わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

高橋源一郎『「悪」と戦う』

 目下、源一郎さんの最新刊。ひとまず「プロローグ ことばの発達」だけ読んだ。子を持つ親の自慢と心配。そんな、ありきたりなテーマに「文学」「言葉」「時代」といったエッセンスが複雑に混じってゆく。

「悪」と戦う

「悪」と戦う

高橋源一郎の作品はこちら。『さようなら、ギャングたち』は必読。