わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

『灯台へ/ウルフ サルガッソーの広い海/リース』

 これも「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」より。二作で一冊。
 ヴァージニア・ウルフはとても気になっていた作家のひとり。ちょっと海外文学の読書量を増やそうかな、と思っていて、ならばウルフに挑戦してみよう、と思って買ってみた。さて、どーなんだろ。鴻巣友季子訳というのもポイントが高い。
 リースのほうは、よくわからない。ほぼ予備知識ゼロです。

ヴァージニア・ウルフの作品はこちら。
「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」はこちら。