わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

五度/パン喰い/とっかえひっかえ

 一時、花子が鳴き叫ぶ。水を飲ませ、ついでに自分は小便。二時、花子が鳴き叫ぶ。また水を飲ませる。自分は小便はせず。四時、花子が噛む。痛い、やめろ、と文句を言いながらゴハンを用意する。「銀のスプーン まぐろ・かつおにしらす入り」は大好きなようで、ペロリと平らげていた。ついでに自分はまた小便。近ごろ頻尿気味。五時三十分、花子が甘える。また目が覚めた。今度は噛まれなかった。横になったまま、頭だの腹だの背中だのを撫でくり回してやる。ゴロゴロと喉を鳴らしている。ときおりハグー、ハグーと鼻息のような吐息のような、妙な音も聞こえてきた。
 六時三十分、ちゃんと起床。ひんやりとした空気は冬ほどの鋭さはないもののどこか季節離れしていて妙な気分になる。近ごろの雨つづきの空模様を考えると、梅雨冷えという言葉がつい口をついて出てくるが、もちろんまだ梅雨には入っていない。
 午前中は掃除。終了後、カミサンと近所のベーカリー「そーせーじ」へ。人気店なのでいつ行っても品薄で食パンは必ず売り切れなのだが、今日、はじめて買うことができた。ニーズが少ないせいか売れ残っていた四枚切りだが、無論文句はない。つづいてクイーンズ伊勢丹へ。野菜あれこれを購入。ベーカリーにも立ち寄り、カレーパンと焼きそばパンを購入。
メレンゲの気持ち」の磯野貴理に爆笑しながら、パンづくしの昼食。
 午後より仕事。某教育機関パンフレット、某大学広報誌、某カード会社パンフレットなど、あれやこれやととっかえひっかえ。
 雨がふりはじめた。目にはほとんど見えないが(近眼だからか?)、肌にはわずかに感じられる程度の霧雨。カミサンと西友へ。痔の調子が悪いので、円座クッションを購入した。ほか、八百屋さんで玉葱だのジャガイモだの。生協でショウガだのカリントウだの小麦粉だの。

 夕食はカミサン作の大根と豚肉の煮物。地味だけどウマウマ。