリーブ入りのもの、クルミパン、メロンパン、ソーセージパン、チーズといちぢくのパン。
 午後からはロルフィング。第4回目セッション。これも詳細別項。痔の話を少々。
 セッション終了後は吉祥寺に立ち寄り、ロフトで体洗い用のオーガニックコットンのタオル、いわゆる垢すり。西友でOAチェア用の座布団。これは痔対策。ロヂャーズで猫缶、猫砂。
 夜はようやく仕事。得意先から来た指示を確認。遅くなってしまったので、実際の作業は土日のどちらかにやるつもり。今日が実質的なお休みだったって感じですな。