わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志「未明の闘争」(8)

 お腹いっぱいで眠くなってしまい(ロルフィングの影響もあるのだろうが)、あまり読めず。
 同窓会のようになってしまった葬式の帰り道、旧友たちと別れた主人公・星川は、駅のホームで思いがけず友人の小滝と出会い、意気投合して中国人のおねーちゃんがいるパブのような店に突撃するのだが、そこでおねーちゃんたちに「葬式帰りなのに悲しそうにしていないのはなぜだ」と言われてしまう。
 本作、保坂さんが『小説の自由』などで展開した小説論を裏付けているようで、実はところどころで、ひょっとすると全体が、その正反対のことを意図的にやっているように読めなくもない。というか、そう考えながら読むと、非常におもしろい。読み方としては反則だけれど。

群像 2010年 06月号 [雑誌]

群像 2010年 06月号 [雑誌]

小説の自由

小説の自由

小説、世界の奏でる音楽

小説、世界の奏でる音楽

小説の誕生

小説の誕生

保坂和志の作品はこちら。