わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』『ヴァインランド』

前者は、大学生のころからずっと読みたかったのだけれどなかなか手がでなかった作品。文庫化されていたのを最近知り、購入した次第。後者は「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」より。この企画、とても気になっていたのだがまだ購入したことがなかった。ピンチョンの作品も加わったと聞き、それならぜひ、というわけで購入。
 ピンチョンは、好きだから読むというよりも、ピンチョンが何を考えているのかが知りたくて読む、という感じ。『スロー・ラーナー』と『重力の虹』しか読んだことないけど。後者は衝撃的だったなあ。読後感は「で、ナニ?」という感じだったが。感動するために読むのではなく、そこに仕掛けられた文学的なトラップを見破るために読む、という感じが強かった。まあ、広義的にはそれもひとつの感動ではあるのだけれど。

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

ヴァインランド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集)

ヴァインランド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集)

トマス・ピンチョンの作品はこちら。